<< 江戸っ子な友達 その4「まぼろ... 学生時代のポートフォリオ 椅子カバー >>

ごめんね、お母さん。

また、日本滞在日記に戻ります。

現在母は84歳で、約1年半前にケアハウスに入居した。

それまでは、一人暮らしで、自分で献立を考え、買い物に行き、毎日
食事の支度をしていた。 今はまったくその必要が無くなってしまった。

年寄りは急な環境の変化についていけないと聞いていたが、久しぶりに会った母は、
本当に年老いてしまった。

80歳のときには、私に会いに一人でイギリスに来た。
2年前に帰国したときは、「山の上に良い景色が見られる神社がある」と、ゆっくりではあったが、私と一緒にかなり長い坂道も歩いた。

この一年半の間に、腰も背も曲がり、歩き方もかなり遅く、ぎこちなくなってしまった。
それに何度も同じことを言ったり、聞いたりする。
「それ、もうさっき聞いた。」「やーだ、さっき、言ったじゃない。」
いけないと思いつつ、つい言ってしまう私。

「そういうふうに、絶対言ってはいけないのよ。常に、始めて聞いたふりをするの。」

以前老人福祉の仕事にもたずさわっていた、淳子さんにそう言われ、(私って、なんて
いやなやつなの、、、) ちょっと自己嫌悪に落ちいった。 

淳子さんに浅草商店街に連れていってもらった。
どこのお店が安いか良く知っている。
なるほど、同じものでも、あのお店とこのお店とでは値段が違う。

自由が丘で、母に似合いそうな洋服を見た。けっきょく買わなかったが、あの時見た
洋服が、2000円も安く売っていた。

「これ○○円にして。」と交渉してくれる淳子さん。
「それはいくらなんでも無理ですよ、、、う~ん、なら○○円にします。」 やった!

さっそく母に電話をし、「お母さんに、似合いそうな洋服買ったから、楽しみに
待っていてね。」

母の声は、とても嬉しそうだった。

ごめんね、お母さん、、、。
[PR]
by maribabalondon | 2009-01-22 03:41 | 日本 | Comments(18)
Commented at 2009-01-22 04:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maribabalondon at 2009-01-22 05:06
01-22 04:57の鍵コメさん

皆同じ思いなのね、、、、。ありがとう。
Commented by vcuko at 2009-01-22 06:31
人間誰しも年をとるもの、と思っても愛情があればこそ、なかなか受け入れられないものだなと思います。特に母娘関係は。私も帰国するたびに、どうしてもっと母に「優しく」できないのかなと思ってしまいます。。
Commented by maribaba at 2009-01-22 06:46 x
vcukoさん

その通りなんですよね。 
なかなか受け入れられない、私の知っている母は、もっと違ってい
たはずだ、、、、。

私も、どうしてもっと母に優しくできないのかなと思うことが、
頻繁にあります。 いつも後で反省するんです、、、、。

Commented at 2009-01-22 07:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Plod at 2009-01-22 08:27 x
親と言うのは、いつも傍にいて私にお小言を言い、愛情を注いでくれるのが当然の人だと思い込んでいるから、いなくなるなんて理解が出来ないし、その関係が変化しそうになると子供としては戸惑いますよね?
海外に暮らす私たちにとって親の老後のことは本当に心配ですよね。。。
先生の記事を読んで、私も両親に優しくしなくちゃいけないと改めて思いました。でも、会うと憎まれ口をきいちゃうんですよねー。
お母さまが80歳で一人でイギリスにいらしたなんて、とても愛情感じます。さすが、先生のお母さま♪
Commented at 2009-01-22 15:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k-coco at 2009-01-22 15:48 x
maribaba さん。こんにちは。
人は誰しも老いるのですが
自分の親だけはこれ以上年をとってほしくないと思ったり...
私も離れて暮らしている母のことがとても心配です。
病気も回復に向かっているのですが、足腰が弱くなってきています。
母のことを想うと胸がいっぱいに...
いつも頑張っている母に心から感謝です。

お母さまにプレゼントできて良かったですね!
嬉しそうな声に、笑顔が浮かびます。。。

「優しさ」の種を増やしていきたいですね~♪
Commented by karibu-chai at 2009-01-23 01:50
maribabaさんのお優しい気持ちは、お母さまに通じてますよ!

