カテゴリ:日本( 54 )

浅草

         淳子さんの浅草の家に着くと、いつものように「はい、これ着て」と部屋着を
         出してくれた。リラックスをしてね、という淳子さん流のおもてなしなのだ。

         話に夢中になり、写真を撮り忘れたけどちゃちゃと美味しく気の効いたものを
         何品も作ってくれる。  お酒が美味しい。 

         翌朝は、美味しいと評判の蕎麦家に旬の「かも南蛮」を食べに連れていってくれた。

f0179059_739453.jpg

         懐かしい看板のオンパレード。
f0179059_738447.jpg
 

f0179059_74345.jpg


f0179059_7433534.jpg

         観光客でいっぱい。
f0179059_7442632.jpg


f0179059_745967.jpg

         蕎麦屋の前はすでに行列が。
f0179059_7473376.jpg

         凄い混みよう。でも美味しい~。写真を見ると美味しさがよみがえる~。
f0179059_7485367.jpg

         浅草には美味しいお店が沢山ある。
         
f0179059_7524179.jpg


         淳子さーん、いろいろありがとう。 来年またねー。



     __________________________________
 
[PR]
by maribabalondon | 2015-04-21 08:07 | 日本 | Comments(2)

江戸っ子の友人と

          名古屋での仕事が終わり、新幹線で東京へ。
          今回の帰国では、ハプニングのおかげで、会いたい方々にも思うように
          会えずじまいでした。
          その慌しさを察して、友人の淳子さんが新幹線の到着に合わせ、東京駅の
          プラットホームまでお迎えに来てくれました。
          
          到着すると、いたいた。「まりちゃん、お帰り~」。といつもの張りのある、
          一揆に元気になれる声。「ありがとう!」 

          丸の内に沼津直送の美味しいお魚を食べさせてくれる、お寿司屋があるの。
          そこに行きましょうということになりました。
          食通の淳子さんは、「江戸そばリエ」という手打ち蕎麦の資格
          「野菜ソムリエ」という資格も持っています。食べることが大好き、追求するのが
          大好きな人です。 

f0179059_437581.jpg

           
f0179059_439276.jpg
 
          きりりと冷えた日本酒。この桜の演出は、パーティに使えそう。
f0179059_439331.jpg
 
          天ぷらも美味しい。
f0179059_4413091.jpg
  
          この大きなかき揚がまた美味しい、
f0179059_4424044.jpg

          美しく美味しい、針ねぎのにぎり。
f0179059_4483538.jpg
 
          まぐろのにぎり。 
f0179059_4502739.jpg

           
          美味しいものをご馳走になり、(いつもありがとう)ここで・・・と思ったけど、
          話したいことも山ほどあり、けっきょく淳子さん宅にお泊りとなりました。

          浅草へ。    続く。



        ____________________________
      
          
[PR]
by maribabalondon | 2015-04-18 05:22 | 日本 | Comments(8)

名古屋のお洒落なイタリアンレストラン

          しばらくぶりのロンドンは、といっても3週間ほどだけど、すっかり春になっていた。
          
          サマータイムになり、早くから明るくなるのも、遅く暗くなるのも嬉しい。

f0179059_515597.jpg


          早朝から空は忙しい。
f0179059_517393.jpg



          名古屋では、Ninoさま、通信講座からお付き合いが始まった、Ikehanaちゃん
          友人の小鹿みきと4人で、お洒落なイタリアンレストランに。

f0179059_5213385.jpg


f0179059_5224369.jpg


f0179059_5231223.jpg


f0179059_5243046.jpg

f0179059_5293053.jpg



f0179059_5253491.jpg

           少しづつ、美味しくお洒落なものが、次々と。
f0179059_5261085.jpg


f0179059_5264966.jpg


          Ninoさまからのびっくりプレゼント。
          ありがとう~。
f0179059_5271340.jpg

          ミキも、嬉しそう。 
f0179059_528033.jpg


          Ninoさま、お心使いありがとうございます。




        ____________________________

 
       
[PR]
by maribabalondon | 2015-04-16 05:41 | 日本 | Comments(4)

