<< 世界一の友人と ピップのお気に入り >>

世界最強の植物

Japanese Knotweed(ジャパニーズ ノットウィード)って聞いたことありますか?

ビクトリア時代にイギリスの植物学者が日本に渡り、「う~ん、なかなかいいプラントだ。」
と自国に持ち帰ったのが大きな間違い。

このジャパニーズノットウィード、これがまた日本よりもイギリスの気候にぴったりだったんですね。
物凄い勢いで広がって、、、、。

イギリスでは、このプラントを除草するのに莫大な費用をかけています。
オリンピックスタジアム建設のため東ロンドンの空き地を使うことに、でもそこはこのジャパニーズ
ノットウィードが群生しています。
ニュースで見たのですが、それを取り除くために、注射器で茎に除草剤をうちます。
大変~、すごい手間。
なにしろ、コンクリートの下を根が通り抜け、ビルの反対側ににょきっと出てきちゃうんですから。

家の近くにも群生していて、ご近所さんが、何度かガソリンをかけて焼いたんですが、、、
また元気な姿で。
大嵐で一層されたと思いきや、またまた元気な姿で。
f0179059_2313441.jpg

このお向かいに住んでいる人の家の庭を見ると、去年小さいのが2本だったのが、今年は
5本に、、、、。アスファルトの下をくぐり抜けて、おじゃましてしまったんですね。
f0179059_2474987.jpg

どのように広がるかというと、白い花が咲くのですが、その種子で広がるのではなく、
根がどんどん張ってしまうのです。特に水辺が大好きみたいです。
f0179059_2481869.jpg

私の家の前の岸辺にも群生してしまって、岸に下りる階段の前まで迫ってきて、
去年夫が除草剤を使いました。
今年もちょこちょこと出てきたので、そのたびに除草剤です。
水辺に近いところにもあるのですが、さすがそこには除草剤は使えません。

これこそ世界最強の植物と言っても過言ではないでしょう。

間違えて庭に植えないように、くれぐれも気をつけてください!

追加:イタドリ料理で検索したら、沢山載っていました。
   ジャム、煮物、炒め物など。 今度試してみます。
   これで何かがあっても、サバイブできる!

[PR]
by maribabalondon | 2009-07-11 03:11 | スコットランド | Comments(38)
Commented by flyrobin at 2009-07-11 03:59
ウチも漸く今日で庭師が作業を終えました。
そんな折に、この記事が何ともタイムリーで可笑しくて^^
このジャパニーズ ノットウィード、ウチにもあるかもしれませんね(笑)
私は自分の家なのに滅多に庭に行かないんです。
今日も主人がワイルドストロベリーがあるんだよって教えてくれました。
へぇ~ってビックリ。ほんの小粒なんです。
彼が取ってきたものを洗って食べたら甘かったですよ~。

庭もまともになったことだし、家庭菜園でもやろうかな~なんて
ちょっとだけ思ってみました。(あくまでも思っただけ。。(小声))
でも、こんなの見つけたら困っちゃうな~、いくらジャパニーズと
名づけられているとはいえ。。(大笑い)
Commented by tonkichi-UK at 2009-07-11 05:07
maribabaさん、こんばんはー
すごい生命力の植物・・・
アスファルトを突き破ってってぇー・・・
何も知らずに自国に持ち帰った方の責任を問いたいくらいですねぇー。
根がどんどん張ってしまうって・・・この近くにも生息しているか、今度チェックしてみまーす。
Commented by maribaba at 2009-07-11 05:34 x
庭師さんにお庭頼んだんですね。
今まで草ぼうぼうだったんですか?
それならジャパニーズノットウィードの入る隙間がなかったり
して(笑)。
うちにもワイルドストロベリーありますよ。
グランドカバーになっていいかって、ほっておいてますが、
増えますよー。うちのは甘くなかったです。早すぎたかな。

ガーデンデザイナーに頼んで、ローメインテナンスのガーデン
作ってもらったらいいと思います。
ガーデンがきれいだと心がなごみます。
そういえば瞑想のガーデン、癒しを目的にしたガーデンというのが
流行ました。
庭仕事って素敵な結果が見られるので好きです。
のめりこめますよ。
あー時間があれば1日中やっていたい!
家庭菜園試してみてください。
ルバーブはお嫌でしょうから、お豆あたりからどうですか?

