<< 18歳と81歳の違い・・・ある... 1月の天候   哺乳類と食 >>

ペットの幸せ度

       このところ曇り、時々雨の繰り返し。
       暖冬で、ずっとロンドンよりも暖かい日が続いている。
f0179059_10184124.jpg
  


        長いこと見かけなかったご近所の(といっても1マイルほど離れている)
        ドロシー(左)に散歩の途中で会った。
       我々の家の前は車が通らないので、リードも必要なく犬の散歩には最適なのだ。 
f0179059_921457.jpg

       しばらく見かけなかったのは、ドロシーの飼っていたボーダーコリーが突然死んでしまった
       からだ。まだ若い犬だった・・・・その頃は頻繁にここに散歩に来ていた。
              
       おや、またボーダーコリーを連れている・・・また飼い始めたのかと思ったら、ご近所の
       犬を預かっているとのこと。活発で気立ての良い犬だった。

       右の女性は最近ドロシーの家の近くに引っ越してきた学校の先生。
       彼女のこの栗色の毛の犬は、シェルターから来たメス犬で、まだ3歳。
       活発で幸せそうだ。
       どういうわけか、この仔がピップにしつこくつきまとう。
       いつもと逆・・・・嬉しいはずのピップが、なぜかうっとうしそうにしている。
       相手が若すぎて疲れるのかしら? 
f0179059_10142994.jpg

       なので、この若い仔ちゃんをこちらに呼んでみた。人なつこくてなかなか可愛い。
       シェルターにいたときは、やはり、怯えた様子だったという。
       幸せになれて良かったね。         

f0179059_9552196.jpg


       今日、郵便配達の犬好きダンカンが小荷物を持ってきた。
       ダンカンはピップにいつもビスケットをくれる。だからピップはダンカンが大好きなのだ。

       ドロシーの連れていたこのボーダーコリーの話をすると、この仔は、いつも配達に行く
       と、ウー、と唸り威嚇するそうだ。

       ところが、ドロシーのところに預けられてからは、その威嚇もなくなったそうだ。
       きっと、ドロシーの家にいたほうが幸せなのだと思う。
       飼い主でペットの幸せが決まる。
       どうか、ドロシーのところに飼われますように。

       _____________________________
         
[PR]
by maribabalondon | 2017-01-18 10:40 | 犬/その他の動物 | Comments(10)
Commented by aomeumi at 2017-01-18 14:40
青目
あぁ、いいお話ですね。こうして幸せになっていく犬を見ると、本当にうれしいです。郵便配達の人は戸口までしか来なくても、いろんなことが分かっているのかもしれません。ふふ・・・ピップがうっとうしそうに・・・好みはあるものですね、若いからいいってものじゃない。さすが紳士・・・。
Commented by karibu-chai at 2017-01-18 16:01
本当にそうですね。
飼われるお家で、ペットの幸せ度は確かに変わると思います。
どのペットちゃん達も幸せな一生が送れますように…しかし、
犬だけではなく、特に予想より大きくなりすぎて捨てて
しまったりして、生物系を乱すようなこともありますね。
飼い主のモラルの問題と言えばそうなのですが、やはり命を
大切に愛おしむ…はぐくむといった感情が大事かなと思います。

ワンちゃんといえども色々個性があるので、何とも言えませんが、
好き嫌いはあるでしょうね…でも、人間の場合、
本当にその子が好きか嫌いか…ワンちゃん達には
わかるのでしょう…

Commented by fran9923 at 2017-01-18 18:34
なるほどね〜〜。
それは面白いですね。飼われた家の主次第ということなのでしょうか。
確かに犬は飼い主を見て育っていますものね。
我が身を正さなくっちゃ!!
Commented by maribabalondon at 2017-01-19 06:35
青目さま

幸せになったペットを見るのは、本当に嬉しい。
良かったねと抱きしめたいくらい。
この辺は、番地というものがなく、家の名前のみ、だから郵便配達の人も覚えるのがさぞ大変だと思う。しかもAllt-何とか
(私たちの家もそう)が多くて、慣れない配達員さんはときどき間違える。吠え付く犬もいることだし、ビスケットはいいかもしれない。
間違える。
Commented by maribabalondon at 2017-01-20 06:23
カリブチャイさま

一度飼ったペットはよほどのことがない限り
手放してはいけないと思います。
恋人ができたから・・・子供ができたから・・・
大きくなり過ぎたから・・・よくほえるから・・・もってのほかです。
最後まで愛情を持って一緒に生活して欲しいです。


Commented by maribabalondon at 2017-01-20 06:26
fran9923
フランはとても気立てのよい仔だと思います。
愛情いっぱいに育てられ、幸せですね。
多くのペットが、そうなるといいのですが・・・。
Commented by kitaoni at 2017-01-20 23:11
飼い主でペットの幸せが決まる。
そうなんでしょうね〜
飼い主に幸せをくれるペットですからペットも幸せを感じてくれていると嬉しいですね。でも、きっと犬って健気ですからどんな飼い主でも大好きなんでしょうね〜
Commented by おちゃ at 2017-01-21 17:38 x
犬の相性は不思議なものですね。
相性の良い子もいれば悪い子もいるし、
時間の経過で良いものも悪くなったりする。
うちも数多く経験しています。
Commented by maribabalondon at 2017-01-22 03:04
KItaoniさま
虐待するために飼われているペットもいるそうです。
それでも飼い主のそばを離れないそうです。
人間の場合も同じ状況の子供が数多くいると聞きます。
悲しいですね。
Commented by maribabalondon at 2017-01-22 03:09
おちゃさま
犬はもう何匹も飼った経験があるのですか?
犬同士でもメスとオスだから相性がいいというわけではありませんよね。ピップ、いつもメス犬にしつこくして、いやがられるのですが、なぜか今回は・・・分かりません。
<< 18歳と81歳の違い・・・ある... 1月の天候   哺乳類と食 >>