カテゴリ:カーテン&ブラインド( 4 )

新しい窓に ローマンブラインドで

       窓を最新の2重窓に作り換えた。
       昔の2重窓と比較して、かなり暖房効果もある。
       英国では家を売却する際に、暖房の度合いをABCDで示さなければならない。
       古い趣のある家は、残念ながら、暖房効果はかなり低いことが多い。

       湖がよく見える側は、一枚ガラスにした。
       こうなると、カーテンよりもブラインのほうがすっきりとして似合う。

       さてどの生地にしよう。リネンのサンプルを取り寄せ、
       候補の生地は大きいサンプルを取り寄せた。

       小鳥が枝に止まっているライムグリーンの柄生地に決定。
       ちょっと地味かと思ったが、主人がたいそう気にいっていたから仕方ない。
          
f0179059_8232888.jpg

          
f0179059_8351342.jpg

       ドアカーテンも作った。ドアカーテンは無地のリネンに、ブラインドと同柄の生地を
       カーテン幅の3分の1だけ使用し、ブラインドにマッチさせた。
       カーテンを押さえるタイバックは後日作ることにしよう。

f0179059_8374841.jpg

       日差しが強くまぶしい時は、半分のみ下げれば良い。それがブラインドの良さだ。

       横幅が2m近くあるブラインドでリネン100%、いやー、ちょっと手こずった。
       ローマンブラインドは縦長のスタイルがスマートで好きだけど、この窓にはこれしかない。
f0179059_8475065.jpg


       バスルームのブラインドは、家にあったクラーククラークの生地を使用。
f0179059_8555192.jpg

       コットンだからとても作り易く、あっという間に完成。

       今まで、どうせ誰も見ていないと、ブラインド無しで過ごしていた。
       見える訳がないと知っていても、何か落ち着かないものだ。 
f0179059_8563153.jpg
        
       

       まだ、あと一つ完成させなければならない。他の用事でなかなか専念できない。
 
       屋外でも使えるニットの鉢。
f0179059_972685.jpg


    
      _________________________________


           
[PR]
by maribabalondon | 2016-07-11 09:24 | カーテン&ブラインド | Comments(17)

学んだらすぐ役立てよう!

          通信教育を受講する方は、遠くて教室に通えない、決めら
          れた時間に学ぶのは難しいという方がほとんどだと思って
          いたのですが、、、、あきこさんはちょっと違いました。
          家はお教室からそう遠くないところにあり、お子さんも大きい。 
          通信教育でなくても、、、という条件の揃った方です。

          つい最近、クッションの講座を全て終了し、先日小物作りの
          「ホームアクセサリー講座」も申し込んでくださいました。
          そう、通信教育には、好きな時間に作ることができる良さが
          ありましたね。
           
          そして今回は「ローマンブラインド作り」1日講習に来てく
          ださいました。
f0179059_243346.jpg

          決められた時間内ですから、縮小サンプルで作り、
          すべて必要なテクニックがこの中に凝縮されます。
          「皆さん日本に帰ったらサンプルを参考にして作って
           くださいね。」といつも言います。
          時間が経つと忘れるのが人間ですから。
          なのでサンプルは重要なテキストとなります。

          でもあきこさん、講習が終わってからすぐに実物を作りました!!
          それもオリジナルデザインを加えて。愛らしいブラインドです。
          (以前の方のはこちらです。クリックすると見られます。)
f0179059_2105685.jpg

       そして通信教育で学んだクッション作り、こんな風にアレンジ
       してあきこさんオリジナルのボルスタークッションの完成です。
f0179059_32184.jpg

          
       日本に帰国後、みゆきちゃんは自宅のカーテンを作りました。
       実行力がありますね~。それに注文したらすごく高いですものね。
f0179059_2461222.jpg

       ロンドン駐在員の方のお宅は借家が多いのですが、ちょっと目隠し
       にと勉強がてらさちこさんはオーストリアンブラインドを作りました。
       器具の取り付けなどは借家なので辛い部分もありますが、きれいに
       できています。
f0179059_2521246.jpg
 

       こんなふうに学んだソフトファニシング作りをすぐ役立て
       ているのを見るのは、教えがいがありとても嬉しいものです。  

                 
[PR]
by maribabalondon | 2010-06-14 03:15 | カーテン&ブラインド | Comments(18)

2008年 特別講習 Roman Blind

ローマンブラインドは、今人気の主流のブラインドです。

コードを引くと、水平にプリーツが寄りながら上がっていきます。
シンプルなこのラインは、日本家屋にも似合います。

それに、カーテンと比較して、何と言っても布地の必要量が少なく経済的です。

今回のこの講習にも、多数の方々がいらしてくださいました。

その中のお一人で、もう長いことイギリスにお住まいのヨシエさんは、
お引越しする家に是非ともこのローマンブラインドをということで、
この講習にいらしてくださいました。              
              
              ☆☆☆

講習の数週間後、メールをいただきました。
「新居のために作ったローマンブラインドが大変好評です。」

お願いして、素敵な完成写真を送っていただきました。
f0179059_843831.jpg


More
[PR]
by maribabalondon | 2008-12-04 08:27 | カーテン&ブラインド | Comments(16)

特別講習2008<Austrian Blind 作り>

ブラインド作りは、主に2種の講習をします。

1つはこのオーストリアン ブラインド デザイン的には、現在主流では
ありませんが、とてもヨーロッパの香りがする愛らしいスタイルのブラインドです。

今回の講習では、写真のようなスタイルをイメージして、シェアー素材を使い、
ミニチュアサンプルを作りました。
f0179059_634326.jpg

このタイプのブラインドは、外からの目隠しにもなり特に日本ではとても役立ちます。
「よーし、絶対実物を作るぞー。」皆さん真剣そのものです。
f0179059_6423623.jpg

f0179059_6354134.jpg


完成したサンプルには、必要な全てのテクニックが凝縮されています。
後々、実物を作る際はこのサンプルとテキストが重要な資料ととなります。

皆さん大切に保管しておいてくださいね。
[PR]
by maribabalondon | 2008-12-02 06:59 | カーテン&ブラインド | Comments(12)