カテゴリ:クッション( 106 )

どうしてもこれ、フリルのボルスタークッション

               どうしても、このデザインのボルスタークッションが作りたいのです。
               と、日本に帰国間際のTomokoさん。
f0179059_5285286.jpg
               
               今までの作品の残り布を持ってきて、この布と、この布の組み合わ
               せは、どうかな、、、もしくはこれ、、、。
               ボタンはこれで、パイピングもこれ、、、。
               こんな風に考えるのって楽しいですね。

f0179059_5212191.jpg

               今まで学んだ色々なテクニックを生かして、大好きなフリル付き
               ボルスターが、こうして完成したのでした。

               Tomokoさんの教室の参加当時を振り返ると、なんて素晴らしい
               上達ぶりなんでしょう。
               日本に帰っても、楽しみながら作ってくださいね。


           ________________________________ 

               

               

               
[PR]
by maribabalondon | 2013-09-26 05:39 | クッション | Comments(2)

新しいカリキュラムAmerican Smocking 

               American Smocking が、この秋から新しいカリキュラムに加わりました。
              
f0179059_5561316.jpg


               この研修にシンガポールから、講師のRei先生がやってきました。
               毎年こうして一回は、熱心に何かを習得するためにやってきます。

f0179059_6273143.jpg


               サンプルのクッションは、以前Rei先生からお土産に頂いた
               タイシルクで作りました。この作品にはぴったりです。

               時間の都合でサンプル作り、Rei 先生、飲み込みが早い。
               
               教室の皆さんにも美味しいお菓子をお土産に、そして今回はまた
               Rei先生に素敵なお土産を頂きました。いつもありがとう。
               ジムトンプソンの生地、しかもしっかりと厚手、クッション、それに
               テーブルランナーなんかいいな。
               夢は膨らむ♪
f0179059_721876.jpg


               レッスンの後は、近場のガストロパブオレンジツリーへ。                   
          
                
                続く。               
[PR]
by maribabalondon | 2013-09-15 07:18 | クッション | Comments(8)

Ian Mankinのナチュラルファブリックで

               Ian Mankin の生地は、ナチュラルな素材のストライプや、チェックなどが
               有名ですが、こちらの上品な刺繍入りの生地も、皆さんに
               なかなか人気があります。
f0179059_2085466.jpg


f0179059_20144960.jpg

               このシンプルなデザインが生地とマッチしてます。
f0179059_20163851.jpg

               こちらはオックスフォードクッション、どちらのクッションもストライプとの
               コンビネーッションがハイセンスです。
f0179059_20232591.jpg

f0179059_20205567.jpg

               こちらは、いかがでしょう。  
               ハギレの刺繍部分を使ってコースター、賢い使い方です。
f0179059_2024525.jpg


               ナチャラル素材にちょっと刺繍、なかなか素敵ですね。


        _______________________________

               
[PR]
by maribabalondon | 2013-08-23 20:39 | クッション | Comments(10)

ラルフローレンの麻生地で

                子育てが忙しいSonokoさんは、買い物はほとんどインターネット
                でというインターネットショッピングの達人です。
                せっかく習ったのだから、英国仕立ての実物のカーテンを作ってみ
                ようと、大好きな麻生地で検索の結果、Ralph Laurenのこちらの
                ↓ 生地に決定。

                インドのブロックプリント風の柄が麻の素材とマッチしてとても涼しげ
                です。

                生地も残り、せっかくのボーター部分もあり、これを利用しない手
                はないと、クッションも作りました。
                両面を額縁仕立てにして、ボーダー柄を生かすには、、、あー、
                複雑。でもこんなに素晴らしいクッションが完成しました。
f0179059_19133019.jpg
 
                
                裏面に注目!ちらっと見える紫が効果的です。
                このちらっと、という分量が大切なんです。 

                しかし、インターネットで生地を買うのは、私などは少し不安がある
                のですが、Sonokoさん本当にお上手ですね。


                日本は猛暑と聞いております。なるべく涼し気な作品を選んで載せ
                たいと思っています。そんな作品写真まだあるかしら、、、。


             _____________________________      
                                 
[PR]
by maribabalondon | 2013-07-13 19:43 | クッション | Comments(4)

エキゾチックプリントのオックスフォードクッション

              昨日はWimbledonのテニス決勝選でAndy Murayが優勝しました。
              イギリス人が優勝したのは何と77年ぶりだそうそうです。
              Andy Murayにとって、それまでのWimbledonでの試合はもの凄い
              プレッシャーだったそうです。
              Wimbledonが終わり、やっとTVから解放され私もほっとしました。

                              ◆

              ところで日本はもうすでに猛暑らしいですね。
              このイギリスも先週、今週と真夏日和です。
              と言っても日本の方々には申し訳けないのですが、最高気温が28度くらい
              です。こんなお天気が続くのはめったにないので、バーベキュー、
              サマードリンクピムスとイギリス人は皆この時とばかり夏を満喫してい
              ます。

              夏にこんなクッションはいかがでしょうか。
              きれいなブルーの地のエキゾチックなプリントが個性的なJunkoさん
              のクッションです。
f0179059_2522151.jpg