窮地と美味しいお食事と楽しいおしゃべりと

          名古屋に到着した日、友人の小鹿みきがホテルまで迎えに来てくれ、
          美味しいフレンチレストランに連れていってくれた。
          女性ソムリエのオーナー、女性シェフ、従業員は全て女性。
 
          お肉柔らかい~。
f0179059_130432.jpg

          デザートも美味しい。
f0179059_13050100.jpg


          ワインが美味しい。 話ははずむ♪ はずむ♪
f0179059_128318.jpg


                   

          そして、翌日は講習初日。

          紛失した材料をイギリスに再オーダーをした。
          どんなことをしてでも、講習時間前に届いてもらわないと困る。
          ドキドキ。
          主宰者のNさま、運送会社UPS名古屋に何度も電話してくれた。
          「絶対に優先していただかないと、困るんです。今どこですか?」 
          「きっと、しつこく何度も電話してるので、私ブラックリストに載っているわね。」
          そのくらい何度も電話をしてくれたのです。

          そのおかげで、皆さんが到着する、ほんの少し前に荷物が届いたのでした。
          Nさまありがとう!

          ところが・・・中を開けると大きいシェイドの材料がない!

          急遽、大きいサイズをご希望だった皆様にお願いをし、小さいサイズに変更
          していただいたのでした。
          
          寿命が縮まりました。

          皆様、心よく応じてくださり、ありがとうございます。


          _____________________________ 
[PR]
by maribabalondon | 2015-04-14 01:55 | 日本 | Comments(6)

認知症の母 

       日本滞在中は、トラブル続きでゆっくり桜を見ているどころではありませんでしたが、
       講習が終わり、やっと妹と母に会うことができました。

       母のディサービスの送迎車が着く際に、私がお迎えに出てみました。
       やっぱり覚えていなかった・・・・
       「私はだーれだ。」と聞くと 「誰って・・・・そんな急に言われたって・・・
       私の叔母にあたる人でしょ?」
       ククッ。
       やっと3日目に「あらー、まりちゃん!」
       
       ディサービスに出る前に、私に「良かったら戻るまで私のベットで寝ていたら」
       「大丈夫、隣の部屋に寝ているから。」 「隣の部屋?」

       どうやら、以前入居していたケアハウスと混乱しているようです。
  
       声に張りがあり、話し方はしっかりしているのだけど、ボケだけではなく、その他
       もろもろ・・・
       介護は本当に大変です。
       妹なりに母が転ばないように、家には色々な工夫がしてありました。
       下の始末・・・これが妹にとって一番辛い仕事だと思います。
       こんなとき、私も一緒だと、介護量だけではなく、第三者に理解をしてもらえる。
       それだけで、辛さも半分になるのだと思います。

       仕事が終わり、少しゆったりした気分に。妹と犬の散歩に行きました。
       
       
f0179059_18191963.jpg
           やっと、ゆっくり桜が観られた。                     
f0179059_18164650.jpg

             
f0179059_18173080.jpg
 

       ボストンテリアのスパーキィー。2月の寒い時期に河原にうずくまっていたらしい。
       保護犬だった、スパーキィーも今は幸せです。       
f0179059_18175678.jpg
 
       
        しかし、妹は毎日よく歩く。私は後ろから付いていくのがやっと。

        母と別れるとき、ベットにいた母を抱きしめて、「また来るからね。」と
        言って別れてきました。

        妹よ、悪いね、よろしくお願いいたします。


       ________________________________  


 
[PR]
by maribabalondon | 2015-04-12 18:43 | 日本 | Comments(8)

40年ぶり! 懐かしのセツモードセミナー時代

           長沢 節をご存知ですか?
           一世を風靡したイラストレーターで(それだけではありませんが )
           ファッション界にも大きな影響を与えた方です。 

           若かりし頃、その長沢先生が主宰するセツ・モードセミナーに行ってました。
           絵を学んだなどとは恥ずかしくて言えませんが、自由学校と呼ばれていた
           セツでは、絵以外のわくわくすることが学べた素晴らしい学校でした。
           
           今回の帰国では、ずっと長い間、長沢先生の片腕的存在だった尊敬する
           星 信朗先生に、お会いすることができました。           

           
           それも・・・

           ずっと連絡が途絶えていましたが、ある日、日本の新聞にふと目をやると、
           長沢節 訃報の記事が載っていました。
           学校は今どうなっているのだろう? 星先生は?