Commented by maribaba at 2009-07-11 05:38 x
tonkichiちゃん

ほんと責任とってもらいたい。
その植物学者、それ知ってたら死ぬ前に後悔したでしょうね~。

水辺が特に好きということは、イギリスは雨が日本より多い
からぴったりだったんでしょうね。
Commented by mogu07 at 2009-07-11 06:20
え〜ビルの反対側にも出てきちゃうってすごいですね。
ずっと山菜だと思ってました.....
こんなにも繁殖力があるんですね。
フロリダ付近でも同じ様に、クズがすごいですよ〜
どこの国にも、生態がが分からない物を持ち出してはいけないですね。
Commented by nono_ra at 2009-07-11 08:11
ジャパニーズ ノットウィードはイタドリのことなんですね~
調べてみたら、イタドリは酸味がありますが、茹でてアクを抜き
水にさらすとしゃきしゃきと食べられるそうです。
そんなイタドリがイギリスでは迷惑な存在になっているんですね~
気候の違いで凶暴化しちゃったかしら!?
Commented by maribaba at 2009-07-11 08:38 x
moguちゃん

ずっと山菜だと思っていたって、、、 nono_raさんのコメント
にもありますが、日本では皆さん食べているんですか?
知らなかった。
こんどフロリダのクズの写真も見てみたいです。
ほんとね~。生態がが分からない物を持ち出してはいけないです。
Commented by maribaba at 2009-07-11 08:44 x
nono_raさん

そうなんですかー。イタドリと言うんですね。
春先は、芽が沢山出てきますから、柔らかい茎の部分
なんかきっと美味しいんでしょうね。
何かがあっても、このことを知っていると生き延びられますね。
なにしろ沢山あるんですから(笑)。
凶暴化、そうですね。(笑)
Commented by apiami at 2009-07-11 09:39
(^^)私の住んでるところでは、スイカンポ!折ると、ポンって音がしませんか?酸っぱくて、しゃきっ!!山菜として、私も食べています。
日本では、アメリカから帰化した、セイタカアワダチソウとかが、同じ感じで、ススキを脅かして増えていますね。黄色い花は綺麗だけど、ススキが減るのは寂しいです。
Commented by ann at 2009-07-11 09:41 x
いたどりなら知ってました・・しかし本当に世界最強という言葉が
ぴったりですね・・うちにもありますよ・・どんどん抜いてます
どこからきたのだか?覚えはないです。
この葉はどこにも見る気がしました。
うちは一度除草剤で失敗したことがあって・・梅をからしちゃったんです・・
以来なんとか自分で草取りを・・
Commented by karibu-chai at 2009-07-11 10:31
maribabaさん、こんにちは~
びっくりです~
本当に最強ですね。 コンクリートまで…凄い!!
自然の力・あなどる事なかれ!ですね。
イタドリは聞いたことがあります…
ブログは色々な情報源ですね。。。
Commented by Aska at 2009-07-11 14:12 x
お写真から拝見すると、まるで生垣ですね。
ちょっと街を出ると沢山生えているような気もするのですが…
正体は、イタドリだったのですね。
そんなに強いものとは知りませんでした。

しかも、ずっと昔に歌った合唱曲の歌詞にあった
すっかんぽに くちを すぼめ…
の草も同じだとは!
日英ネットワークで情報が成り立つ凄い所ですね、ここは。

ちなみに我が家の強行軍は、ブラックベリーです。
庭木を表から覆ってゆきます。
伸びてくると、ガーデナーさんがチェーンソーみたいな草刈機で切ってくれます。
一区画だけいつも残しておいてくれるので、娘のおやつになっています。

