2017年 03月 17日 ( 1 )

母に会いに。

  イギリスを出発する前に、妹から、母の容態がかんばしくないと聞いていた。
  
  羽田から妹の家に直行した。  

  微熱もあり、食欲はなく、眼は窪みやつれていて、昨年よりもずっと老いていた。
  
  母がしりもちをつき、痛がるので、妹が行きつけの内科に連れていき、圧迫骨折
  だと診断された。薬の他に腰に湿布を貼ってもらい戻ってきたが、いっこうに良く
  ならず、遠いのだか今度は整形外科に連れていった。
  検討違いところに湿布が貼ってあったらしい。
  それも・・・それを接がしたら因幡の白兎のように皮膚がはがれてしまったらしい。
  年寄りの薄い皮膚にこのような湿布は無茶だと言われ、オブラートのような皮膚
  再生のシートを貼って、皮膚を再生した。見るからに痛そう・・・

  正直、母を見たとき、もうあまり長いことは・・・と思った。今92歳。
  ずっと寝ていると、今度は歩けなく心配が・・・妹の介護のおかげで、
  母はディサービスにもまた行かれるようになった。
  
  その時期に、病んでいた、妹の愛犬が逝ってしまった・・・・

  以前、妹が愛犬と一緒によく行った海の見える公園に、散歩に出た。

  横浜は坂が多く、運動不足の私には堪える。
  やっと公園の入り口にさしかった。フ~。
f0179059_00330909.jpg


f0179059_00365613.jpg
    このベンチ作れそう。
f0179059_00392566.jpg
    これは何をデザインしたものなのだろう?
    
f0179059_00412175.jpg
    向こうから、妹の犬散歩仲間がフー太ちゃんを連れてやってきた。
    
f0179059_00434796.jpg
    今日は。フー太ちゃん。
f0179059_00470903.jpg
    
f0179059_00500244.jpg
    公園を出て、家路に向かう。今度は下り坂のほうが多い。ホッ。
    道々、草花を見ながら歩く。
    この紫色の植物は何でしょうか?
    イギリスでは見かけません。
f0179059_00531702.jpg
    今回はお会いしたかった方々にも会えず、残念したが、母の介護の手伝い
    も少しはできました。

    いま頃日本は桜が咲き始めできれいでしょうね。

    来年、母はどうしているでしょう・・・

   

    


    


[PR]
by maribabalondon | 2017-03-17 01:24 | 日本 | Comments(12)