<< イギリスの田舎 <その3> イギリスの田舎 <その1> >>

イギリスの田舎 <その2> sanpo

夫がセーリングに行く前日、ピップを連れてお散歩に。

この家もかなり古そう、このかやぶきの屋根の上には、やはりかやで作られた猫が
いたのだけど、淋しいかな今はなく.........あれははなかなか気の利いたデコレーッシ
ョンで好きだったんだけど。
f0179059_8173648.jpg

このビレッジでもっとも整っているかやぶき屋根の家。下の2つの写真も同じ人の家です。
f0179059_8193284.jpg

ここの窓からちらっと室内プールが見えた。
かやぶき屋根の家の中に、プールがあるなんて、なんて素敵なんだろう。
f0179059_8202214.jpg

ここは馬小屋の入り口、門の両脇にはこの美しい馬の彫像が。
馬小屋だというのに、この素晴らしい門構え。ここでいいから住みたい(笑)
かつて活躍した有名なフットボーラーの家らしい。
f0179059_825420.jpg

こういうカントリーサイドを歩くときは、↓ これに気をつけて!
f0179059_93567.jpg

日本から来たばかりの人は、「わー、紫蘇がこんなところに。」とつかんで.........
きゃー、痛い! これネタルと言います。
(ネタルでも黄色や白のお花が咲いているのは痛くないーーーーデットネタル)
私は試したことがないけど、痛いほうのネタルはスープにもすると美味しいらしい。
それから、先日TVのナチュラルレメディの番組で、花粉症に効くと言ってました。
刻んで、ポットに入れ熱湯の中で5~10分くらいおいてから飲むんですって。
もちろんお湯を通せば、このネタル痛くないそうですよ。

もしこのネタルを触ってしまったら......
↓このドックリーフの葉を揉んで汁をつけると、
痛みが鎮まるんです。このドックリーフ、よくできたことに必ずと言っていいほど、
ネタルのそばにあるんです。  自然はうまくできているんですね。
f0179059_944194.jpg


では明日はネタルに気をつけて農場を横切ります。
かわいい羊ちゃんがいっぱいです。
お楽しみに。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-01 09:37 | England | Comments(17)
Commented by mogu07 at 2009-05-01 10:34
どの家も素敵〜〜
かやで出来たネコ、なくなっちゃって残念ですね。
私も見たかったです。
はぁ馬の彫像ですら美しい.....
私は室内プールに住みたいです(笑)
皆さん、メンテナンスが大変そうなのに、古くて良い物は手入れして活用してて素敵ですね。
いっちゃんも注意してたネタル!
ほんとに紫蘇そっくりですね。
紫蘇に飢えてるから、分かってても摘んでしまいそう....
痛くて危険でも健康に良い効果があるんですね。
それに側に生えてるドックリーフも面白いし親切〜(笑)
羊ちゃん楽しみにしてます!
Commented by tonkichi-UK at 2009-05-01 15:02
かやぶきのおうちがたくさん並んでいるところをお散歩・・・いいなぁー
・・・うちの方の田舎道もそれなりに素敵だけど、かやぶきのおうち~!!!
ネタル、すぐ近くのフットパスにあって、シソの種をまいたのに芽が出ないときにちょこっといただいてきちゃおうかと思ったけど・・・よかったー取らなくて(笑)・・・きっとそのネタルの近くにドックリーフもありますよね?チェックしてみまーす。
Commented by macoan at 2009-05-01 17:46
茅葺きのおうち…素敵ですね〜。
私も見かける度に住んでみたいと思ってしまいます。

そして…私も去年ネトルを見て「紫蘇みたい〜」とふれた瞬間ぎゃ〜っと
叫びあがりました。でもドックリーフって…確かにあるうちにも。
これで大丈夫ですね。
去年少し調べて乾燥させてハーブティーにも出来るとか見つけたんだけど、
あまりの痛さにうんざりな感じになってしまって…。

そろそろ記事にしようかなと思ってたところに
いっちゃんのところとここで見て…ついでに私も書いちゃおうかな〜(笑)

明日の羊ちゃんたちも楽しみ♪(←あれだけ食べておいて…)
Commented by maribaba at 2009-05-01 18:36 x
moguちゃん、

今いっちゃんのとこに行ったら、なんと偶然にもネタルが。
これ、本当に痛い。
紫蘇に飢えてるから、、、というの面白い。ほんとうにそうよね。

茅葺屋根は職人さんの少なくなってきているみたい。
猫、屋根の上を歩いている様子がすごく素敵だったんだけど、
ある日行ったら、猫が倒れていて、その次に行ったら消えていました。

Moguちゃんはプールの部屋、私は馬小屋。(笑)
Commented by maribaba at 2009-05-01 18:40 x
tonkichiちゃん、良かったね~。紫蘇と間違えて取らなくて。
これtonkichiちゃんの正直さが救ってくれたのかな。
道端の雑草も取ってはいけないって。(笑)
私は庭仕事で何度触ってしまったことか。
Commented by maribaba at 2009-05-01 18:49 x
macoさん

いっちゃんもとこも偶然にもネタルが載っている~。
やっぱりmacoさんも、つかんでしまったのね。

母がイギリスに来たとき、出かける前に、庭のネタルを触らない
ように、くれぐれも言っておき、もし触ったらとドックリーフのことも
教えて外出。 やっぱり触ってしまい、「でも大丈夫、言われた
葉っぱで直ったから」
よく、聞いてみると全く違った葉っぱじゃない(???)
どの葉っぱでも、治るのかしらん?