日本ではセイタカアワダチソウも厄介ですし、数年前にオレンジ色のポピーが高速道路沿いから突然広がってきたのを覚えています。
植物って、怖いですね。
Commented by まりぽん at 2009-07-11 16:24 x
この植物だったと思うんですが,この春一時帰国したときに日本のテレビ(BS放送)でやってましたよ~!
「北の国から…」に出てた蛍ちゃんこと中嶋朋子さんが湖水地方でナショナルトラストのボランティアの方達とこの植物の駆除に奮闘する模様を放送してました~!
なかなか厄介な植物らしく,すごい繁殖力で困ってると言ってました!名前にジャパニーズってつくのがやだなあって思ってたらそういうことだったんですね…。謎がひとつ解けました。。。
Commented by yamaneko at 2009-07-11 17:48 x
maribabaさん、おはようございます☆
このプラント、私は初耳でした。この辺はあまりないのかな?
そんなはた迷惑なプラントの名前に、ジャパニーズが冠しているなんて、ちょっと悲しいですね。家はこっちでトランペットと呼ばれている白くて小さい朝顔が隣のうちから侵入してきて、主人が駆除に躍起になってます。アレも放っておくと、すごい勢いで他の植物にからみつきながら育つんですね。日本の朝顔は好きだけど、こっちのはその生命力のせいか、かわいげがない。
Commented by maribaba at 2009-07-11 18:07 x
apiamiさん

さすがお詳しいですね。スイカンポという名前ぴったり。
あの茎は空洞になっていますからね。ポンッという音がしたような。

すすきが脅かされているという話を聞くと、こちらでは、南アメリカ
(確か)から来た、グレーのリスの繁殖がすごく、もともといた
小さな赤リスはもうこのイングランドにはほとんどいなくなっています。
スコットランドのほうにも来つつあります。
なのでグレーのリスは殺しても良いことになっています。
てんとう虫も同じ状況にあります。

わたしススキ大好きです。
Commented by maribaba at 2009-07-11 18:10 x
annさん

えー、お庭にあるんですかー。
でもこちらよりは繁殖力がないでしょうね。

除草剤はできれば使いたくないですね。
うちでは一応動物には害がないものを使っていますが、
ほんと注意しないと。
梅の木かわいそうでしたね。
Commented by maribaba at 2009-07-11 18:15 x
karibu-chaiさん

そうです。このイギリスでは気候との相性がぴったり
で世界最強になってしまったんですね。

イタドリ、スイカンポ、そんな風に日本では呼ばれていたんですね。
それも山菜として。
ブログの情報源は素晴らしいですね。
Commented by maribaba at 2009-07-11 18:19 x
Aska ちゃん

合唱隊も歌っているなんて、イタドリって日本では
山菜扱いでちっとも迷惑じゃないんですね。

ブラックベリーも手ごわいですよね。
痛いし、なかなか駆除でみません。
でもおいしいです。
Commented by maribaba at 2009-07-11 18:21 x
まりぽん

良かった謎がとけて。
ジャパニーズと付くので、なにかちょこっと、後ろめたい気持ちに
なってしまいます(笑)。
Commented by aamui at 2009-07-12 09:30
シーボルトさんが持って帰ったらしいですね でもイタドリは幼時の愉しい思い出 あのすっぱさが懐かしく 郷里で尋ねたら今はあまり無いなぁと言う返事でした そんなに凶暴とは! 日本では聞いたことがありませんでした 6月にロンドンであちこちで見た花はこれだったのかなぁ???
私が見たのはもっと丸い花だったような気がするのですが・・・・・・
Commented by fmutu at 2009-07-12 11:58
こんにちは^^
緑がいっぱいで空気も美味しいですね!
ヒップちゃん^^大きなボールと楽しそう!!!
ハッピーもお仲間に入れてほしいです♪
元気いっぱいですね^v^
Commented by ak&momo at 2009-07-12 13:12 x
この生命力、わたしも少しあやかりたい、強いはず漢字にすると虎杖と書くのですね、人間はなんでも食することを試みるのですから、もっと凄いのだと思います。なんでもジャムにするとおいしいそうですよ。
Commented by ma-tarou at 2009-07-12 21:12 x
真理子先生、こんにちは!
こんなに強い植物があるんですね~。この生命力ある植物が何かに役に立つ物ならいいんですけどね。(笑)
庭などに植えないように気をつけなきゃ!ですね。
良い情報ありがとうございます!
Commented by maribabalondon at 2009-07-12 23:29
yamanekoちゃんにお返ししたコメントに誤字あったのでもう一度。

あの雑草は本当にやっかいです。
竹の棒などにからませて成長させ、いっきに除草剤で殺します。

でもおとなりがそれをしないとまた入ってくるので、
もし取り除きたい場合は、お教室にいらしたときのお教え
いたしますね。
Commented by maribabalondon at 2009-07-12 23:35
aamuiさん

