<< 買わなくても楽しいお店巡り 散歩と夕焼けと苔と・・・ >>

義理の両親のところへ。

     
         数週間前に義理の両親のところに行った。

         義母は転んでから、認知が始まり何度も同じことを聞いたりするようになった。
         でも、私の母と比べたら認知度はまだまだ軽い。

         住み込みで介護をしてくれる人達が、約3週間交代で来てくれる。
         その中の一人のターシャは、明るくてお料理がとても上手だ。
      
         義母は最初、ターシャのお料理にケチをつけ、失礼な態度をとり、私達を驚かせた
         けど、そういうことはもう無くなった。
         今から思うとあれは、長いこと続けていた自分の仕事を取られたことへの戸惑いと
         嫉妬だったのだと思う。
                  
         ピップを連れて散歩に出た。

f0179059_3311517.jpg

         農場を通り抜け、  
f0179059_3282840.jpg

         ぐるりとヴィレッジを一周して歩く。

f0179059_327548.jpg


f0179059_333578.jpg

         かやぶき屋根の古い家が多く、このヴィレッジは本当に美しい。
         散歩していても飽きない。
f0179059_334245.jpg
 

         家に戻る。

         義母の一日の日程は決まっていて4時はお茶の時間。
         ターシャの美味しいお菓子をいただく。

         夜、この日はカレーだった。 なんと美味しい~。
         
         ターシャの仕事は多い。

         夜寝る前に義母のために、ふとんの中に湯たんぽを2つ入れて・・・

         朝はポーリッジとコーヒー・・・、昼は・・・ そして義母を庭まで歩かせる。
         
         こうして自宅でしっかり介護してもらえる、義母はなんと恵まれている人だろう。

         
         明日は、車で10分ほどのところにある、町に出てみることにする。         

          
       _________________________________


  
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-30 03:59 | England | Comments(12)
Commented by aomeumi at 2016-04-30 10:31
青目
いいところですねぇ・・・散歩が楽しそうです。人の気配や、生き物のいないところは、歩いていても詰まりません。この小さな家がまたいいですね。
Commented by karibu-chai at 2016-04-30 13:37
認知症の人にも、愛情深く接すると気持ちが和らいで、
色々いい効果が出ることは知られているのですが、
先の見えない介護の仕事は、中々頭でわかっていても
サポートしてくれたり、理解してくれる人がそばにいないと、
介護をする方もいっぱいいっぱいで、中なか余裕のある
思いやりの態度で接することが出来ないですね…
でも、家族でなくこのような素晴らしいヘルパーさんが
お世話くださると、きっちりビジネスで割り切り、
いい感情で接することが出来ると、家族も介護される方も
いい循環になれていいですね。
本当に相性のいいヘルパーさんに当たって・・幸いでしたね。
施設もいいですが、長年住み慣れた場所で介護を受けられば、それに勝るものはないでしょう…
気持ちだけではどうしようもできない介護の問題!
自分も70近くなり、母や義母に関わって…見送った
身ですから、身につまされます。
お義父さんのお義母さんへの愛情”my girl"に込められている
想いが一番ですが、でも気持ちだけでは、看られません…
こうした心のこもったヘルプやサポートが受けられる
高齢者は幸せですね…


Commented by momoko at 2016-04-30 17:02 x
まったくkaribu-chyaiさんの言うとおりです。
わたしは、自分の気持ちの持って行き方に苦戦します
頭で分かっていても、感情というものもあるので
なかなか理想の様にはいかないのが、現実です
Commented by kitaoni at 2016-05-01 09:06
我家の義母も同じことを繰り返すこと多くなりました。
あぁ〜我家にもターシャが欲しいです〜
Commented by おちゃ at 2016-05-01 15:57 x
美しい風景ですね。これ、スコットランドではないですね、きっと。
イングランドですよね。私はこういう風景を見ると、トロトロと
溶けてしまいそうになります。

私も一昨日、母と会っていました。服薬をちゃんとしていると
それほど深刻ではないが、それでも時々ヘンなことを言います。
もともとちょっとわがままなので、ヘルパーさんを困らせたり。
でもそういうことと付き合っていかないと仕方ない。
Commented by Yoshi at 2016-05-01 16:23 x
典型的なサウス イングランドのかおもむきですね、この辺りに引越しにしようと思ったのですが諦めました。
綺麗に管理された家々は 見て歩くだけでも保養になります。

ガーデニングは健康のためにも励んでください。
Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:07
青目さま

そうですね。生き物がいないところはつまらないですね。
かやぶき屋根の家は、見ているぶんには素敵ですが、
25年位ごとに屋根を取り替えなければならず、保険料も高く、お金がかなりかかるそうです。
あー、また現実的になってしまった。
Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:14
カリブチャイさま
おっしゃるとおりですね。
気持ちだけではどうしようもできない介護の問題・・・

カリブチャイさんの場合は義母さんとお母様の2人を介護しましたものね。大変さはよく分かりますよね。
義母は本当に幸せ者です。
Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:18
momokoさま

介護の大変さは、本人でないと分かりませんよね。
感情の持っていきようがない・・・それが一番の苦悩だと
思います。
介護していない者が、なにを言っても介護するものには通じませんね。思いやりで言ったつもりが・・・全く裏目に出てしま
うことが多いです。
Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:23
Kitaoniさま

義母さまの介護はなお大変だとお察しします。
認知が始まると、話相手になることも難しい・・・
ターシャのような人を国が与えてくれればいいのだけど、
今は認知が始まった子供が、認知症の親を介護する・・・
そんなこともあるそうです。

Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:33
おちゃさま

そうです。イギリスの田舎はロマンティックで素敵です。

おちゃさん、また新幹線に乗ってお母様に会いに行かれたのですね。やはり薬は必要ですね。

母に認知が始まったとき、大学病院に行き認知症が進まない
ように、薬をと言ったら、スキャンしたら、母の年齢では
普通ですと言われ、薬を出してくれませんでました。
あの医者を恨んでいます。
あのときから服用していたら、今のようにひどく進行はしてい
なかったのに・・・

Commented by maribabalondon at 2016-05-01 20:39
Yoshiさん
この辺に住めたらいいですね。憧れます。
主人のスコットランド好きは、祖父母のところに子供の頃よく遊びに行った楽しい思い出からです・・・
私はイギリスの田舎が好きなんだけどな・・・

庭仕事、特にここはワイルド過ぎて大変です。でもなんとかしなくては。
<< 買わなくても楽しいお店巡り 散歩と夕焼けと苔と・・・ >>