<< ロンドンを離れる前に・・・No... ロンドンを去る前に >>

庭と奮闘

            今日の夕焼け。
            空にアヒルが泳いでいるみたい。
f0179059_6535457.jpg


            上の庭は(段になっている)ずっと何もしていなかったので荒れ放題。

            すっかり、忘れていたこの紫陽花。日陰であまり花も咲かず可愛そう。
f0179059_785526.jpg

f0179059_6595292.jpg

            もみじに覆いかぶさっていた木・・・これが棘だらけで痛い。
            主人がチェーンソーで切り倒した。
            恐ろしいほど伸びが速い野生の石楠花は、私の背丈でも選定し易かった
            のに、主人でも届かないほどになっていた。
            選定というよりは、とにかく切って、切ってきりまくる。
            
            しかしやりがいがある庭・・・・切るのは大好き。
            成果がはっきり見えるからね。
            
f0179059_783221.jpg
 

            この後片付けが大変・・・明日またやろう。

            また完全に引越しのものは片付いていない。



      ______________________________
            
[PR]
by maribabalondon | 2015-09-03 07:18 | スコットランド | Comments(10)
Commented by kuukau at 2015-09-03 09:04
わたしもマイチェーンソー持ってます。
面白いほど簡単に木が切れるので調子に乗って切りまくったら、柚子が先祖返りしてカラタチになっちゃった(泣)
接木でした〜〜
Commented by Yoshi at 2015-09-03 16:31 x
気温が低いからか夕焼けがキレイです,こちらはまだここまで赤くは焼けません。
石楠花には絶好の土壌と気候なのかな。
Commented by aomeumi at 2015-09-03 19:59
ありがとうございます。
Commented by kitaoni at 2015-09-04 05:29
庭と奮闘! まさしく奮闘ですよね。
私も庭仕事、などと優雅な言葉では言えない........ 日々 奮闘しています。
今はつかの間の休日を過ごしていますけれど........
Commented by maribabalondon at 2015-09-04 07:17
空子さま、チェーンソウ、お持ちなんですか!
主人が危険だと言って、使わせてくれません。
柚子、またカラタチから生まれ変わるのでは?
Commented by maribabalondon at 2015-09-04 07:22
Yoshiさま
土が酸性だから、石楠花やもみじに適しています。
野生の石楠花、はじめはきれいだと思っていましたが、
こう沢山あちこちにあると、ちょっと・・・
ここの夕焼けは本当にきれいです。
Commented by maribabalondon at 2015-09-04 07:23
青めさま
今はポルトガルで楽しんでくださいね。
Commented by maribabalondon at 2015-09-04 07:25
Kitaoniさま
そうなんです。奮闘という言葉がぴったりです。
早く優雅に花を植えたり、ちょっと草むし・・・と」いう
段階になりたいです。
Commented by karibu-chai at 2015-09-04 16:28
きれいな夕焼けですね…
庭のこと・・・始められましたね。
ご主人様と協力して奮闘中なのですね。
かなり力仕事ですね。
少しづつ・寒くなる前に…で、ご無理されませんように…

私は、長く休んだので、ショップ再開のため色々バタバタです。
紅茶の在庫もすっかりなくなり、どか~~んと茶葉を仕入れて、
新しい茶葉でオリジナルブレンドの奮闘中!
やっと決まって…でも疲れると昼寝して…やはり休養は必要ですね。
眞理子さんもゆるり~~とね。
ピップちゃんもママが来て、嬉しそうでしょうね。
Commented by maribabalondon at 2015-09-05 05:38
karibu-chai さま
西スコットランドは雨が多いところです。
お天気の良い日が少ないので、引越しの荷物が片付いていなくても
お天気の日は逃せません。
とにかく、ひどく荒れています。
何年もかかりそうです・・・・

<< ロンドンを離れる前に・・・No... ロンドンを去る前に >>