羊ちゃんの、、、そうだね。私も。
Commented by ロビン at 2009-05-01 19:13 x
私としたことが、すっかり出遅れ~(笑)。
私、ずっと昔にネトル・ラッシュで大変な思いをしたことがあります。
痛痒いっていうのかな、思い出しただけでも湿疹ができそう^^;
茅葺屋根って、手入れが大変だし、とても高いんですよね!
写真を拝見してると、まるでホリデーに出かけたくなるようなエリア。
いいですね。いつも遠くばかり見ていて、つい、すぐ目の前に広がる
美しいものを忘れがちになってしまいます。



Commented by elliottyy at 2009-05-01 19:48
わ~~以心伝心☆(笑)同じ日にネトル☆うふふ^^ドックリーフは見分けができなくって、、載せられなかった~~。(笑)
さすがmaribabaちゃん!!

すごくイギリスらしい景色だね~~☆
美しい♪
Commented by Plod at 2009-05-01 21:41 x
真理子先生、 今日は、ゴージャスなお天気です♪
先生のところはいかがですか?
先生、ご心配ありがとうございました! はい、元気です。
日帰り手術でしたから。。。
これから、yamanekoさんにお会いします。 楽しみ♪
それから、彼の両親は、ママが73歳で、パパは78歳なので先生とは全然年齢違いますって!
義理のご両親のお宅、素敵ですねー。
wiltshireのどの辺りっておっしゃってたか忘れてしまった、、、
Commented by aya at 2009-05-02 01:18 x
ぎゃー!そうだったのですね!
まさに去年、「あら、紫蘇が・・・」と触れて痛みにびっくりしました!
しばらく痛かったですよー!
なーんだ、そういう植物だったんですね。
お家、どれもかわいいです♪
Commented by maribaba at 2009-05-02 02:10 x
ロビンさん

ほんと、珍しい。どこにいらしてたの?

ネタルの痛みって、言い表すの難しい、ジカジカという感じ。

あれも毛並み?にそって触れば、痛くないんですよね。
でもそんなこと考えて触らないものね。
あのネタルの早食い競争があるの知ってます?
あー、考えただけで口や喉がジカジカしちゃう。(笑)

そうなのよね。案外近くをよく見るといいところあるんですよね~。
ご近所散策もっとしてみます。
Commented by maribaba at 2009-05-02 02:11 x
elliottyyちゃん、ほんとね、以心伝心。

あー、ネタルが紫蘇味だったらな~。(笑)
Commented by maribaba at 2009-05-02 02:17 x
Plod さん

よかった、たいしたことがなくて、、、。
義理の両親の所はM4のジャンクッション14で降り、車で15分
くらいのところです。そちらはM5かしら?

よかった、ご主人のご両親のほうが、年上だったのね。(汗)

ではやまねこさんによろしくね。
Commented by maribaba at 2009-05-02 02:20 x
ayaさん、もっと早くネタルのこと教えてあげれば
良かったわね。
でもネタルの早食い競争もあるんですよ。
あまりの痛みで口や喉が麻痺してしまうのかも、、、。
Commented by yamaneko at 2009-05-02 04:03 x
maribabaさん、こんばんは。

ジカジカという、先生のネタルの痛みを表す擬音語、すごく的を得た感じで好きです(笑)。日本語って、おもしろいですね。
私もつい先日、そのジカジカを初体験しました。うちの庭で。

先生のおっしゃるとおり、Plodさん、本当に美女でどきどきでした。
予備知識頂いておいて、よかった。心の準備がね。
とってもおしゃべり上手で、素敵な温かい方でした。
この出会い、先生のおかげですー。ありがとうございました。


Commented by maribaba at 2009-05-02 04:14 x
yamaneko ちゃん

良かったわね~。ついに会うことができたのね。

やまねこちゃんはきらきらした個性がありますよ。
それにバイクに飛び乗ってご主人と、かっこいいな~。

Plodちゃん、彼女色っぽいでしょ。ご主人もすてきですよ。
とにかく良かった。
Commented by Aska at 2009-05-02 09:36 x
お教室でお話下さったネタル、やっぱりこれですね。
幼稚園の駐車場にわんさか生えています!!!
金網の内側はガーデナーが刈ってくれていますが、外は線路際、滅多に手入れされません。
葉っぱをむしるのが大好きな子供たち。気をつけます。

そして、こんなにきれいな萱葺き屋根、ステキな壁のお家、初めて見ました。
お家にとても気を使う方なのでしょうね。
<< イギリスの田舎 <その3> イギリスの田舎 <その1> >>