<< チェアーカバー 額に入れる <シノワズリなクッ... >>

散歩 Barnet

先週はピップがいたおかげて良く歩いた。
私の住んでいる、ここ北ロンドンのNew Barnetは自然がいっぱい。
フラットの前は大きな森林になっていて、犬を連れて散歩をするにはもってこいの場所である。
ここはウオーキング&サイクリングで、この目印に沿って歩くとまた出発地点に戻れるように
なっている。
森林の入り口に沿って進むようにこの標識がある。
f0179059_1493326.jpg

森林に入ります。



f0179059_211152.jpg何度となくここに散歩に来ているので、どの場所にどんな木が倒れているのかまでだいたい覚えている。
ピップは猟犬の血を受け継いでいるので、やはり水辺よりは森林の方が見ていていかにも楽しそうだ。

f0179059_213312.jpg

木を切ったものが横に何本も寝かしてあるのは、、、、
静かな森林に10代の子供達が時々バイクで騒音を立てて走りまわる。
決して暴走族のような子達ではないのだけれど、自然を楽しみながら散歩をしている私たち
にとってはとても迷惑だ。
バイクがスムーズに走れ回れないように、あちこちにこうして木を置いていているのだけど。
効果があるといいな。
f0179059_2153922.jpg

あっ、向こうの木に犬の写真が貼ってある、、、、きっと犬を探しているのね。
近づいてみると、そうではなく、どうやら愛するワンちゃんが亡くなってしまったようだ。
写真の上にはワンちゃんにささげる詩が、、、
f0179059_2195240.jpg

枝には生前使っていたリードもかけてある。
f0179059_2211559.jpg

そして、小さなキャンドルとこんなチューも、、、(リスがちょっとかじちゃったのかな)
f0179059_2214819.jpg

この森林を散歩するのが大好きだったんでしょうね、、、、。
なにか胸が詰まり思わず涙してしまいました。
ピップともこうしていつかお別れするときが来るのね、、、でも今はそんなことを考えずに、
この幸せな時を存分噛み締めよう。
f0179059_225281.jpg


仕事関係の人と会っていた夫が夕方に戻って来た。
夕食前に今度は違ったところにお散歩に。
前回行ったキングジョージフィールドを歩き、また大きなフィールドがあり、またさらに大
きなフィールドがある。これ全部キングジョージフィールドだったのね。こんなに大きいとは
知らなかった。 もう自然がいっぱい。だからこの辺は好き!
次のフィールドに入ります。
f0179059_2393139.jpg

f0179059_2395299.jpg

f0179059_240188.jpg


日が長い、、、、いいなあ。
f0179059_2412689.jpg

ピップもこっちにおいで。
f0179059_2414479.jpg

フィールドを出て、道路に沿って戻ります。
f0179059_2433337.jpg

f0179059_2435742.jpg


楽しかった!
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-12 02:58 | England | Comments(28)
Commented by tonkichi-UK at 2009-05-12 04:34
こんばんはー
北ロンドンのmaribabaさんのお宅の周り、素敵なところですねー
イギリスは都会であってもちょっと歩くと公園や森があったり、緑が日常の中にあって、ほんとにすばらしいって思ってます。
ワンちゃんの・・・ なんだか読んでいて私まで涙こぼれそうです。 実家のワンコがなくなったらどうやって供養しようかな、なんて。
ビップちゃんとmaribabaさんご夫婦のながーい影の写真、とっても素敵。いつまでも3人仲良くお散歩できるといいですね!
Commented by yukosohyoh at 2009-05-12 04:47
先生、こんばんは。
先生のご家族の影の写真を見ていたら
こちらまで、ほのぼのした気持ちになりました。
幸せがずっと続きますように。
Commented by maribaba at 2009-05-12 05:12 x
tonkichiちゃん

終点とはいえ一応地下鉄駅もそれほど遠くないですです。
便利で、しかも緑がいっぱい。イギリスならではですね。

ご実家のワンちゃんに会えるのもうすぐですね。
帰るまでがんばって欲しいです。
Commented by maribaba at 2009-05-12 05:15 x
yukoさん

