<< 誕生日の日に 犬のバスタイム >>

雪の日、そして大好きなご近所さんの犬達

        日本は大雪のところも多かったらしいですね。
        こちらも先週の土曜日は雪でした。
f0179059_5261259.jpg

        翌日、地面が凍っていて危険なので、できるだけ草の上を歩きながらの散歩をした。
f0179059_5251873.jpg


        2日後はほとんど雪は解けていた。
        ここ以外は・・・・ハート型。
f0179059_5384854.jpg


        朝、夕とご近所さんの犬が散歩で通る。
        ラブラドールのボニーと、ラブラドールとシープドッグの混じりのチャーリだ。
        チャリーはシェルターからの保護犬で(こちらではレスキュードッグと呼ぶ)
        もらわれてきた当初は、おどおどしていたけど、今ではどんな犬よりも活発になった。
        ボニーはかなり年上の体重オーバーのメス犬だったけど、チャリーが来てからは 
        よく一緒に遊び、体重も減りスリムになった。

        今日も家の前をとおりかかり、写真を撮ろうとしてもじっとしていないので、こんな
        ふうになってしまう。これでは、カラスか犬か分からない。
f0179059_5503922.jpg
 
        ピップにもご挨拶。
f0179059_61778.jpg

        
        やっと落ち着いた。この後私を見て塀を乗り越えて会いにきてくれるのでした。            
f0179059_5541814.jpg
 

        レスキュードッグがこんなに幸せになって、本当に嬉しい。

        
      _______________________________      

        
[PR]
by maribabalondon | 2016-01-22 06:09 | スコットランド | Comments(10)
Commented by kuukau at 2016-01-22 09:14
友達もブリーダーに処分される前の犬を2匹引き取りました。
散々赤ちゃんを産まされて、ボロボロになってたトイプードルです。
ケージから出たことがなかったので、外に出すと震えてた。
今は大切に育てられてるので幸せそうよ。
Commented by maribabalondon at 2016-01-22 10:28
空子さん
姪っ子の家で引き取ったフレンチブルドックもそう、繁殖犬として使われ
体はぼろぼろケイジから出たことがなく、やはり外に出そうとすると
がたがた震えていました。引き取られて幸せな最後を迎えました。
ブリーダー・・・どんな神経しているのか考えてしまいます。
Commented by karibu-chai at 2016-01-22 23:09
こちらは、本当に寒い日が続いていて、月曜日に降った雪も日影は未だ
溶けずに大分残っています。
ピップちゃんも元気そうですね。

ワンちゃん達の一生も、人間に左右されますね…
介助犬や警察犬など…人間のお役にたてて…その後ご苦労様・・とゆったり
一生を終わらせてあげたいですね。。。どのワンちゃんも…
Commented at 2016-01-22 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kitaoni at 2016-01-23 00:23
そちらも寒そうですね‼︎
ボニーとチャリー、のびのびとして幸せそうですね〜
ふふ ほんとピンがぶれて二羽のカラスみたい‼︎
ピップちゃんの良いお友達ですね!

Commented by Yoshi at 2016-01-23 19:15 x
一日おくれでした、
誕生日おめでとうございます。
Commented by maribabalondon at 2016-01-23 21:28
karibu-chai さま
そうですね。ペットは飼い主により人生が左右されます。
虐待をするためペットを飼う恐ろしい人間もいます。
悲しいです。
Commented by maribabalondon at 2016-01-23 21:29
鍵コメさま
お疲れが出たのいだと思います。
ご自愛くださいね。
Commented by maribabalondon at 2016-01-23 21:31
kitaoniさま

特にチャリーは驚くほど活発です。もう可愛くって!
Commented by maribabalondon at 2016-01-23 21:32
Yoshiさん
お誕生日おめでとうございます。
お互いに今年も楽しく過ごしましょう!
<< 誕生日の日に 犬のバスタイム >>