<< 世界最強の植物退治 いくつ作ってもいい/  この人何者? >>

あなたならどうしますか?

            ボール遊びが大好きな我が家の愛犬 Pip。
            
            ボールは壊れていても、いつまでもそれで遊びたい。
f0179059_7415633.jpg

            この日は雨なので、家の中で。
            遊ぼうよ。とせがまれる。
f0179059_744650.jpg


            でも、消して、ボールを引っ張りっこして過激に遊ぶことは避けている。 

            それは・・・・

            
            昨年の夏、丁度今頃、主人と庭で大好きなボール遊びをしていた時・・・
            ギャン! と叫んだ後、ピップは動かなくなった。

            主人が抱きかかえて、家の中に連れてきた。
            後ろ足が伸びきっていて、まったく動かなくなったのでした。
            あのときにピップの驚きと不安な顔、今でも覚えています。

            獣医に電話をして、緊急に診てもらうことになりました。
            
            ピップの命を救ったことのある、獣医までは車で約50分。
            遠いけど、この獣医でなくてはと、行く準備をしているうち
            に、少しづつ、ピップの後ろ足が、動けるようになりました。

            それでも、もちろん獣医に急い連れていきました。
            
            どうやら、脊髄と脊髄のつなぎのクッション?が折れて、血管に刺さり
            傷つけたということらしい。
            有難いことに、回復したから良かったけど、これで下半身不随になる
            犬が多いらしい。
            でも、また同じことが起きる可能性が高いと言われました。

            絶対に体をねじるような姿勢は避けさせること、と言われました。
            ボールを投げたり、引っ張りっこをして遊ぶとき、体をねじる体勢が多い
            ので、避けなくてはなりません。

            今日は帽子にして遊ぼうね。と私が遊んでしまいました。
f0179059_754473.jpg
 
           
            ピップは、今、13歳 人間だと73歳くらい。

            なにがあっても下半身不随にだけはなって欲しくない。

            主人はそうなったら、安楽死させたほうがいいと言います。

            もし、あなたの愛犬(猫も)がそうなったら、あなたならどうしますか?


          ***************************
            



 
[PR]
by maribabalondon | 2014-08-23 08:13 | 犬/その他の動物 | Comments(10)
Commented by kuukau at 2014-08-23 08:44
ピップ可愛い~~~!!
うちの子もボールの引っ張りあいするのが好きだった。
思いっきり腰を捻って取ろうとするのよね。
そんな怪我があるとは知りませんでした。ビックリ@@
下半身不随になっても他に異常が無いなら、車椅子作って安楽死は避けるかも。苦しそうで治る見込みが無いなら楽に死なせてやりたい。
Commented by Mariko at 2014-08-23 18:48 x
犬が歩くことができない生活・・・・犬にとってどんなに辛いだろう。
若い犬にこの病気は多いと聞いて驚きました。
そうだね。痛みで苦しんでいたら、安楽死させたほうが、いいと
思う。かわいそうだものね。
Commented by マックママ at 2014-08-24 10:32 x
始めまして京都在住のいちブログファンです。  pipちゃん可愛い~~  治って良かったですね。。    我が家にも昨年17才8か月で天国に行ったラブラドール「マック」が居ました、最後の一年ほどは足が立たなくなりましたがハーネスで釣り上げて歩かせていました、本人は幸せそうな顔をしていました。。  ペットは最後まで元気でいて欲しいですね。。
Commented by Mariko at 2014-08-24 18:28 x
マックママさん。コメントありがとうございます。

マックちゃん凄いですね17歳8ヶ月とは!
スコットランドのご近所のワンちゃんはほとんどラブラドールですが、マックちゃんのように、長生きはしていません。
そうですか、ハーネスで吊り上げて歩かせていても、
幸せそうだったのですね。
ずっと家族と一緒にいたいという思いが強かったのでしょうね。
参考にいたします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by aomeumi at 2014-08-24 20:03
ポルトガル・青目
あぁ、さっちゃんもこの遊びが大好き・・・気をつけます。この手の障害ならば、私も車椅子派・・・でも、痛みがある場合は、お願いする・・・友人宅の犬はガンになり、痛みがあったので、医師の父親がよく説明し判断を12才と10才の子供たちに任せた・・・翌日、二人だけで病院に連れて行ったそうです。帰ってからその件について、二人はなにも語らなかったそうです。なにか大きなことを学んだようです。
Commented by Mariko at 2014-08-25 22:20 x
青目さま

ご友人の犬の話、素晴らしいですね。
貴重なお話ありがとうございます。
子供達に判断を任せ、そして・・・大きなことを学んだ。
私も痛みがなければ、車椅子にしてあげたいと思います。

Commented by karibu-chai at 2014-08-26 13:31
ピップちゃん、そんなことがあったのですね…
10年以上前に天国へ行った、我が家のアンナも、
心臓病や乳がんなど患い、手術したり色々手をかけましたが、
はたしてよかったのか~?と今でも思います。ワンちゃんは、
言葉を話さないから、飼い主が察してあげるしかできませんね。
ケースバイケースでしょうけれど、、、そうなった時、信頼できる
獣医さんと相談して、決めたいと思います。が・・・人間と同じで、
痛み等で…苦しそうにしているのを見ているのは、確かに辛いと思いますね。。

Commented by うらら at 2014-08-26 14:24 x
ホント、ピップちゃん可愛いですねー。
写真もわかりやすく、華奢な足にホント危ないかもと。

ずっと以前、子供が小学生の頃学校の方針で家庭で生き物をが推奨されハムスターを。
ネズミみたいで最初はこわごわ、そのうち子供たちよりワタシが夢中に。
二年ほど過ぎたころ口の周りに腫瘍が。
病院で注射と軟膏の処置を受けたのですが、軟膏は塗れないし食べれなくなり安楽死をお願いしました。
ハムスターの楽しみは食べること、なのに動けずじっとして苦しそうだったし。
小さな箱のようなガス室に入り一瞬でお別れ、でもチーランちゃんにとってよかったと思っています・・・。
Commented by Mariko at 2014-08-28 07:18 x
カリブチャイさま
痛みが酷い場合は、やはり死なせてあげるげき
でしょうね。
ペットの場合は、人間が決めてあげられるけど、
人間の場合はそれができない。難しい問題ですね。
Commented by Mariko at 2014-08-28 07:22 x
うららさま
そういうことがあったのですね。
ハムスターちゃん、きっと辛かったでしょうね。
安楽死させてあげて良かったと思います。
ピップの場合は足ではなく、脊髄に問題がありますから、
下半身不随になる可能性があります。
ただただ、そうならないように祈っています。
<< 世界最強の植物退治 いくつ作ってもいい/  この人何者? >>