<< 電話もインターネットも不通に・・・・ きっとこれが最後の旅  入れ歯事件 >>

She's my girl

    義両親滞在の前日、お気に入りのレストランに行った。
    レストランはやはり湖の前、夜の7時半にはもう薄暗くなっていた。
f0179059_824158.jpg

    まずは、こちらで会話を楽しみながら、軽く一杯。
f0179059_8253246.jpg


    オーナーが変わって、メニューもインテリアも変わっていた。

f0179059_8471096.jpg

    テーブルに移ると、蜀台はヴィンテージの本。
    Lady Chatary・・・
f0179059_848448.jpg

f0179059_902894.jpg

    数人のシェフがお料理を運んでくる、そしてお料理の説明をしてしてくれる。
f0179059_91514.jpg

    ところが、えー、これが?と思うくらい全く意外な材料・・・
    グリーントマトをピーマンだと言い張る義母・・・
    モダン過ぎて、好きになれないようだ。

f0179059_934752.jpg

    食材、なぜか全く覚えていない・・・・  でも美味しかった。
f0179059_94109.jpg


    食事を終えて、駐車場までがこれまた大変。レストランのマネジャーが、階段のない
    キッチンからどうぞと言ってくれた。義母がプッシュチェアーにつかまり、主人と義父が
    両脇に立ち一緒に歩く、支えるといやがる義母・・・「ゆっくりで大丈夫だよ。」と義父が
    言う。
    やっとの思いで車にたどり着き、家に戻った。

    義母は、認知が始まっている。
    色々なことに不満を言う 特に、お料理全てに文句を言うようになった。
    家には住み込みのヘルパーさんがいるのだけど、お料理が上手。
    
    ところが、そのお料理にもケチをつける。あんなやさしかった義母が・・主人も私もそれを見て
    びっくり!
    どうしても認知からきているとしか思えない・・・・お料理上手だった母の嫉妬なのか?
    
    その他にも色々あるようだけど、義父の辛抱強さには驚いた。
    主人も義父の辛抱強さに感心している。
    
    義父が主人に「She's my girl」と言った。(主人に、おい、聞いた今の言葉!と心で叫ぶ)

    思わず涙がでそうになった。

     _________________________________
    
[PR]
by maribabalondon | 2015-10-16 09:51 | スコットランド | Comments(10)
Commented by kuukau at 2015-10-16 16:55
「She's my girl」良い言葉。
わたしもうるっと来ました。
認知症の患者には肯定するのが大切らしいよ。本人も何かを感じてるから否定されると症状が進むそうです。
青トマトをピーマンだとおっしゃるなら「そうね、ピーマンね」と相槌をうって差し上げて〜態勢に影響はないことだし。
Commented by maribabalondon at 2015-10-17 00:51
空子さま
本当にうるっときました。
やはり、本人何かを感じているのでしょうね。
違うとむきになってはいけませんね。
勉強になりました。
Commented by kitaoni at 2015-10-18 11:53
お義父さま、なんて素敵なんでしょう。
素敵に歳を重ねていらっしゃるのですね。
お義母さまも安心して我儘になれるのでしょうね〜
胸がいっぱいになりました。
Commented by karibu-chai at 2015-10-18 11:55
私も涙が出ました。。。長年連れ添った夫婦愛ですね。
お義父様の優しそうなお顔…お義母さま、お幸せですね。
美しい姿だと思います…
私はこの世で一番美しいのは年を取ったご夫婦が手をつないだりして
仲良くしている姿だと思うと…以前maribabaさんにお話したことが
あったように思います。
どんな状況で自分も年を重ねていくのだろう?と思わずにはいられません。

Commented by maribabalondon at 2015-10-18 20:56
kitaoniさま
義父最近とみにやさしくなりましたよ。
だから安心して、わがままも言えるのですね。
ここまで、一緒に連れ添ってきた、その間には色々あったと思います。
義父は素晴らしい。
Commented by maribabalondon at 2015-10-18 21:00
カリブチャイさま
今年の3月の結婚60周年の記念パーティーでは、義父が
詩の朗読をし、途中で言葉が詰まりました。
長い結婚生活には色々なことがあったと思います。
カリブチャイさんが、イメージしたものに向かって生活していけば
そのようになるのではと思います。私もそうするように努力します。
Commented by aomeumi at 2015-10-27 08:23
青目
爪の垢・・・ぜひ、お送りくださいませ。かしこ
Commented by aamui at 2015-10-28 07:36
そうね・・・・・です<m(__)m>
Commented by maribabalondon at 2015-10-29 23:57
aomeumi さま
爪の垢たまりましたら、熨斗袋に入れてお送りいたしますが、
こちらで爪の垢ためるのに精一杯です。
Commented by maribabalondon at 2015-10-29 23:58
aamui さま
上記コメントのとおりです。良い垢はなかなか溜まらない
ものですね~。
<< 電話もインターネットも不通に・・・・ きっとこれが最後の旅  入れ歯事件 >>