              それをイギリス伝統のオックスフォードスタイルに仕立ててみました。
f0179059_253616.jpg


              
              季節に合わせて、クッションを作ってみましょう。
              素早くお部屋のイメージチェンジができます。               

           ______________________________

                                         
                            
[PR]
by maribabalondon | 2013-07-09 02:57 | クッション | Comments(2)

初夏のクッション 

             まだまだ日本でのことを書きたいのですが、ここでちょっと一休みして作品
             をご紹介いたします。
             ここ数年、人気のボート柄でのパイピングクッションはE.Reikoさんの作品です。
             白地に描かれたボートの赤がとても映えて爽やかで素敵です。
f0179059_622464.jpg
      
             ストライプを額縁で仕立てたクッションですが、

f0179059_6253824.jpg

             裏面は紺の無地だけでは物足りたいと、ボート柄のアップリケをして、
             ちょこっと赤のボタンを付けて、う~ん、なかなか素敵。
             さらにボートにちなんだ模様入りリボンをあしらって、う~んさらに完成度
             を増したクッションになり、裏面とは呼べなくなりました。
K.Masakoさんの作品です。
f0179059_627789.jpg

             横に並べたクッションもコーディネイトされていていいですね。
f0179059_628887.jpg


             今回は初夏にふさわしいクッションをご紹介いtしましたが、季節によって
             クッションカバーを変えてみてください。素早くお部屋の雰囲気が変わります。


             次はまた楽しい日本滞在紀の続きをお知らせいたします。
             

         _________________________________
            
[PR]
by maribabalondon | 2013-05-01 06:55 | クッション | Comments(4)

ちょこっとリバティで額縁と刺繍とフェルトボールと。

            額縁仕立てのクッションに、まずはちょこっと刺繍。
            う~ん何か物足りない。じゃあ刺繍まわりにも額縁を。
            うん、大分良くなった!
            そして次の週に、さらにフェルトボールを半分にしたもの
            付けて。
f0179059_2112186.jpg

            わー、素敵になりましたね!

f0179059_21125496.jpg

          
            
            リバティのタナローンとリネンの組み合わせです。
            ソフトファニシング+ちょこっとで、素晴らしい額縁仕立ての
            クッションができました!
            Harkoさんの作品です。




         ____________________________
[PR]
by maribabalondon | 2013-02-08 21:17 | クッション | Comments(0)

ヨーガマット収納用に、こんな素敵なボルスタークッション

       ボルスタークッションは毛布や夏掛け布団などの収納にとても便利です。
       Sonokoさんはヨーガのマットの収納バッグとしてこんなに素敵に作りました。
       クロスステッチのモノグラムはPとB ピンクとブルーのマットに分けて収納
       しています。
f0179059_7173285.jpg
 
       なんと言ってもこの作品のポイントは、できる限りハギレを使って作りたいと、
       工夫もしています。
       たとえば、Pの刺繍のある布は布団カバーとシーツに使った白いリネンの残り
       布です。その下にリネンのストライプを使い透ける効果を出しています。           
f0179059_718087.jpg
 

       ハギレを余すことなく作い、いかに素敵な作品を作るか、こんなことを考える
       のは最高のひと時です。さあハギレを引っ張りだして、あれこれプランを立て
       てみましょう。
       


        _____________________________
[PR]
by maribabalondon | 2013-02-05 07:38 | クッション | Comments(6)

ボルスタークッション

               こちらのボルスタークッションはとてもエレガントでお洒落です。
               そして、そんな気取ったボルスタークッションも、TVを横になって見る
               とき、読書をするときなどぬも使い心地満点なんです。
               でも、せっかく作ったのだから、枕にしないでー。と家族に言う方が
               多いようですが。
            
               二人のMakikoさんの作品です。   
               シルクのダマスクはさすがエレガントですね。
f0179059_816218.jpg

               このピンクと紫のコンビネーッションはとてもきれいです。
               2つのクッションをコーディネイトしてこのように置くのもいいですね。
              
f0179059_8171967.jpg

                だからソフトファニシング作りは楽しい!               

                お二人の自慢の作品です。


           _____________________________
[PR]
by maribabalondon | 2013-02-01 08:27 | クッション | Comments(2)

Liberty プリントとリネンと、ちょこっと刺繍 と

            Libertyプリントとリネンの組み合わせは相性が良く、とても人気があります。

            そこにちょこっとチャイナボタンの形をワンポイントで刺繍してみました。            
f0179059_791845.jpg

            後ろ面はボタン開きですが、ご覧のように小さな包みボタンを2個づつ並べて
            愛らしさを強調しています。            
f0179059_795482.jpg

            
            繊細な愛らしさのあるクッションです。 Sさんの作品です。



            info@marikosymon.comへの(またはこちらから)メールがこちらに
            届かないことがあるようです。
            こちらからの返信がない場合は、marikolondon@yahoo.co.uk のほうに
            ご連絡ください。


          ******************************************
[PR]
by maribabalondon | 2012-12-08 07:40 | クッション | Comments(6)