<< ピップの持病 11月のスコットランド >>

バグパイプ

            
      近くのタウンセンターで、Fred Morrisonという有名なバグパイプ奏者を招いて
      演奏会があるというので行ってきた。

      スコットランドに住んでいても、まだ一度もきちんとしたバグパイプ演奏を聴いたことがない。

      主人を誘ってみたが、バグパイプには、Dynamic rangeがないから飽きるので行きたく
      ないという。

      Dynamic rangeって?と聞くと、Change Volume 要するに他の楽器と比べて
      音の強弱がないということだ。
      そういわれてみればそうかもしれない。

      でも一度は行かなくてはと、ご近所のイアンと彼の甥っ子と3人で行ってきた。

      まずは子供たちの演奏から。

f0179059_1129245.jpg

      そして、Fred Morrisonの登場。
      てっきり、キルトをはいていかにもスコティッシュという出で立ちで、と思ったら、ジーンズ
      だった。

f0179059_11295153.jpg


      音の大きさに驚いた。

      でも、やはり10分もしたら、正直、飽きてきた・・・

      休憩時間に入り、サンドイッチやケーキなどが準備された部屋に行く。
      全て美味しかった。
      イアンに、楽しんだか?と聞かれ、もちろんと言った。

      また演奏が始まった。今度は青年が、スコットランドの歌をゲイリック語で歌った。
      途中で音が合わなくなり、「あれ、あれ?」と何度も言って歌いなおしていた。

      またFred Morrisonの登場。

      演奏が終わり、イアンにまた「楽しかったかい?」と聞かれ「楽しかった」と答えた。

      「ちょっと飽きた」だなんて言えない。だって彼はFred MorrisonのCDも買っていたから。

     
____________________________________________
     
      
[PR]
by maribabalondon | 2016-12-05 11:47 | スコットランド | Comments(10)
Commented by Yoshi at 2016-12-06 01:47 x
バグパイプ嫌いな人は多いですね、
今年の夏やってきたスコティッシュ duoはハープやフルート、ピッコロ、歌と色々趣向を変えて所々にバグパイプを入れていたのでけっこう楽しめました。
バグパイプばかりだとうるさすぎて飽きてしまいます。
Commented by maribabalondon at 2016-12-06 07:25
Yoshiさんもそう思うのね。確かにバグパイプだけだと
飽きてしまいます。今回はピッコロ、とアイリッシュの楽器
を混ぜていました。他の楽器も混ぜるのは、バグパイプは肺活量がかなり必要なので、だからかな?とも思いました。
バグパイプ演奏は、行進にはいいかもしれませんが、何時間も聴くのはどうもね。
Commented by karibu-chai at 2016-12-06 18:30
スコットランドと言えば、バグパイプと思いますよね…
私もエディンバラに行った折、街中のいたるところで
バグパイプの奏者が吹いていました。それを聞いた時は、
あ~スコットランドに来たんだな~と思いましたけど、
舞台でジ~~っとして演奏は、確かに10分以上は
飽きるかも…バグパイプを演奏しながら外を行進して
いるのは、中々いいものですが…

でも調べてみたら、バグパイプはスコットランド特有の
楽器ではないようです…他の国でもあったので、ちょっと
ビックリしました。

Commented by aomeumi at 2016-12-08 13:51
青目
ふふ・・・言えませんねぇ。ブルターニュ辺りにもあって(多分、スコットランドから来た人)結婚式なんかに呼ばれますね。そういう時は、なかなか楽しい…演奏会となると、どうかしら・・・ですね。
Commented by maribabalondon at 2016-12-09 08:47
カリブチャイさま

行進での演奏はなかなかいいものですよね。
だって通り過ぎるし。
そう、私もパグパイプは、スコットランドだけかと
思っていたら、主人がアイルランドもだと聞き、
以外でしたが、この日のアイルランドの楽器、あれが
パグパイプだったのだと後で気がつきました。
吹奏楽器ではありませんでした。
Commented by maribabalondon at 2016-12-09 08:50
青目さま

ブルターニュにもスコティッシュが。
特に海外では、スコティッシュらしく、キルトを履いて
演奏したほうが受けますね。パーティではひっぱりだこではと思います。
Commented by kitaoni at 2016-12-12 00:51
バグパイプの演奏会ですか⁉︎
聴きに行った事ないですね〜 ホールだと身体に響かそう!
広い野原かなんかで聴いたら素敵そうですね〜
Commented by おちゃ at 2016-12-14 06:33 x
子供達よりもカジュアルな出で立ちで登場した本人。長時間は退屈だったかもしれませんが、たまには私も生で聴いてみたい。1987年7月(ずいぶん前)たまたまクルマで訪れたエジンバラ。バグパイプがたくさん鳴ってました。偶然なんですけどね。いい天気だったな。
Commented by maribabalondon at 2016-12-19 09:35
kitaoniさま

そうですねバグパイプは行進や、草原で聴くといいですね。
やはり会場でのコンサートでは、違う楽器の演奏がいいと思いました。
Commented by maribabalondon at 2016-12-19 09:41
おちゃさま

私もかなり昔、エジンバラを訪づれたとき、あちこちで
バグパイプのバスカーを見かけました。
ああ、ここはスコットランドだ、と思ったものです。
私のGPの看護婦さんは、バグパイプ演奏の審査員なんです。
毎年その方が主宰しているようです。素敵な看護婦さんです。
<< ピップの持病 11月のスコットランド >>