さすが良くご存知ですね。
日本では山菜としてというのを聞いて驚きました。

あの花はとても細かいんです。ご覧になられたのは多分違う
ものでしょうね。
シーボルト、勉強になりました。
Commented by maribabalondon at 2009-07-12 23:38
fmutuさん

ピップ花粉症で、春先は辛そうですが、今は元気に走り
回っています。
近ければ、パッピーちゃんにお友達になって欲しいです。
Commented by maribabalondon at 2009-07-12 23:43
ak&momo ちゃん

虎杖と書くのね。ほんと強くて生命力がありそうな名前。

さっき、イタドリ料理で検索してみたら沢山でてきました。
春先に試してみようっと。
人間はその最強な植物を食べてしまう、やっぱりもっと強いね。
Commented by maribabalondon at 2009-07-12 23:46
ma-tarou ちゃん

おひさしぶりー。
お元気だったのね。佳奈さんも日本で軽いカルチャーショック
を受けているみたいです。

カリフォルニアにはどんな強い植物があるのかな?
Commented at 2009-07-13 09:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by panipopo at 2009-07-13 21:42 x
maribabaさん、こんばんは☆
そんな木があるんですね!
これは初めて見た感じです。
日本よりもイギリスで勢力拡大中って、大迷惑な木なんですね。
まるでエイリアンのよう。。。^-^;

根で増えるのは、竹みたいかな、って思いました。
Commented by maribaba at 2009-07-14 06:27 x
07-13 09:33の鍵コメさん

いろいろなことが起きても、流れに逆らわずというのが一番
ですよね。またそちらにおじゃまいたします。
Commented by maribaba at 2009-07-14 06:31 x
panipopoさん

こんにちは。
そうなんです。竹のように見えますよ。
これは木でも潅木でもなく多年草なんですが、
2mくらいに成長します。恐ろしく早く伸びます。

日本では山菜、こちらではエイリアンですー。
Commented by ヘッジホッグです at 2009-07-14 08:19 x
おばんです。
幸いうちの庭にはないようです。こわい雑草ですねぇ。
この時期、生育がいいので庭の手入れが大変です。庭の芝生は手入れが大変なのですが、どういうわけかフロントヤードのドライブウェイなんかに芝がどんどん生えてしまいます。

ロビンさんもそろそろガーデニングに手を出すお年ですよ、きっと(あはは)。
Commented by miepoohsuke at 2009-07-16 04:47
厄介者扱いされちゃってるんですね。
「ジャパニーズ」っていう部分を是非とも取り除いてほしいですよね。。
この話を聞いて、沖縄のハブ退治の為に東大の教授が連れて来たマングースが、とんでもない事態を招いた、っていう話を思い出しました。
それにしても、この強さと生命力、見習いたいくらいです^^
Commented by ikehana88 at 2009-07-18 03:58
こんばんは^^
ジャパニーズノットウィード=いたどり なんですね〜
よく、日本の山間に行くと、瓶詰めの佃煮みたいなのが売ってますよね^^
食べた事は、ないんですけど。。
どんな味なんでしょうね〜意外と、美味しいのかな?
maribabaさん、試されたら、報告してくださいね〜(笑)
Commented by maribabalondon at 2009-07-20 01:54
ヘッジホッグさん

すっかりごぶさたしてしまいましたが、おばんです。

芝生お手入れしているんですか?すばらしいですね。
スコットランドの庭は芝ではなく雑草ばかりです。
もうお手入れなんていう言葉はまったくあてはまりません。
ワイルドですよー。
ドライブウェイに芝が?
ヘッジホッグさんグリーンフィンガーなのかしら?
Commented by maribabalondon at 2009-07-20 01:59
miepooh、こんにちは。

へー、退治に連れてくたマングースがとんでもないことに、、、
増えてしまったのかしら?
植物、動物など生き物はうっかり連れてきてはいけませんね。


Commented by maribabalondon at 2009-07-20 02:02
ikehanaちゃん

こんばんは。 すっかりお返事が滞ってしまいました。

日本では山菜として売っているんですね。
私もこちらで、そのビジネスやろうかしら、
材料には絶対に事欠かないし(笑)。
<< 世界一の友人と ピップのお気に入り >>