<< 教室からすぐそばの通信講座受講生 湖の虹 / ベルベットのフット... >>

嵐そして停 電

            3日ほど前の午前中は、晴れていて、散歩も快適でした。

            こちらはオイスターキャッチャーという鳥。
f0179059_973226.jpg

            オイスターではなく、水辺に沢山あるムール貝や鳥貝を採る。
f0179059_975469.jpg

            春の産卵期になると、ピーピーと物凄くにぎやか。
f0179059_981442.jpg

            晴れ間は長く続かず、スコットランドは一昨日、物凄い嵐。
            
            ゴーゴーと凄い音に、ピップはがたがた振るえ、なぜかいつも、こういう
            ときはお風呂場に逃げる。
          
            多分・・・と思っていたら、案の定停電に。
            
            夜の11時30。

            電力会社にすぐ電話・・・今の電話機は停電になると使えない。
            その時のために、昔の電話器をいつも備えている。

            携帯もシグナルが消えてしまった。

            大嵐で危険なので、作業員は出動できないとのこと。
            それはそうだ。作業員はスーパーマンではない。 

            キャンピング用の灯りは、常に手の届くところに置いてある。
            またイケアで買った、手のひらに入る大きさのLEDライト、これが役立った。
            ポンとたたくだけで点き、壁にも貼ることもできる。そして安い!
            日本にもイケアはあるけど、これを幾つか買っていこう。

            じゃあ退屈なのでTVでも・・・PCを・・・今の世の中、電気がなくては手も足も
            出ない。  PC~! 中毒になっている。

            我が家はガスクッカーではないので、イワタニのガスコンロを引っ張りだして
            きて、暖かいお茶を入れた。

            停電ではセントラルヒーティングは止まってしまうけど、暖炉があって本当に
            良かった。

            ロウソクの火で本を読み始め、うとうと・・・寝ることにした。

            翌朝、まだ風が強い。けっきょく夜7時30分にやっと電気が点いた。
            
            すぐにTV、PCとまたいつもの生活に戻っていった。

        ____________________________________
                       




            
            
            
             
[PR]
by maribabalondon | 2015-01-11 10:21 | スコットランド | Comments(14)
Commented by Yoshi at 2015-01-11 18:21 x
大嵐、よくあるそうですね。
BBC1のエスケープ トウ〜 ザ カントリー を毎日見ています。
ある日ハイランドが紹介され湖のほとりの家に住みたいね などと考えていたのですが
嵐がよく来るというニュースで直ちに却下されました。
20時間以上の停電は長いですね。
Commented by maribabalondon at 2015-01-11 20:44
Yoshiさん
私もあの番組よく見ています。
庭にある、(いえ、敷地内以外もですが)大きな木はこんな時のことを考え、すべて切りました。
ハイランドのほうが、嵐は多いですよね。
若いときはいいですが、住むところはできるだけ手のかからないところがいいと思います。




Commented by aomeumi at 2015-01-11 23:58
青目
読んでいて、なんだかドキドキしてしまいました。子供の時は、ドキドキに加えて、ちょっとワクワクもしたことを思い出しました。
Commented by karibu-chai at 2015-01-12 00:16
本当に電気がないと何も出来ない世の中になりました。
灯りがあふれている東京では、3.11の影響で電力供給が
時間制になったことがあり、街からあかりが消え、車も
譲り合いながら、信号がつかない暗い町を走ったことが
ありました。 計画停電でした…
あかりがないと不安になりますね。

インフラが故障しても、中々修理に来てくれなくて…
とロンドン在住の方にからはよく聞きますが…
結構住人は慣れっこになっていて、そういう時は、
早く寝ちゃう…って言ってましたが…・

嵐は怖かったわね!ピップちゃん…


Commented by maribabalondon at 2015-01-12 00:52
aomeumi さま
子供の頃そうですね。ちょっとした冒険を感じて
いたかもしれません。
嵐が納まって、大きな木が倒れていないか、小道を
点検にいきました。
昨年の嵐では、太い木にくくりつけ、ほぼ陸にあった
ボートが流されてしまい、その代わりに、しょぼいボートが漂流していました。
Commented by maribabalondon at 2015-01-12 00:57
カリブチャイさま
ここ北ロンドンでは、めったに停電などありません。
先日の停電で、やはり人口の多い地区から修理していったようです。だから遅かった。
今の時代いかに電器に頼りきっているか、思い知らされました。日本はオール電化なんていうマンションが増えているけど
こんな状況下、どうなってしまうのでしょう?
Commented by kuukau at 2015-01-12 22:56
スコットランドじゃないけれど嵐が丘を想像しちゃった。
広陵とした平野を風が吹きすさぶ様は恐ろしい光景でした。
イワタニが出てくるあたり、日本人やなぁ、と思ったわw
Commented by kitaoni at 2015-01-13 01:46
3・11以後何だか癪にさわって電気に頼る生活なんてしたくないと思ったりなんかするけれど...... 我が家は停電すると水まで出なくなります。
灯りも暖もなんとでもなりますが、水が出ないのは困ります。
Commented by maribabalondon at 2015-01-13 02:34
Kuukauさま
こちらは広陵とした平野を風が吹きすさぶ、ではなく
海が荒れ狂う様ですね。満ち塩で荒れ狂っていたときに
ボートが流された。
鍋物、停電の非常時に、イワタニが大活躍ありがたい。
嵐が丘のイメージも台無し。
Commented by maribabalondon at 2015-01-13 02:36
kitaoniさま
水が出ないのは、本当に困りますね。
停電すると水も出なくなる。どんなシステムなのでしょう。
Commented at 2015-01-13 17:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maribabalondon at 2015-01-14 02:39
nono_ra さま
ありがとうございます。
先ほど講習の件でメールをお送りいたしました。

Commented by aamui at 2015-01-16 06:35
今年も宜しくお願い致します わ~~暖炉憧れです
Commented by maribabalondon at 2015-01-16 07:35
aamuiさま
今年もよろしくお願いいたします。
暖炉があって良かったです。
<< 教室からすぐそばの通信講座受講生 湖の虹 / ベルベットのフット... >>