カテゴリ:デザイン ランプシェイド( 1 )

学生時代のPortfolio < Soft Lampshade 編 >

前回のピローケースに引き続き、カレッジに通っていた当時のポートフォリオです。

Soft Lampshadeとよばれるこのランプシェイドテクニックは、布をシェイドにかぶせ
まち針を使い、そのシェイドの形に作っていく。(まち針の数は、本当に沢山使う!)
また裏はバルーンのようなかたちに仕上げるので、バルーンライニングと呼ばれている。

ランプシェイドに使用する素材は、熱に強くなくてはならい。
シルク、木綿、麻、ポリエステルなど。決して熱に弱いナイロン系のものを使ってはならない。また、使用する電球のワット数もシェイドのリングの大きさに深く関係する。
どんなに素敵なものを作ろうと、安全性に欠けていてはならない。

従来のSoft Lampshadeの定番は、シルクドゥピオン(日本ではシルクシャンタン)で作られたものや、オーガンジーなどでプリーツを寄せてある、フォーマルな雰囲気のものが多い。
学生時代、私は以前からこの課題に入ったら、今までのいわゆる定番とはちょっと違ったものが作ってみたかった。

たとえば、リネン。 うん、これだったら私の家にも合う。

課題製作のルールは、かならずなにか装飾をつけなくてはいけない。
f0179059_7512354.jpg


じゃあ、こんなのは、と色々デザインしてみる。
[PR]
by maribabalondon | 2008-09-21 08:34 | デザイン ランプシェイド | Comments(12)