<< リネンとリバティプリントのラン... 海辺の拾い物、流木 >>

ドイツからのお客様と義母の気力

                  ゴルフ狂の義父が家を空けるので、一人で家にいたくないと
                  義母が今スコットランドの家に滞在しています。
                  4月にちょっとしたアクシデントで腰の骨を折ってしまい、術後は
                  歩けないため、欝状態になっていた義母。
                  今はかなり回復し、杖を突きつつ何とロンドンから列車でやって
                  きました。気力が凄い!
                        折りたたむと、バッグにも入る便利な杖です。
f0179059_413066.jpg

                  義母は天然ボケはあるものの(ごめんなさい)、まったく
                  認知症はない。

                  ドイツからのお客様
                  Au pairという言葉ご存知ですか?住み込みで家事や
                  子供の面倒を見る人です。ヨーロッパでは学生が勉学のため
                  の資金稼ぎと経験のため、このAu pair(フランス語なんです
                  よね)をします。主人がまだ10代の若僧だったころドイツから
                  ユリアナがAu pair として主人の家庭にやってきました。
                  それから○○年、、、
                  ときどきこうして主人の家族に会いに来ます。
                  
                  今日は素晴らしいお天気です。
f0179059_4183436.jpg

                  ユリアナとご主人がやってきます。
                  お天気が良いのでバルコニーでランチです。この日よけ傘を
                  スコットランドで使ったのは数えるほどしかありません、、、、。
f0179059_4214949.jpg

                  ユリアナとご主人(この方がまた素晴らしい。) 
f0179059_4261696.jpg

                  ユリアナから素敵なスカーフと手帳をもらいました。
                  こちらは義母へのプレゼント、、、、何で石が?
f0179059_4263865.jpg

                  ユリアナが義母に、、、この石は天使の羽だと説明しています。
                  しかし、、、列車で帰るので絶対に重たいよー、、、。
f0179059_427130.jpg

                  スピリチャルなユリアナと私はすっかり意気投合し、夜は彼女
                  が指導しているという、横になりがらやるダンスを教えてもらいま
                  した。とても楽しい一日でした。
                  いつかお二人の住んでいるボンに遊びに行くことにします。              
f0179059_4273067.jpg



                 ***************************************    
[PR]
by maribabalondon | 2013-08-30 04:42 | スコットランド | Comments(5)
Commented by karibu-chai at 2013-08-30 08:49
こんにちは~♪

お義母さまも、優しい真理子お嫁さんや嬉しいお客様のお陰で
どんどんお元気になられて、よかったですね。。。

私が最初にロンドンに行った大学4年の時(タンザニアで4ヶ月短期留学後)、
お世話になったお宅に、やはり日本人のAu pairが一人いらっしゃって…
勉強しながらお手伝いさんをする…そういうのがあるんだ~と、
初めて知りましたが…ユリアナさんもドイツからの方だったのですね。
ステキなお話…これもご縁なのですね。
スコットランドの美しい自然と共に、ユリアナさんご夫妻も楽しまれたことでしょう…


ところでお義母さまが使っていらっしゃる折りたたみの出来る杖、
我が母も使っています。 昔に比べ、介護グッズもすぐれものがいっぱいありますね。
お義母さま、くれぐれもお大事に…
Commented by maribaba at 2013-08-31 02:19 x
カリブチャイさん
Au pairは英語ではなくフランス語なんですよね。
ヨーロッパでは(きっとアメリカも)学生は頻繁に
Au pairとして一般家庭で働きます。
日本にはこういうシステムはないでしょうね。
義母はよく転びます。前回は肩の骨、、、。
気力凄いですよー。
Commented by aomeumi at 2013-08-31 05:28
ポルトガル・青目
へぇ~初めて知りました。ここには、農作業を手伝いながら滞在できる・・・というものはあるけれど・・・いいシステムですねぇ。日本人には無理かな・・・甘やかされて、家事出来る若者皆無・・・ですからねぇ。
石のプレゼントが・・・ちょっと、感動しました。彼女にとって、いい思い出だった結果なのでしょうね。
Commented by maribaba at 2013-08-31 07:47 x
青目さま
日本人はよその家庭に住み込むということに抵抗が
あるかもしれませんね。語学学校で会った若者の多く
はこのAu Pair をしていました。農作業を手伝いながら
滞在というのもいいですね。
彼女は、天使の羽の形やハート型の石に心
惹かれるようです。
私も小さな天使の羽をもらいました。
スピリチャルな人です。
Commented at 2013-08-31 17:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< リネンとリバティプリントのラン... 海辺の拾い物、流木 >>