<< 深い眠り 学生時代のPortfolio ... >>

ベットリネン作り

カリキュラムに加える前は、半信半疑だっだのですが、以外だったのがこの
ベットリネンです。とても人気があります。

ドゥーベカバー(ふとんカバー)や、ベットメーキングが楽にできる、ゴム入りの
フィッテッドシーツ。
そして、ピローケースは、プレーンピローケース、オックスフォードピローケース、
フリルのピローケースなどです。
    
    ドゥーベカバー   
    ドゥーベカバーやシーツは、縮小サンプルで作り方を学んでも良いので
    すが、Kさんは、ローラアシュレイのトワルデジュイで実物を作りました。
f0179059_7273092.jpg

    オックスフォードピローケース 
    このピローケースの市販品は略式がほとんどですが、
    教室で作るのは伝統的な形のものです。
    そしてこのテクニックは、他の作品作りにも応用できて凄く便利。
f0179059_7291942.jpg


    プレーンピピローケース
    別名ハウスワイフのピローケースとも言います。
    賢明な主婦が選ぶ実用的なピローケースということでしょうか。
    日本のデパートで見たプレーンピローケースが、ただの筒型なので驚い
    たことがあります。それもけっこうなお値段。
    これは、きちんとピローが出てこないようにできています。
f0179059_7321117.jpg


    フリルのピローケース
    「へ~」と感心する、ソフトファニシングならではのギャザーを寄せる
    テクニック。楽しくなってしまいます。
  
f0179059_7332173.jpg
   
   Kさんの実物セット、ベットリネンへの情熱が感じられます。素晴らしい。


    これはTさんの作品です。
    この美しい凝ったフリルデザイン。
    こんなピローケース、絶対にお店ではお目にかかれませんね。
   
f0179059_7344276.jpg


 まだ、まだ素敵な作品がありますので、またご紹介いたしますね。お楽しみに!
[PR]
by maribabalondon | 2008-09-05 07:52 | Comments(17)
Commented by akinko at 2008-09-05 08:59 x
kさんのもTさんのも、どちらも素敵すぎます~。
Kさんのように、全て同じ布で作るというの、とても良いですね。自分では思いつきませんでした。今日、苦労して裁断を考えましたが、布をもっと素敵なものにして私も全部統一して作ろうかな、と思い始めました。もう一度、布探しの旅に出ようかしら。。。やっぱり、他の方の作品を見ることが出来ると、勉強になります。
Commented by maribaba at 2008-09-05 09:13 x
akinko ちゃん

あなたのも素敵ですよ。

Kさんのは、おふとんカバーの裏側に、やはり白いシーチング
を使っています。
akinko ちゃんもしおふとんのカバーも実物を作るんでしたら、
白いシーチングをメインにして、今日の布を少し使って、一緒
にデザインしましょう。素敵なのができますよ。
Commented by tonkichi-UK at 2008-09-05 14:24
ローラアシュレイの布で作ったベッドリネン・・・ うっとりです。
普段なら敬遠しがちな「フリル」も、ぶりぶりフリルでなく控え目でお上品なフリルで・・・(Tさんの凝ったフリルのもいいですね!)
睡眠時間ってとっても大切なものですし、長時間だし、こういうお気に入りのファブリックに囲まれて休むことって最高のぜいたくかもしれませんね。・・・うちのベッドリネンもそろそろ替えようかなぁー
Commented by k-coco at 2008-09-05 14:37 x
maribaba さん。こんにちは!

ローラアシュレイの布地、優しい色で素敵ですね!
そう!^^
ピローケースもドゥーベカバーも納得のいくデザインにはなかなか出会いません、、、。
以前は私も自分なりに工夫してちょっと変わったカバーを作っていたのですが
大きなものはミシンを踏むのも大変でした。
デパートで見掛けるプレーンピローケースもホント簡単なのにお値段が?^^
フリル=ギャザーは 「へェ~」 なのですね!^^
テクニックをこっそり教わりたいです。

情熱は大事ですね ☆ (情熱いっぱいの職人でした。。。^^)
Commented by maribaba at 2008-09-05 17:43 x
tonkichiちゃん こんにちは。

