<< これがきっと最後の旅・・・ Norfolk  よく歩くな~ >>

またピップが・・・・

         数日前まで、義理の両親が来ていた。前回も滞在中に起きたことなのだけど、
         朝、ピップが立ち上がるのを見ていると、後ろ足がほとんど動かない。
         前回同様のことがあって以来、せむしになってしまった。
         でも、今回はこの写真よりももっとひどい状態に・・・・。

f0179059_3465798.jpg


         ピップの命を救ってくれた獣医のところに飛んでいった。
         今回もステロイドの治療をしている。
         可愛そうに片足を上げて用がたせない。
         一番心配だったのが、あれ以来〇〇〇をしているところを一度も見ていない。
         もしかしたら、力が入らず、いや脊髄が・・・・これからも・・・だとしたら、安楽死を
         勧められるかもしれない。
         何度も外に誘いだすけど、散歩は行きたがらない。いづれにしても禁止だけど
         何とか排出して欲しい。今日で4日目・・・・
         家の前に連れ出し、他の犬の臭いをかぎ、やっと「やったー!」
         
         ステロイド服用のおかげで食欲旺盛。もっと、もっと頂戴とせがみ可愛そうなようだ
         けど、もっとスムーズに〇〇〇ができるようになるまでは、我慢してもらわなければ。

         ピップはいままで、大病で死にかけたけたり、咳が頻繁に出たり、鼻の中にポリープ
         があり、死ぬことはないけど、ときどき苦しそうに呼吸をする。また春先は花粉症で
         これも苦しそう・・・と、色々な持病を持っている。
         ピップを預けて、どこかに旅行に・・・ピップはケンネルに行くのが大嫌いだし、
         ケンネルにだってこんなに持病を持っているのだから、嫌がるだろう。
         今ピップは13歳半、あとどのくらい生きてくれるだろうか?
         でも、今まで、色々な問題があったけど、よくここまで生きてくれたと思っている。

f0179059_43349.jpg


         下から見たピップ、あご髭、カットしてあげたいな。 
         
         長生きしてね。 
          
         _______________________________
         
[PR]
by maribabalondon | 2015-10-06 04:44 | 犬/その他の動物 | Comments(8)
Commented by Yoshi at 2015-10-06 16:04 x
ピップはなかなかがんばりやですね、
ここまできたのだから強い犬です。
年をとっても性格はあまり変わらないものでしょう?
Commented by aomeumi at 2015-10-06 16:31
青目
立派なお顔・・・イギリス紳士の風格がありますね。人も犬も年老いていくのは、ちょっと悲しいことですね。愛おしいですね。
Commented by aamui at 2015-10-07 06:06
ほんと風格が・・・
ほんとに長生きして欲しいですね 自分より長く生きてほしいけれど それはかわいそうだから 同じころ息絶えるのが理想なのかなぁ
Commented by maribabalondon at 2015-10-07 18:02
Yoshi さん、今までピップは色々な問題があったけど、ここまで
生き延びてきたということは、強いということになるのでしょうね。
ピップは年を取り、体力に自信がなくり、近所の散歩も遠くまでは行きません。
年寄りだけど、いつまでも子供のように可愛いのは犬(猫も)だからでしょうね。
Commented by maribabalondon at 2015-10-07 18:05
aomeumiさま
イギリス紳士の風格が・・・嬉しい、そんなこと言ってくださって。
今回主人の両親が滞在していて、義母のことでつくづく考えさせられました。
年老いていくのはほんとうに悲しい・・・
Commented by maribabalondon at 2015-10-07 18:08
aamui さま
ペットは人間よりも先に亡くならなくては、可愛そうですね。
残されたらほんとうにみじめです。
ピップ風格がありますか?嬉しい~。
Commented by karibu-chai at 2015-10-07 23:10
2008年10月に初めてマリババさんに、ロンドンのリバティーの前で
待ち合わせてお目にかかりましたが、その少し前にブログを通じて
お付き合いが始まりましたね。その頃、ピップちゃんがかなりお病気が重くて…
毎日とても心配で、大変で…でも、又元気になって…
でも、又なのですね…心配です。

ピップちゃんには、直接お会いしたことはないのですが、折に触れ、
かわいい元気な姿を、ブログ上で拝見するのが楽しみでした。
ピップちゃんは、もう老犬の域に入っているでしょうけれど、
本当にいつまでも雰囲気のあるワンちゃんですね。
生命力が強いので、きっと頑張ってくれるでしょ・・・

誰も必ず老いを迎えます…健康で年を重ねられることは理想ですね…
私も夫の母を最期介護し、みおくりましたし、実母は現在進行形です。
自分も老人の仲間入りしましたので、常に先々を考えます。
でも何とかなら~~な~!です。
毎日ニコニコできるようにしたいと思います。

Commented by maribabalondon at 2015-10-08 03:31
カリブチャイさま

そうですね。ピップは死に掛けていました。
そのとき大丈夫と言ってくださったのを覚えています。
ステロイドの副作用で、食後でも空腹を感じ可愛そうなようです。
早く良くなって欲しいけど、今回は後遺症は残ると思います。
<< これがきっと最後の旅・・・ Norfolk  よく歩くな~ >>