すごーく長い影でしょ。
ピップにポーズとってもらえば良かった(笑)。
こうして3人(1匹を含む)で散歩できるのはあと何年
かしら、、、、
Commented by mogu07 at 2009-05-12 05:51
気持ちが良さそうな森林ですね〜
ピップ君の顔が真剣!
だけど楽しそう〜
maribabaさん家族の長〜い影、素敵。
いつかは必ず訪れる別れは、普段過ごしてると考えにくいけど.....
こうして他所の家族の別れを見ると、考えてしまいますね。
人事とは思えなくて悲しくなります。
でも別れの時を考えるよりも、今楽しく過ごさせてあげる事を考える方が大事ですよね(笑)

Commented by ロビン at 2009-05-12 05:54 x
maribabaさんのお住まいは、ワンちゃんがいると最適のエリアですね。
ウチも郊外で緑に囲まれてるとはいえ、こんな森林は特別です。
沢山歩けていいな。ついでに自然も満喫できるし♪
仲良しご一家の影、と~ってもいい感じ!
一瞬、一瞬の幸せを、沢山胸に蓄えていらっしゃいますね。
Commented by maribaba at 2009-05-12 06:24 x
moguちゃん

こんにちは~。
ピップはここが大好きなんです。
以前、森林の出口近くで、きつねに会って、一瞬、お互いにかたまっていましたが、(これが可笑しかった)きつねはいちもくさんに逃げました。リード付けていて良かった~。
犬とは違うみたいだし、ピップはきつねをいったいなんだと思ったの
かしら?
別れはいつか来るけれど、今、このときを幸せに過ごすことに
しましょうね。
Commented by maribaba at 2009-05-12 06:31 x
ロビンさん

私、毎日歩かなくてはいけないと思うのだけれど、こんなエリアでも
どうも怠けて一人では歩かない、良くないのはわかっているのだけれど、、、。やっぱり犬がいるとその点いいですよね。
森林の中を歩くのは格別です。
一瞬、一瞬の幸せを、沢山胸に蓄える。大切なことですね。
Commented by akageno-ann at 2009-05-12 07:45
素敵!ピップちゃんとのお散歩・・感動もいっぱいです。
バイクの若者に対する処置も無機質でなくて・・そしてワンちゃんを
偲ぶ詩とグッズにはグッときました。
そしてそして日の長さ・・なんていい写真でしょう。
真理子さん今日も素敵なお散歩の記事をありがとうございます。
Commented by melocoton1 at 2009-05-12 13:41
この辺り、私たちもよくお散歩に行きます!
London Loopも本まで持ってる(笑)。

ワンちゃんのメモリアル、素敵ですね。
Commented by macoan at 2009-05-12 18:37
こんにちは〜。
お二人とピップちゃん足長〜い!!
それにしてもこういうエリアが暮らしている中にあるとは
ホントにありがたいですよね〜。
でも…いつでも行けると思うとついつい。

昨日は地図上でこの辺りのfootpathの復習をしつつ
近隣の村へのルートも予習したので、あとは…靴を履くだけです(笑)
そして地図上のfootpathが通れることも祈って〜☆
Commented by maribaba at 2009-05-13 02:01 x
annさん

あのワンちゃんをしのぶ歌やキャンドルやチュー(日本ではなんと
呼ぶのでしょうか)や、リード、、、本当に胸が詰まりました。

散歩は運動だけでなく、色々な発見がありますよね。



Commented by maribaba at 2009-05-13 02:31 x
meloさん、
こんにちは、ご近所さん。

へー、London Loopの本があるのね。
Cockfostersの方に、もうひとつ大きなフィールドがあるのよね。
これからの良い季節、どんどん歩かなくてはね。

私も本買ってみようかな。
Commented by maribaba at 2009-05-13 02:34 x
macoanさん

もう靴はいた(笑)?近所の村までかなりあるのかな?
こういう季節、自然の中を歩くってほんとうに幸せを感じるね。

Commented at 2009-05-13 04:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-13 06:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by panipopo at 2009-05-13 20:50 x
maribabaさんが住んでいるあたり、素敵なきれいなところなんですね!
ロンドンではないみたいな、この森がとっても素敵です。
なんだか心が和んで落ち着く感じがしますよね。