           あの時、学校に連絡をしたことが、今回の再会につながりました。
    
           先生もこの3月に何と80歳になられ・・・時の経つのは速い!

           そして私に、「 どれ、どのくらい年をとったか見てやる。」 
           ということになり、先生のお宅にお邪魔しました。

           広い窓からは明るい日差しがたっぷりと、窓辺に沢山の植物があるお部屋。
           今製作中の絵がありました。
           先生の描く絵は、色使いが上品。
f0179059_8255320.jpg

           先生の個展のご案内カードより。
           なんて上品な絵なのでしょう。
f0179059_8501920.jpg

           優しい・・・幸せな気持ちになれる。
f0179059_8525468.jpg

           そしてどこかお洒落なんだなぁ~。
f0179059_858328.jpg

           

           良いにおい~。先生がキッチンでお昼の準備をしています。
           ペンキのはげたボールもここにあると、何かいい感じ。
f0179059_922729.jpg

           旬のあさりやホタルイカ、そしてほろほろに柔らかいチキン、美味しかった~。
f0179059_974646.jpg
 
           先生お料理の腕前はなかなかです。       

           そうこうしているうちに、友達の秦さんが到着。
           先生のご近所だそうです。

           
           私を見るなり 「まりちゃん、地味~」 と何回も連発。
           秦さん、あなただって、かなり地味になった~。
           彼ももうすぐ70歳だって!
f0179059_922060.jpg

           先生が撮ってくださった、40年ぶりの再会記念写真です。
f0179059_9155269.jpg


           先生ごちそうさまでした。楽しかったです!
           
           また来年もおじゃまします!!!



              ※ 現在のセツモードセミナーは?

            長沢先生がお亡くなりになり、少ししてから星先生は学校を離れ
            ております。 
            学校はあると思いますが、現在はどうなっているのかこか分かりません。  


           ________________________          
        



            




            
            
             
[PR]
by maribabalondon | 2014-04-26 09:51 | 日本 | Comments(10)

尽してくれる友人

              小鹿みきとは、麻布十番時代に知り合った。かれこれ35年ほど前。
              彼女の売れっ子時代です。
              私が仕事を持たず、ぶらぶらしていた時代には、体調を壊した彼女の
              付き人の代わりに、どうしてもと頼まれて舞台でのお手伝いをしたことも
              ある。
              今から思うと・・・かなりいばった付き人だったと思う。ごめんなちゃーい。
              大先生の付き人さん達は、本当に礼儀正しく、師匠の履物の揃え方か
              らして違う。  へぇ~、なるほどと感心することしきり。
              気配りを勉強するのだったら、付き人さんの付き人になるといいでは
              と思うほどです。

 
              名古屋に住む小鹿みきには昨年同様、またお世話になりました。
              
              今回、みきが連れていってくれたのは、京懐石の卓楽。
f0179059_23163464.jpg

              桜にちなんだ飲み物・・・美味しかった。
f0179059_23225953.jpg

f0179059_2325791.jpg
 
              器がまた素晴らしい。
f0179059_23255740.jpg

              旬の素材を使った美味しいお料理が次から次へと・・・。・
f0179059_23274132.jpg
   
              きりが無いのでこのへんで。美しかった!美味しかった!

              帰りにはお店のご主人が、ありがとうございましたと、
              深々とお辞儀を・・・・しばらく歩いて振り返ると、
              また深々とお辞儀をしていました・・・・
  
              彼女の家に着くと、毎回、寝巻きを用意してくれています。
              お風呂も、化粧品も、「これいいよ~」と出してくれる化粧品を言われる
              ままに使ってみます。美容のことをよく教えてくれます。
              私よりも1歳若いだけ、しかしお肌も体型も若い!
               
              よく尽してくれる友人です。なぜか私の女友達はそういう人が多い。
                           
              おかげさまでしっかりと、仕事をこなせました。いつもありがとう!
              
