<< 布の器とナプキンと Naokoさん宅で作品撮影 >>

またまたびっくり!皆様ありがとうございます。

         西の教室の水曜日、午前クラスの方達が立ち話しをして、なかなか帰らない・・・・
         入り口付近では、午後クラスの方達がもうすでに来ていて、やっぱり立ち話・・・・

         軽くランチを食べて、午後のレッスンに備えていると、どっと皆さんが教室に入って
         きて、「先生、いままでありがとうございました!」と、大きい花束と皆さんのコメント
         を書いたカードをくださいました。
         
         もうびっくり! 北の教室の方々もそうでしたが、やることが憎い。
        、嬉しいな~。
f0179059_7244283.jpg

         このお花の美しいこと!
         このピンクが私のイメージカラーなんだそうです。
         照れるなぁ~。

f0179059_7312418.jpg


         
f0179059_7265869.jpg


         月曜日の教室の方とは、近くのスリランカ料理のレストランで。
f0179059_7503896.jpg

         こうして楽しくお喋りをするのも最後・・・・
f0179059_7514254.jpg


         私が21年間もお部屋をお借りしていた、JOBAさまから、豪華な花束をいただき
         ました。
         この北の教室が私の出発地点でした。

         21年前、5名の方が教室に参加してくださり、その後教室も増えていき、
         受講生の方も絶えることなく、今日まで教室を続けていくことができました。

         感謝の気持ちでいっぱいです。
 
f0179059_7475048.jpg


         皆様、どうもありがとうございます。



       ________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2015-07-23 08:22 | ソフトファニッシング教室便り | Comments(12)
Commented by kuukau at 2015-07-23 08:57
marikoさん以上にお生徒さんが寂しくなるわね。
技術もさることながらmarikoさんのお人柄に生徒さんが増えたのでしょうに。
ロンドンの母であり姉であったまりこさんだと思う。
Commented by aomeumi at 2015-07-23 14:17
青目
皆さん、楽しまれたのですね。お互いに寂しいことでしょう・・・しかし、こういう別れから、また何かが生まれ、始まるのでしょう。これからが楽しみでもありますね。
Commented by Yoshi at 2015-07-23 15:43 x
最後の教室でしたか、、
教えることが一段落し、またこれから新たな人生の喜びを開発していくことでしょう。
庭作りはきっとやりがいのあることだと思います。
Commented by karibu-chai at 2015-07-23 18:28
感慨深いですね…
眞理子先生も生徒さん達が作られた作品を通して、
たくさんの思い出がいっぱ~~いですね。
お教室で楽しく作品を作られた生徒さん達も、
一生懸命作られた作品を見る度、真理子先生を思い出されるでしょう…
お別れは辛いけど…真理子さんは、スコットランドで
ご主人様と~第二の人生の始まりです~!!
大いに楽しんでください…ピップちゃんも待ってますよ~!
お引越し等で、とってもお忙しく、お疲れになると思いますが、
くれぐれもお体を大切になさってくださいね。
Commented by maribabalondon at 2015-07-24 03:02
空子さん
そんなふうに言っていただけて嬉しいです。
いらしてくださった皆さんもとても良い方
ばかりでした。
私も淋しくなります・・・
Commented by maribabalondon at 2015-07-24 03:05
青目さま
楽しみながら作っていただくことが、最も大切なことだと、
常に思っていました。
これからの生活を楽しめるようにいたします。

Commented by maribabalondon at 2015-07-24 03:07
Yoshi さん
ありがとう。
新たな楽しみを見つけて、人生を楽しみます。
Commented by maribabalondon at 2015-07-24 03:11
karibu-chai さま
思い出いっぱいの教室と言ってくださった方
がいます。フェイスブックを通じて、日本に帰国
なさった方、他国にいらした方々とも、繋がって
います。ありがたい世の中ですね。
これからも何か夢中になれるものを持ちます。
Commented by aamui at 2015-07-25 07:27
おめでとうございます 生徒さんも生活に根差した様々なテクニックを学んだこと これからの生活がより豊かになることでしょう 素敵な先生に会えたことは宝物ですね!(^^)!
これからのMarikoさんに乾杯!
Commented by maribabalondon at 2015-07-25 09:46
aamui さん、ありがとう!
楽しみます!
Commented by kitaoni at 2015-07-28 22:23
Marikoさん素敵ですね〜
黒がお似合いです。

生徒さんに惜しまれながらのリタイア.......... お人柄ですね
素敵な作品を見るにつけ惜しいな〜 と思いますが、きっと次の素敵なステージが待っているのですよね。
Commented by maribabalondon at 2015-07-29 03:47
kitaoni さま
学校にはすずめの学校タイプの先生と、めだかの学校タイプ
の先生がいると聞きました。
私はめだかタイプですね。鞭をふりふりはどうも・・・・
厳しくも大切ですが、楽しく作って欲しい!
それが私のモットーかな。
<< 布の器とナプキンと Naokoさん宅で作品撮影 >>