<< オリエンタルなティーコージィー... Fumikoさんからのお便り ... >>

幸せな仔、幸せになった仔

          Jenの家にシェルターからきた犬は、この仔。
f0179059_7244227.jpg

          Yoshiさんが、この犬はビジョンフリッセだと思いますと言っていたので、
          Jenに聞いてみましたらやっぱりそうでした。
          ブリーダーが売れ残った仔をシェルターに持っていったのでしょう。
          Jenの家にきてとても幸せそうです。良かったね。

          そして、ホームレスのこの仔は・・・・

          

          すっかり変わり、笑顔がでて、とても幸せになりました。
          これを見る度に、良かったね、と涙がでてしまいます。

          最近、どうも涙もろくって・・・・



      _______________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-08-12 07:44 | 犬/その他の動物 | Comments(12)
Commented by aomeumi at 2014-08-12 18:48
ポルトガル・青目
朝から・・・大泣き・・・
Commented by Mi at 2014-08-12 22:35 x
今、青目さんのブログを訪ねた足でこちらに.....
青目さんのブログでは懐かしさに涙腺ジンワリ
そして、こちらでもジンワリ
犬は健気で愛おしい! 愛おしくないのは身勝手な人間達
犬を道具としか思っていないのかしら....
でも笑顔がでて良かった
Commented by mariko at 2014-08-13 07:14 x
もう、何度も見ては、涙ながしています。
Commented by Mariko at 2014-08-13 07:20 x
Miさま
青目さんのブログでは本当に懐かしかったのですね。
読んでいて、涙腺じんわり感が伝わってきました。
虐待するためにペットを飼うヤツもいるのだから、
ぞっとします。
あのおどおどした生気のない顔が、あんなにも明るく変わる
のですね。
Commented by kuukau at 2014-08-13 09:06
ブリーダーはいくら良い人でも大嫌い。
動物で商売する人は信用できない。
静止画像でも泣きそうになる・・・笑顔が見えるまで耐えられるでしょうか?
Commented by Mariko at 2014-08-13 17:50 x
kuukauさま
この画像は、ホストファミリーの段階だけど、幸せになった
この仔を見てうれし涙がでますよ。見てね。
ブリダー全てが悪いわけではないことは、分かっていますが
ビジョンフリッセを日本のサイトで検索したら、
仔犬が格安!だとか、直販というのが沢山でてきました。
姪っ子が引き取った、フレンチブルは、ずっと長いこと繁殖
だけに使われていたらしく、震えてケージから出ようとしなかった。
散歩もでたことがなかったみたいです。
今は幸せですよ。


Commented by うらら at 2014-08-14 02:46 x
朝駆け足でこちらに来て大泣き。
本日は夏祭りとあって親類が来たりで一日バタバタして「あーねむ」と早寝したら変な時間に目が覚めました。

我家の猫も、犬ばかりのところに猫一匹で泣いて震えているのが通りから見えました。
いきおいでお金を払って連れ帰りましたが、片目は見えず歯は未発達後ろ足の関節が悪くいつも痛がります。
獣医さんいわく、ブリーダーが近親相姦のような形で子を産ませるからだそう。
あーそれにしてもワンちゃん優しい人たちに出会えてよかったわ。
穏やかなワンちゃんの表情に嬉しくて泣き笑い・・・デス。
Commented by Mariko at 2014-08-14 08:16 x
うららさま
夏祭り、いいですね!ゆかた着ましたか?
今、Dogs Trustの番組「危険な犬」を見ていました。
危険な犬にするのは飼い主なんですよね。
沢山生ませて、一匹いくらで売るんです。その犬達がまた
危険な犬に・・・堂々巡りです。
イギリスのケンネル協会が、近親相姦の形でブリードして
いるのが発覚。毎年行われる、最優秀犬の優勝者を決める
ショーをBBCは放送するのを止めました。
全て、お金が絡んでいます。
うららさんとこの猫ちゃんも病気はあっても、幸せでよかった。
Commented by kuukau at 2014-08-14 09:01
観ました。ウルウル
初代わんこを思い出した。ムスメが道に落ちてた紐でくくって連れて来た時、ビッコで全身赤むけ、お尻から何か垂れてて、一晩土間で寝かせたら2階までイビキが聞こえるの。半年で3回手術をして最後は盲目になり、それでも2年生きてた。
最後まで室内で過ごしたけど、一度も粗相しなかった。
Commented by karibu-chai at 2014-08-14 09:02
動画のワンちゃん…
同じワンちゃんとは思えないほど、愛されていることが分かって、
表情が顔つきが全く変わりましたね。
動物はけなげで嘘をつかない…裏切らない!
なのに人間は平気でそうする…
子供だって、皆、幸せになる権利があって生まれてくるのに…
国や親や子供には関係のない環境で、不幸になる・・
命あるものを大切にする…そんな人としてのもっとも基本的なことが
崩れていますね。。。
Jenさんに引き取られたワンちゃんもよかったね…

忠犬ハチ公も…動物ものは、たまりません…
早く平和な世の中になってほしい…
Commented by Mariko at 2014-08-14 17:28 x
kuukau さま
私、この話を聞いて、うるうるとしてしまいました。
家の中で寝られて、安心のおおいびき、そして
最後の2年間は、本当に幸せで良かった。
空子さんもお嬢さんも何て慈悲深いんでしょう。
Commented by Mariko at 2014-08-14 17:32 x
karibu-chai さま
動画の犬の変わりよう、素晴らしいでしょ。
犬は人間なしでは、生きていけないんです。
虐待のために・・・、喧嘩の武器として・・・、お金儲けのために・・・
ぞっとします。
<< オリエンタルなティーコージィー... Fumikoさんからのお便り ... >>