やっぱりローラアシュレイの布お好きなんですね。
睡眠時間はすごく大切ですよね。
どうせなら、良い夢が見られるような、ベットリネン
で寝たいですよね。

先日、古くなったお布団カバーを、愛犬ピップのおふとん
カバーに作り変えました。ピップねごこち良さそー。



Commented by maribaba at 2008-09-05 17:55 x
k-coco さん。こんばんは。

ベットリネンは裁断が済むと、あっという間に仕上がりますが、
おふとんカバーは大きいので、慣れないと裁断が大変。
やっぱり作業台があるとすごく便利ですよね。

Cocoさんだったら、朝飯前にできますよ。ぜったい!
Commented by karibu-chai at 2008-09-05 21:27
maribabaさん、こんばんは~♪

人間は一生の1/3は寝ているのだそうですから・・寝具にはもっと・もっと
気を遣い、寝心地のよい、心地よいステキな寝具で休みたいですね・・・
ご自分の好きな生地で、手作りしたベッド周りのアイテム達・・・
皆さんお上手ですね・・いい夢が見られますね・・
Commented by まきまきぽん at 2008-09-05 23:28 x
腰痛と不眠がひどかったのですが、
お布団が原因とわかり、大ショック!!!!
直ぐに寝具を買い替えた途端に腰痛がうそのように治りました。
ベッドリネンも奮発してよいものにかえたとたんに、
寝つきが良くなりました。

上質な布って大事ですよね。

そして夢見るために、夢見るような寝具大切ですよね。

皆さんのシーツ素敵過ぎます。
夢のような睡眠時間がおくれそう!!!
日本では絶対売っていないので皆さん、素敵なのをたくさん作って帰国してくださいね。
Commented by maribaba at 2008-09-06 00:05 x
karibu-chaiさん、おはようございます。

お目覚めはいかがですか?
心地よい寝具はやはり、心地よい眠りを与えてくれますよね。
おっしゃるように、人間は一生の1/3は寝ているのですから
もっともっと気を使わなくてはいけませんよね。

やはりどんなに素敵な生地でも、重いものは
ぜったいに皆さんにはお勧めしていません。
寝心地悪いですよ。当然ですがこれはとても重要なんです。
Commented by maribaba at 2008-09-06 00:12 x
まきまきぽん、おはようございます。

腰痛の原因が分かってよかったわね。
とても悩んでいたものね。

ベットリネンに使う布は、やはりシーチングが一番!
でも最近イギリスは手作りの材料がどんどん扱わなくなって
きています。悲しいですね。
Commented by まりぽん at 2008-09-06 00:30 x
Kさんのベッドリネン,ピンクの優しい色合いで素敵ですね!
裏が白いシーチングで上品です~。
優しい女の子のベッドって感じですね♪

Tさんのフリルもかわいい♪
シンプルな生地にチェック(?)のアクセントの効いたフリルがいいですね。

Commented by aya at 2008-09-06 00:56 x
Kさん、ドゥーベカバーの大作作られたのですね!
おそろいのかわいい枕達とコーディネートバッチリ☆で素敵です!

Tさんのフリルもかわいい!
こんな風にチェック柄をいれてみるの、参考になりました。

Commented by maribaba at 2008-09-06 05:30 x
まりぽん

昨日のベトナム料理はおいしかったですか?
こんど私も行きたいです。

Kさんの確かお嬢さんのために作ったのだと思います。
やさしい女の子のベットという感じですよね。

Tさんのフリルデザインもすてきでしょ。
Commented by maribaba at 2008-09-06 05:35 x
aya さん

こんばんは。

やっぱり実物で、ドゥーベカバーとセットで作ると本当に
豪華ですよね。

真っ白やアイボリーのベットリネンにちょっとプリント地
をアクセントにしてもいいですよね。
また、タック装飾を作ってもいいです。

やっぱり、ベットリネンはのめり込みますね。
Commented by まりぽん at 2008-09-06 07:21 x
ベトナム料理,おいしかったですよ!
今度是非先生も一緒に行きましょ~。
Kさんにも教えてもらって,ランチのおすすめメニューはばっちりです。
Commented by elliottyy at 2008-09-06 07:36
こんにちは~~☆
とにかく、私はインテリアが大好き☆
だから家にもかなりこだわってしまいます。(笑)

ドゥーベカバーやピローケースも自分でつくれたら幸せかも~~♪
Commented by maribaba at 2008-09-06 18:45 x
elliottyyさん

そちらの旅行でブログを見ていても、いっちゃんの
インテリアに対する情熱があちこちに見られます。

衣はもちろんだと思いますが、特に食、住 に情熱があるんですね。
<< 深い眠り 学生時代のPortfolio ... >>