            _______________________________

              
              
[PR]
by maribabalondon | 2014-04-25 00:02 | 日本 | Comments(6)

名古屋でイングリッシュ ブレックファースト

                素敵なゲストルームで目を覚まし、身支度を整えてKimikoさんの
                所へ。
                おはようございます!

                なんと、そこには素敵な朝食の準備が!
                イギリスに住んでいる私でさえ、こんなイングリッシュスタイルの朝食
                はホテルでしか頂きません。
                Kimikoさん、さすがテーブルコーディネイターだわ~。
f0179059_512313.jpg
 
                IVYちゃんも一緒に朝食もテーブルに。
                ちっちゃな白い容器に朝食が入っています。
f0179059_4582840.jpg

                懐かしいロンドン時代の作品が。
                このバスケットに焼きたてのパンを入れて、キルトしたふたを
                被せます。パンが乾燥しないし、いつまでも暖かい。
                ブレッドコージィーといったところでしょうか。
                とても役立っているそうです。
                さりげないブルーのお花が素敵。
f0179059_573723.jpg


                こんな素敵なおもてなし・・・本当にありがとうございます!

                日本滞在の素敵な思い出になりました。


             _____________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-04-19 05:13 | 日本 | Comments(8)

一路名古屋へ

               一路名古屋へ。
f0179059_319145.jpg

               名古屋の金時計で待ち合わせ。わざわざ大阪から友人が会いにきて
               くれました。いつも応援してくれる心強い友人です。
               ランチを済ませ、名古屋で有名生地屋の2階でお茶を。
               会話が弾む~。
f0179059_3282014.jpg

               生地屋の裏手でこんなものを発見。パッチワークコーンです。
               さすが生地屋さん。
f0179059_3285353.jpg

               
               この日は友人の小鹿みき宅に宿泊。その話はまたゆっくり。

               翌日、講習が終わり、懐かしい方に会いました。
               かれこれ4~5年ほどまえにロンドンの教室にいらしたKimikoさん
               が、なんと現在は名古屋に。
               この日はラッキーなことに、Kimikoさんがお住まいのマンションの
               ゲストルームにお宿を取ってくださいました。
               そこがまた・・・・素晴らしい。
               大きなガラス張りの窓から見渡せるダイナミックな景色。
               お部屋も広い。貧乏性の私にはなにかもったいないスペース・・・  
               
f0179059_3411912.jpg

               桜がきれい。つばめもすいすい。
f0179059_345348.jpg

               本物の景色のほうがはるかにきれいです。
f0179059_3453235.jpg

               Kimikoさん家の愛犬、ロンドンでは会うことができなかったIVYちゃん
               やっと会うことができました。 美人!
f0179059_3534164.jpg

               英国生まれの英国育ちだったIVYちゃん、日本の風土に慣れるまで
               それはそれは大変だったということです。日本語よりも、つたないながら
               も私の英語に反応して、尻尾を振り大喜びでした。
 
               お久しぶり!
               日本創作料理屋で乾杯!
f0179059_403130.jpg


                              
 
             __________________________

               
      
[PR]
by maribabalondon | 2014-04-18 04:06 | 日本 | Comments(6)

楽しいランチ

              今回の帰国はとても慌しかったのですが、その合間に、もとイギリス組の
              方々3名とランチをすることができました。
              その中には、お食事処(飲み処も)をよ~く知っている方が。
              そのMacoさんから頂いた候補の中から、私達が選んだのがパレス
              ホテルでのランチ。
              
f0179059_190326.jpg
 
              ぷりぷりの海老が美味しかった魚介類のパスタ。
              あちらではリゾット、これも美味しそうだったな。
f0179059_1931161.jpg
 

f0179059_1951977.jpg
 
              ホテルのラウンジから見える美しいお堀と桜を背景にパチリ。
              Macoさん逆光ですみません。
f0179059_19193891.jpg
 

              楽しい会話、美味しいお食事、最高でした! 

              Macoさん、素敵なレストランを手配してくださり、ありがとうございます。

              またよろしくお願いいたします!


        _________________________________




                       
[PR]
by maribabalondon | 2014-04-14 19:27 | 日本 | Comments(11)