<< 寒い春 パスポート更新 >>

広告

  クリスマスシーズンには、お洒落なシャネルの香水の広告が表紙になっていたが、
  今日、イースターの新聞折込雑誌の表紙はこちら。
       
  冷蔵庫の扉の上部を開くようになっている。

 
f0179059_21364692.jpg
    HEINZマヨネーズの広告。
    扉を開けると・・・
    そんなに驚くほどではないけど、マヨネーズは日本ではキューピー
    このイギリスではHELLMANN'Sが主流。
    じゃあ、次回はHEINZを試してみようかという気になった。
    
f0179059_21370247.jpg
____________________________________
    雨、晴天、雨、強風とめまぐるしく変わる天候が続いています。

    庭仕事がはかどらない・・・

    それでも、必死に手ごわいシダの株を掘り返して、やっとここまで。
    あともう一歩。
f0179059_21512609.jpg
    ヘザーのシーズン

f0179059_21530102.jpg
     手入れもしていないので、形が悪いけど、花が咲くと嬉しいな。
f0179059_21534344.jpg
    つつじもつぼみを持っています。
    早く暖かくなって欲しい。
    
  _________________________________


  

[PR]
by maribabalondon | 2017-04-15 21:57 | Comments(14)
Commented by Yoshi at 2017-04-16 03:25 x
サタデー テレグラフ ですか、
プロパティー セクションがサンデー タイムスと共に良かったような気がします。
もうほとんど新聞紙が溜まらない世の中ですね。

ヘザーは北の国の独特な綺麗な花で好きです。
Commented by kitaoni at 2017-04-16 08:12
シダの株は手強そうですね〜
北鎌倉に引っ越して来たころ今はクリスマスローズ一面の山桜の下の斜面にススキがはえていて、その株をとるのに苦労したのを思い出します。

Commented by おちゃ at 2017-04-16 08:43 x
そちらのマヨネーズって日本のとはずいぶん味が違った
ような記憶があります。80年代後半にイングランドに住んでた
頃の話ですけど。今はまた違うのかな。そういう味の違いが
楽しかったです。

ヘザーってスコットランドではそこら中にありますよね。
とても印象に残ってます。また庭との戦いのシーズンに
なりますね。
Commented by aomeumi at 2017-04-16 21:54
青目
わっ、手強そうですね。でも、その後のお楽しみがあります・・・。
ヘザーというのですか ? エリカ・・・ともいいますよね。ポルトガルでは崖に張り付くように群生していました。山のようにいけました。
Commented by maribabalondon at 2017-04-16 23:10
Yoshiさま
そうです。サタディテレグラフです。
ときどきタイムも買います。
サタディテレグラフのマガジンは以前と変わり、
あまり面白くありません。(いつも、英語上達のために
もっと読みなさいと主人に言われます。)
もうインターネットでニュースも詳しく見ることができるので
新聞がたまることが無くなりましたね。
Commented by maribabalondon at 2017-04-16 23:13
Kitaoniさま
すすきも手ごわそうですね。
今ここで、植えたら、後で苦労すると思って、がんばっています。
斜面にクリスマスローズが一面に・・・きれいでしょうね。
真似したいです。
Commented by karibu-chai at 2017-04-16 23:16
スコットランドの厳しい気候の中では、
植物も強くないと増え育って行かないのでしょう…
おのずと手ごわい状況になるのかしら?
厳しく育てられた子は、打たれ強くなるのと同じでしょうか?

世界中、異常気象なんていわれてますが、
生態系も変わっていきますね…きっと!

ガーデニングは、雑草取りや剪定、消毒など…
日常の手入れが結構大変なので、咲いた時の喜びは大きいのでしょうね。
腰に気をつけてガーデニング、楽しんでください!

Commented by maribabalondon at 2017-04-16 23:18
おちゃさま
イギリスに来た当初は、こちらのマヨネーズは美味しくないと
思いました。キューピーマヨが恋しくなりましたが、
その後、数年後、キューピーを食べたとき、「なんて酸っぱいの」と思いました。味覚というのは慣れですね。

酸性の土にはぴったりの、ヘザーをもっと植えたいと思います。
Commented by maribabalondon at 2017-04-16 23:23
青目さま

小さいシダの株は楽に取れますが、株がいくつもまとまって
いるシダは、とても手ごわいです。しかも斜面。

そうですね。エリカとも言いますね。
エリカはヘザーやヒースなどを総称してそう呼ぶのだと思いますが、違うかな?
Commented by fran9923 at 2017-04-17 09:27
なんて可愛いのでしょう。
これが咲いたらなんだかとっても嬉しくなりますね。
シダの株は今のうちですね。頑張ってくださいね。
お手伝いにいけないので、掛け声だけですが。
Commented by kitaoni at 2017-04-17 09:57
ヒースの花というとエミリーブロンテの嵐が丘を思い出します。子供の頃 嵐が丘に出てくるヒースはエリカの花だと兄に教えられました。ヘザーとも言うのですね〜
Commented by maribabalondon at 2017-04-18 04:59
カリブチャイさま

スコットランドは酸性の土ですから、シダがどんどん育ちます。厳しい気候とはあまり関係がないと思います。
よほど土壌に合っているのでしょう。株が小さいうちは取るのも楽ですが、何年も経ったものは、株がくっつき合って増えていきます。大きすぎるものは
いやですが除草剤しかありません。
この庭の土壌の準備は難しい~。


Commented by maribabalondon at 2017-04-18 05:03
fran9923さま
早くかわいい花を見たいです。
今日は幸せそうではない潅木を移動させました。
今度はどうかしら・・・
Commented by maribabalondon at 2017-04-18 05:08
kitaoniさま

そうですね。ヒースの花というとエミリーブロンテの嵐が丘を思い出しますよね。
ヒースとヘザーのスペルが同じ・・・ヒースの花はエリカかもしれません。スコットランドでは、ガーデンセンターで売っているものもヘザーと書いてあります。
調べてみます。

<< 寒い春 パスポート更新 >>