<< 別れ・・・ 湘南ファブリックと羊毛作品展 >>

母に会いに

           母に会いに、妹のところに行ってきた。

           母のディサービスの送迎車を待ち、迎えに出た。
           やっぱり私を覚えていなかった・・・。
           昨年は、私を思い出したのは2日目になってからだった。
           今年は全く思い出さなかった。でも私が誰だかわからなくても、安心できる人だと
           いうことは、分かるようだ。
           私のことだけではない。介護してもらっている妹のことも、今は施設のおばちゃん
           だと思っているようだ。
           しかし、遠い昔のことを聞いてみたら、驚くほど覚えている事柄もあった。

           翌朝母をディサービスに送り、その足で妹と犬の散歩に出た。
           運動不足の私、歩かなくては。
           犬の洋服はもちろんのこと、当人の散歩服、糞キャッチャー、尿の道路洗浄
           道具入れ等、全て使い勝手が良いように、妹の手作りしている。
           
f0179059_1382069.jpg

           近くの公園を過ぎ、どんどん歩く。

f0179059_1392616.jpg

           必死で後に付いて歩く。しかしよく歩くな・・・

           違った公園に到着。
           春を感じる。
f0179059_1514422.jpg

           水飲み場の蓋は鳥の模様入り。
f0179059_1544218.jpg

           背中指圧ベンチ 
f0179059_153448.jpg

           これは?  足をひっかけて、腹筋運動用だそう。        
f0179059_1442838.jpg

           背中を乗せて反らせる。両サイドから使える。
f0179059_20618.jpg


           いつもは午前、午後とも一時間たっぷり歩くらしい、そして私のために
           ゆっくり歩いたそうだ。

           犬がいると面倒なときもあるけど、一緒に歩く楽しさプラス運動になる。

           母は今91歳、食もだいぶ細くなっている。来年はどうなっているのだろう。

           たとえ私を覚えていなくても、後悔のないように短時間でも一緒に過ごしたい
           と思った。
           ちょっと短時間過ぎ物足りなかった・・・・。

                     
           
       ________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-26 02:31 | 日本 | Comments(10)
Commented by aomeumi at 2016-03-26 13:11
青目
そうですか・・・去年は覚えていらしたのに・・・切ないですね。母も、昔話をよくしてくれました。いい思い出です。
いいところですね。なんだか日本ではないような・・・視線が違うのでしょうね。
Commented by karibu-chai at 2016-03-26 18:42
maribabaさんの事、昨年は思い出されたのに、
今年は忘れてしまわれたのは寂しかったですね…
91歳ですか…せめてお元気で再会できますように…

ワンちゃんの散歩された公園は、とても素敵な公園ですね。
ミモザも綺麗に咲いていて、ベンチもただ座るだけでなく、
健康ベンチですね…水飲み場もおしゃれです。。
どこかしら??
Commented by maribabalondon at 2016-03-27 01:51
青目さま
一年経てば、さらに認知が進むのですね。
覚えなてくて当たり前かもしれません。
一緒に旅したことも、イギリスに来たことも、
すっかり忘れています。でも来年も元気な顔を見たいです。

この散歩の場所は、横浜磯子区です。坂が多く大変ですが、
とても良いところです。

Commented by maribabalondon at 2016-03-27 02:00
karibu-chai さま
お母様は認知症ではなかったことが、子供孝行だったと思います。母が私を覚えていなくても、私のことを身近に感じています。それでもいいです。
歩くことは認知予防にも繋がるといいますので、
妹にはかないませんが、毎日ピップと一緒に歩きます。


Commented by kuukau at 2016-03-28 00:36
背中指圧ベンチ、可愛い〜
母は89歳、」私のことだけは分かってます。
弟、妹は年に数回しか会わないので、自分の弟になったり見知らぬおじさんになったりw
でも穏やかに笑ってるので良しとしてます。
母が幸せならそれが何よりだと思ってる。
Commented by maribabalondon at 2016-03-28 04:05
空子さま

お母様は誰だか覚えていなくても、やはり安心できる人だということはお分かりなんですね。それでいいですね。
この公園のベンチ見て、私たちくらいの年齢の人も含めて
ここにはお年寄りも多く来るのだと思いました。
よいアイディアですね。感心しました。
Commented by kitaoni at 2016-03-28 14:07
一年で認知は進むものなんですね〜 切ないですね。でも安心できる人とわかっているのは、やはり親子ですね。
94の義母はご飯を食べた事は忘れる事が有っても一応私の事は忘れてはいないようで........ ふふ 毎日ご飯を作る人ですからね〜
実の母なら我慢できる事も義母だとカンに触ることも有ったり....... 人の気持ちって複雑ですね〜
最近はお昼寝ばかりしているので干渉しないで気儘にしてもらっています。

Commented by maribabalondon at 2016-03-28 22:40
kitaoniさま
義母さまのお世話をなさっていて感心いたします。
妹は毎日食事の支度をしていても、施設のおばちゃんだと思われています。なので私にも妹にも敬語です。
来年はどうなっているのでしょう・・・
Commented by aamui at 2016-04-02 21:52
素敵なミモザの公園!(^^)! 色んな工夫が自然に運動したくなるようにありますね

脳の不思議 ほんとにいろいろな症状があり 考えさせられますね まだ神様にお任せするしかない世界です 私は筋肉は正常ですが 動かすコンピューターが故障しています
Commented by maribabalondon at 2016-04-03 01:47
aamuiさま
この公園の工夫は素晴らしいですね。

結婚をして2人の子供をもうけ、幸せな家族だったのに、
ご主人が40ちょっと過ぎで重度の認知症になってしまった
話を主人から聞かされました。
体が不自由なことはもちろん大変なご苦労がおありだと思いますが、認知症が重度の場合は、生きている意味がどこにあるのだろうと考えてしまいます。
<< 別れ・・・ 湘南ファブリックと羊毛作品展 >>