私も5年前に姑の介護に関わり、それで・・人の終末を迎えることの大変さを、少し勉強させていただきましたが、次の課題が実母の関わりでした。
廊下隔てて、30年以上・・・同じ敷地内に住んでおります。
87歳の母はまだ、身の回りのことは何とか出来ますが、去年後半から
足・腰の老化が目立ってきました。

姑にしてあげたように、実母に優しく出来るかな?というのが課題ですが、
皆さんがおっしゃるように、つい甘えからか・・口調が強くなってしまいがちですよね・・・
でも、どんなに優秀なヘルパーさんも実の親には出来ないようです・・・
ただ・・・本当に介護などに感心がない人は、そんなことも考えないし、悩まない・・・と先日、寂聴さんが言っていました・・
親を失った、特に母親を失うことは格別の悲しみのようです・・
悔いのない関わりをしたいと思いますね・・・
Commented by maribabalondon at 2009-01-24 04:51
Plod さん

コメントありがとう。
あなたのご両親は、まだお若いので、こういうことを想像でき
ないのは、無理ないと思います。
子供の頃は、電車に乗るのに、親に手を引かれて切符も買って
もらっていたのに、私が親の手を引き、切符を買って電車に
乗るようになり、、、、から始まり、今では、、、、。

でもね、Plod さんのご両親、甘えられていると、はり合いがあって
いつまでも若くていられるのでは。

Commented by maribabalondon at 2009-01-24 04:55
k-coco さん、こんにちは。

お母様のご病気、回復に向われていて良かったですね。
そうなんですよね。なにか回復すると、何かか犠牲に、、、。

やはり遠く離れていると、お互いに心配ですよね。
Commented by maribabalondon at 2009-01-24 05:07
karibu-chaiさん、こんにちは。

姑にしてあげたように、実母に優しく出来るかな? また、
どんなに優秀なヘルパーさんも実の親には出来ないようです。

このお言葉、とても以外でした!そんなものなんでしょうかね。
実親だと、ついついきつい言葉がでてしまいます。
他人様と同じように、言葉や態度に気を使うようにしたほうが
良いと、いつかTVで言っていました。

それに、寂聴さんが言われた言葉、感心がなければ、悩まない
確かにそうですよね。

karibu-chaiさんのお母様は廊下を隔てた距離にいらっしゃる
ので、本当にラッキーだと思います。

おっしゃるように、悔いのない関わりをしたいと思います。


Commented at 2009-01-24 07:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-24 07:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Aska at 2009-01-24 18:30 x
こんにちは、初めてコメントさせていただきます。

私の祖父母が、似たような状況です。
ずっとマンションの管理人の仕事をしていたのですが、15年程前に解雇されました。
70歳をとっくに過ぎたような人に任せられないと…。

筋肉モリモリだった祖父、マンションの敷地の草むしりも頑張っていた祖母。
その後、あっという間に要介護状態になりました。

祖母は祖父のお世話をしなくてはと頑張っていましたが、脳梗塞で倒れ、3年ほど闘病していましたが一昨年他界しました。

仕事をしたり動き回ることが、こんなにも大切なものなのかと実感しました。

日本国内でも離れた所にすんでいましたし、その上ロンドンに来てしまったので、やっぱり気になりますね…
Commented by maribabalondon at 2009-01-24 21:22
01-24 07:06 の鍵コメさん

20歳の時にそういう経験をしたんですね、、、。
どんな風にしても、亡くなってしまえば、悔やまれるのかも
しれませんね。
いただいたコメントの意味を忘れないようにします。
ありがとうね。
Commented by maribabalondon at 2009-01-24 21:28
01-24 07:07 の鍵コメさん

確かにそうですね。
母はこのイギリスまで来て、他の方とは違った思い出を
持っています。 離れていればこそですね。

人間は皆順番ですよね。今回のことで、そう考えられるように
なりました。
Commented by maribabalondon at 2009-01-24 21:33
Aska さん

わー、このお話、すごく考えさせられますね。

仕事をしたり、動きまわること、生きがいを持つことが、
いかに大切かということですよね。

貴重なコメント本当にありがとう。
<< 江戸っ子な友達 その4「まぼろ... 学生時代のポートフォリオ 椅子カバー >>