<< きっとこれが最後の旅  入れ歯事件 またピップが・・・・ >>

これがきっと最後の旅・・・

        主人の両親と義妹が先週来ていた。妹は2泊のみで両親は1週間の滞在。

        義母がどうしても息子に会いたい、スコットランドに行きたいという希望を聞いて、
        義父が約8時間運転し、義妹が道中手助けをしやっと到着しました。

        つまずいて転んでからというものは、プッシュチェアーを使わなくては動けない。
        座席から立ち上がるににも、大層な時間がかかる。

        妹の手際の良さ・・・私は荷物を運んであげることしかできない。
 
f0179059_224322.jpg
 

        翌日は、対岸にある、Inveraray Castle に、家からたったの20分。
        このお城はDounton abbeyの撮影にも使われたんですって。
        もう2度ほど行っているのですが、以前よりも展示のレイアウトなども洗練されている
        ように思えた。 しかし、こんな時に限ってカメラを忘れるなんて・・・
        義母のために入り口で車椅子を借りて観覧。
        観覧後、ティールームとトイレに行く、これがまた大変。
        カーブになった階段を上り下りしなくてはならず、できないという義母を妹と私とで支え
        ながら連れて上り下りした。気がつくと、沢山の人が通れず前方にも後方にも・・・・
        過激な刺青のハンサムな青年が、親切に車椅子を運び、お城の正面入り口に返却ま
        でしてくれたのでした。
        義妹は、よくがんばったわね。その調子と義母を励ます。
        その後、義妹と私はこの町で買い物。妹は義母のためにカシミアのセーターとスカーフ
        を買った。なんと幸せな義母。

        幸いにも、お天気続きで、外はまだかなり明るい。
        家に戻り、リラックス。妹もお父さんもお疲れさまです。乾杯!
        
        翌日も義母の希望を聞きまた出かけたのでした。


        「入れ歯」事件で大騒ぎ・・・・続く。


   ____________________________________


        

            
                
[PR]
by maribabalondon | 2015-10-12 02:52 | スコットランド | Comments(4)
Commented by kuukau at 2015-10-12 10:57
お疲れさまでした。
親孝行なさってご主人はお喜びでしたでしょう。
若い頃と違ってこちらも体力がなくなってるので体の不自由な方のお世話はキツイね。ミッション終了〜笑
Commented by karibu-chai at 2015-10-12 11:17
本当にお疲れ様でした。
年老いても、ご夫婦が一緒に慣れたところで生活するのが、
一番だと思いますが、こうして身内が少なからずサポートして
ご希望に添えるようになさることは、色々大変ですが、
ご両親もきっと嬉しかったことと思います。

なんでもなかったことが出来なくなる…ご本人が一番お辛いでしょう。
でも義妹さんもありがたいですね。
勿論真理子さんもお偉いです。
当たり前のことが、中々出来ない今の世のなか。
私も自分が動けなくなったら?と亡くなった義母の介護の時も、
現在進行形の隣に住む実母のことにも重ね合わせて、老いるということを
色々を考えさせられます。が…もうすでに介護保険を払っている身分ですので、遠くない将来だわ!



Commented by maribabalondon at 2015-10-13 02:47
空子さま
私よりも義父が大変だと思います。
しかし、転ぶというのは怖いですね。
Commented by maribabalondon at 2015-10-13 02:50
カリブチャイさま
あっという間にこの年ですから、両親の年齢にはそう遠くはないですね。
自由に動けないことで、義母はいらだっています。
でも、身内が近くにいるということは、本当に幸せなことですね。
<< きっとこれが最後の旅  入れ歯事件 またピップが・・・・ >>