こうやって3人(?)で撮った写真、微笑ましくてこの幸せがず~っと長く続きますように、って心から思いました。

愛犬を亡くされた方の上にも慰めがありますように☆
Commented by karibu-chai at 2009-05-13 23:35
皆さんも異口同音に、maribabaさんの住んでいる周辺は素晴らしいと
おっしゃっていますね。
本当にロンドンではなく、カントリーサイドのようですね。
ピップちゃんも自由に、思いっきり走り回れるわね~

maribabaさんとご主人さまとピップチャンの長~い影がいいな~
最後の方の写真は、maribabaさんのお宅ですか?
とっても素敵ですね~!

れにしても愛犬の死は辛いですね。
飼い主の方の気持ちがよく分かります~
Commented by nono_ra at 2009-05-14 00:15
ご自宅の近くにこんな素晴らしい森やフィールドがあり、
自然がいっぱいで本当にいいですね~!
寄り添ったお二人とビップちゃんの影 ほのぼの~として
しあわせそうです。
こんな日常がとても大切でステキなことですよね。

Commented by maribabalondon at 2009-05-14 03:01
05-13 06:03 の鍵コメさん

そうなんですか。地図でCockfostersを北上すると、
素敵なカントリーホテルがあり、そのすぐそばに大きな、
本当に大きな川が流れているフィールドがあります。
そこも素晴らしいですよ。

Commented by maribabalondon at 2009-05-14 03:09
panipopo さん

こんにちは~。

この森はずーっと歩いていくと小さな湖があります。
この森をあのワンちゃんは愛していたんでしょうね、、、、。

東京や首都圏もこんなに緑はあったらいいですね。

素晴らしい自然と美しい季節、この幸せ、できるだけ長く
続いて欲しい。今を感じ、楽しみます。


Commented by maribabalondon at 2009-05-14 03:15
karibu-chaiさん

こんんいちは~。
ここは正確にはロンドンではないのですが、(境界線ですね)
完全にロンドン扱いです。

影すごーく長いでしょ。長い日をあらわしているようです。

この写真の家はご近所のお金持ちの家です。
ここだったらいいなあ~(笑)。

愛犬の死の辛さは、karibu-chaiさんもよくご存知ですよね。
Commented by maribabalondon at 2009-05-14 03:19
nono_raさん

ここはすばらしい自然が沢山あります。
日本も少しでも、こういう場所を増やして欲しいけど、
難しいんでしょうね。

小さくてもこうして幸せを感じられることを感謝しています。
Commented at 2009-05-14 04:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by melocoton1 at 2009-05-14 14:51
maribabaさん
London Loopの本ね、結構解説がわかりにくいんですよ。
Capital Ringのほうがお勧めかも?(これはwww.walklondon.org.ukからタダでリーフレットもらえます)。

あとロンドンのパブウォークの本もいいのたくさん出てますよ。

Cockfosters>Trent Parkかな? いいところですよね。
Commented by aamui at 2009-05-16 04:34
ロンドンの空港を出てすぐに田園だったことに驚いたことを思えば 納得できる記事でした でも素晴らしい!バイクのために木を敷いてある!こんな所にも 自然を大切にする心が表れていますね\(^o^)/
Commented by maribabalondon at 2009-05-17 02:00
meloさん

このコメントに気がつきませんでした。

そうですTrent Parkです。名前が思い出せなかったんです・
あすこもかなり広いですよね~。
それから、貴重な情報ありがとう!
Commented by maribabalondon at 2009-05-17 02:08
aamuiさん

もくもくと森をきれいにしているおじいさんがいるんです。
役所から派遣されているわけでもなし、にこっとも笑わず、
ただもくもくと、、、。バイクのために木を敷いてある。
これもきっとそのおじさんがしたのだと思います。

森を心から愛しているんですね。
<< チェアーカバー 額に入れる <シノワズリなクッ... >>