<< ハギレで作る 私のユニオンジャ... ミュージカルとティーと >>

幸せになった犬

               ハーフターム休暇でのスコットランドは暴風雨、ときどき晴れの
               繰り返しでした。
               家側は晴れ、湖側は雨、、、暗ーい。で、こんな虹が。
f0179059_294891.jpg

               マンチェスターから主人の友達のマルコムが遊びにきました。
               それもメス犬のサンディーを連れて♪
f0179059_215570.jpg

               サンディーは推定3歳くらい。RSPCAのシェルターからもらわれて
               きました。連れてきたばかりのときは、遊び方も知らず、ナーバスで
               大変だったということです。
               こんなふうに、すぐマルコムにかじりつきます。まだナーバスなの
               かも知れません。置いていかないでね、と言いたいのでしょうか?

               はじめはピップがしつこくするのではと、心配でしたが、すぐお互いに
               慣れました。
               散歩も一緒に行きました。 サンディは嬉しくて飛び跳ねながら先に
               進みます。
               ピップも昔はそうだった、、、今11歳半、おじいちゃんです。
f0179059_2241552.jpg

               サンディ、とてもきれいな顔してます。 
               Bull TerrierとRhod Ridgeback(背中に美しい毛流のある犬です。)
               の混ざりらしいです。
               
f0179059_23043100.jpg

f0179059_248566.jpg

               RSPCAで動物をもらう時は、面接があります。そしてどんな環境なの
               か、家も見にきます。
               動物を虐待するためにもらう人もいるからです。
               もう2度と悲しい目には合わせない、という強いポリシーがあります。
f0179059_2493976.jpg

               悲しい目に合わされた動物が、こうして幸せになっている姿を見ると
               心から嬉しくなります。
               
               サンディ、良かったね。
 
               虹をあちこちで見ることができた休暇でした。
f0179059_321199.jpg


               また春に来るそうです。楽しみです。


         _______________________________
               
[PR]
by maribabalondon | 2013-11-05 03:27 | 犬/その他の動物 | Comments(4)
Commented by karibu-chai at 2013-11-05 09:19
こんにちは~

ピップちゃんの様子も久しぶりに拝見出来嬉しいです。
サンディ…良かったですね。
人間も同じですね。
皆幸せになる権利を持って生まれてくるのに、親や飼い主によって、
不幸になる…ちゃんと飼えないなら、動物を飼う資格はないと思います。
日本でも信じられないような、虐待で亡くなる子も後を絶ちません…
親を選べない、飼い主も選べない…その子には全く責任がないのに、
親や飼い主によって運命が変ってしまう…現実なのですが、心が痛みます・・・

サンディーのように幸せになる子が増えるといいですね。

Commented by maribaba at 2013-11-05 23:13 x
カリブチャイさま
おっしゃるとおりですね。親を選べない、飼い主を選べない、、、。
犬は特にどんな飼い主でも、どんなにひどいことをされても
飼い主が絶対的な存在です。妹の犬も捨てられて、
歩き疲れて、2月の寒いときに河原でうずくまっているところを
保護された犬です。今はとても幸せそうです。
一匹でもいいから、救ってあげて欲しいです。
サンディはとてもラッキーです。
Commented by aomeumi at 2013-11-06 23:31
ポルトガル・青目
あぁ、よかった・・・一匹でも幸せになった・・・顔は確かにリッジバック、体は随分小さくて、扱いやすいでしょうね。どうぞ幸せに・・・。
Commented by maribabalondon at 2013-11-07 07:48
青目さま
散歩の途中、よその犬にであったとき、背中の中央の毛が
ちょっと立ちました。やっぱりリッジバックですね。
本当に良かったです。


<< ハギレで作る 私のユニオンジャ... ミュージカルとティーと >>