<< イチゴプリントのティーコージィ... スコットランドは花盛り >>

完成の笑顔 / そして素晴らしい獣医   

         クッションが完成! I さんのハッピーフェイス。
         生地 OSBONE & LITTLE
         グレーのパイピングがマッチしたスマートな作品です。

         
f0179059_7344530.jpg



      _____________________________________


         TVの4回シリーズで、素晴らしい獣医のドキュメンタリー Supervet という番組
         をやっていた。
         かなり難しい手術をして、ペット達を救うというドキュメンタリーなのだけど、
         救われたペットを見ては、良かったね~と、何度も涙をこぼしてしまいました。
         
         このウサギちゃん、猫ちゃんがソファーにいると、クッションの間から出てきて、
f0179059_7411337.jpg

         一緒にいたいと、          
f0179059_7403499.jpg

         このうように寄り添うのです。
f0179059_7413849.jpg
 
         このウサちゃんの足に問題があり、ピョンピョンと跳ねることができなくなっていたの
         ですが、めでたく手術で治りました。

         このワンちゃんも走れるようになりました。
f0179059_7522642.jpg

         最終回では、車にはねらられた猫ちゃんの義足を埋め込む手術。
         この獣医さんの発明した義足で、椅子の上にジャンプもできるようになりました。

f0179059_7531070.jpg

         
         手術は夜中の12時近くまですることもよくあるらしい。
         手術が成功せず、飼い主に殴られたこともあるそうです。

         我が家の愛犬PIPは5年ほど前、死の勧告をされました。
         あと3日から6日くらいと・・・・
         あきらめきれず、遠いけど評判の良い獣医に行きました。
         そして、助かったのです。
         その獣医さんも金儲け主義ではなく、本当に動物を愛しています。
         だから治せたのだと思います。

         本当に動物を愛している、こんな獣医がもっと増えればいいな。


    ____________________________________
        
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-30 08:09 | クッション | Comments(8)
Commented by kuukau at 2014-05-30 08:58
ヒップよかったね。物言わぬ動物だから、尚更飼い主が注意深く見守ってやらないと手遅れになるとこだったね。
幸いこちらでも、愛情豊かな獣医さんに巡り会い、全幅の信頼を寄せてます。
野鳥の診察までボランティアでなさってる素晴らしい獣医さんなの。
Commented by aomeumi at 2014-05-30 22:34
ポルトガル・青目
きゃ・・・テレビじゃなくても涙が・・・このウサコの目・・・泣けますねぇ。人間の医者も同じだと思う・・・いい医者・・・いません。
Commented by karibu-chai at 2014-05-31 01:26
いいお話ですね・・・
動物は言葉を話さないけれど、人間の気持ちはよ~~くわかって
いるのだと思います。

ネコちゃんに寄り添ううさちゃんの安心しきった顔!

ピップちゃんの深刻な状況の時、よ~~く覚えていますよ。
ほんとによかったですね…
時々元気なピップちゃんをブログで拝見する度に、
あの時のことを思い出します。 そして…よかったね…元気で…と
パソコンに向かって話しています。

お医者さんとのご縁は、とても大事ですね。
人間も動物も…命を預けるのですから。
Commented by Mariko at 2014-05-31 03:24 x
空子さんのところの猫ちゃんも、原因不明の病でしたよね。
観葉植物に原因があったなんて・・・本当に注意深く観察
していないといけませんね。
いかに信頼のおける獣医さんを見つけるか、
そして愛情にまさるものなし。
Commented by Mariko at 2014-05-31 03:28 x
青目さま、この番組一緒に観たかったです。
癌でもうすでに転移しているにもかかわらず
足を切断して、延命させる飼い主、涙がでました。

Commented by Mariko at 2014-05-31 05:09 x
カリブチャイさま
そうですね。あのとき励ましてくださったことを思えています。
今日は予防注射に命を救ってくれた獣医のところに行ってきました。
昨年の夏にピップは、下半身不随になるかもしれないという
脊髄の問題が発生しましたが、また救ってもらいました。
13になるピップ、それ以外は年齢よりも若いそうです。
あと何年生きるか分からないけど、大事にしてあげたいと思います。
Commented by nono_ra at 2014-06-04 23:05
ビップちゃんも大変だったんですね。
信頼できる獣医さんに巡り合って本当によかった!
主人も突然の緊急手術となり、心臓外科のドクターは、休む間もなく立て続けにオペをして下さって、7時間かけて無事成功。
10日経った今、病院内を歩き回れるぐらい回復しました。
オペ前、私が責任を持ちますから。。と言って下さった心強い言葉が忘れられません。
Commented by maribaba at 2014-06-05 05:38 x
nono_ra さん
そうだったのすね。
しかも7時間もの大手術・・・
成功して良かったですね!
ドクターが信頼できる方で本当にラッキーでしたね。
<< イチゴプリントのティーコージィ... スコットランドは花盛り >>