カテゴリ:England( 60 )

オリンピック!イギリスならではの開会式

         オリンピックスタートを直前にして、スコットランドに戻ってきました。
         オリンピックの始まりが近くなるにつれ、やはりロンドンでは、かなり盛り上がって
         いました。
         オリンピックレーンもオリンピック関係者のために作り、交通のトラブルで遅れないよう
         に配慮しています。そのため渋滞もひどいのですが、期間中のみと思えば許せます。
         大都市でのオリンピック開会ですから、警備もかなり大変です。 
         オリンピックがスタートする前日にパスポートコントローラー達がストライキをすると
         いう予定も中止となり、皆ほっとしました。またストライキを予定していた、バスドライ
         バーたちには特別手当をだし、一件落着。
f0179059_2285329.jpg

         オリンピックのスタジアム、オリンピック村などはいままで、荒地となっていた東ロンドン
         に建てられました。 そのおかげで東ロンドンは素晴らしくなりました。

         昨夜は開会式が待ち遠しかったです。
         
         アカデミー賞を受賞した監督、ダニーボイルが製作する開会式です。
        「スラムドッグミリオンネラー」インドの貧しい青年がクイズ番組出演で、大金持ち
         になるというあの映画の監督です。
         上の写真にあるように、のどかな農村や田園風景をスタジアムの中に作り、、、。
f0179059_22242573.jpg

               ↑ ダニーボイル監督です。

         いよいよ開会式の始まりです!
         のどかな農村風景からスタートです。見た方は飛ばしてください。 
f0179059_22445391.jpg
 
         そこに、山高帽の紳士達が現れて、、、、。
f0179059_2246780.jpg

         煙突が現れ、、、産業革命の始まりです。
f0179059_2251689.jpg

                この移り変わりが素晴らしいと思いました。
                        ↓
f0179059_22535072.jpg

                        ↓
f0179059_2254254.jpg
 
                        ↓
f0179059_22552634.jpg

                        ↓ 美しい!
f0179059_22554886.jpg


                ジェームスボンド役のダニエルクレイグが現れ、、、、

                まさか、クイーンまで、、、本物じゃないよね。
                「Good evening Mr Bond」えー!振り返ると本物のクイーン。
f0179059_2355486.jpg

                クイーンのコーギー達がでてきて、、、。
                急にピップはTVの画面の前に。じゃまよー、ちょっとどいて。                
f0179059_2361824.jpg

                クイーンがパラシュートでヘリコプターから飛び降りるシーンや
                Mr Beanもでてきて。 ユーモアたっぷりでした。
f0179059_23264330.jpg

                この人が、WWW(ワールドワイドウェブ)を考案した
                Tim Berners Lee 
                それをお金儲けとして使わず、無料で世の中に提供した
                のですから凄い!
f0179059_23332653.jpg

                おや、トーチを持った女性の後ろに。
f0179059_23374072.jpg

                ベッカムのハッピーフェイス。
f0179059_23381985.jpg
 
                トーチをスタジアムまで届けるところです。ボートでというのが
                憎い演出です。
f0179059_23385294.jpg

                最終のトーチは活躍した有名な選手から、将来を担う若手の選手
                達に手渡されました。、これがまた気にいりました。
f0179059_23463023.jpg


f0179059_23523989.jpg

                ひとつひとつの銅の花びらが上に上がり

                聖火台となっていきました。
f0179059_023641.jpg
  

f0179059_2347454.jpg


                今回は、女性が差別なく全ての国で参加できた初めてのオリンピック
                だそうです。涙している女性選手を目にしました。

                中国の開会式も素晴らしかったけど、イギリスのこの開会式は
                ユーモアのセンスもあり、イギリスらしさに溢れた素晴らしいもの
                だと感動しました。

                それにしても、聞いたことのない国が沢山あるんですね。

                日本は今回どうかな。がんばってねー。

                (画像はBBC番組のTVからお借りしました。)
      ____________________________________
  
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-29 00:30 | England | Comments(4)

主人の友達の家

           先週の週末はSuffolkにある主人の幼なじみの家に遊びに行きました。
f0179059_8101134.jpg

f0179059_8114063.jpg

           ホリーホックがきれい。
f0179059_8141790.jpg

           薪置き場にも個性が。
f0179059_8173852.jpg
        
           こんにちは!おひさしぶり~。主人と友達は凄く嬉しそう。
           奥さんのシーラはかつて私が個人レッスンをしていた人で、とても気が合います。
           ピップも連れていきました。でも猫ちゃんが2匹いて、ピップは部屋の中でも
           つなぎぱなし。
           主人と幼なじみのサイモンとの共通の趣味はセーリングです。そういえば2人で
           オランダだったかベルギーだったか行ったことがありました。
f0179059_93088.jpg

           シーラが夕食の支度をし始めました。彼女のもっとも苦手なものはお料理。
           でも野菜はいつもふんだんに使います。だからまあ許せる。
           お魚は専用の袋に入っているものを、そのままオーブンに、、、便利。
           キッチンでお喋りをしている間に準備完了!   
           クリームソース(ちょっと薄くてしゃびしゃび、、、)をお魚にかけて。
           それにしても骨が多い、、、白身だけど何お魚か聞くのを忘れた。
           骨取りに忙しかった食事でしたが、ありがとね!

           彼らはかつて香港に住んでいたことがあり、インテリアもチャイナなど東洋のもの
           がいっぱいです。
f0179059_8402156.jpg


f0179059_8405874.jpg
 
f0179059_8414168.jpg

f0179059_8422187.jpg

f0179059_8425050.jpg
 
           この日はいませんでしたが、18歳のお嬢さんが作った、ホイルアート。
f0179059_8484029.jpg

           庭から古い板を拾ってきて、こんな素晴らしいデコレーッションを完成させました。
f0179059_852535.jpg

f0179059_8522522.jpg
 
           彼らの家はいつも刺激されるものでいっぱいです。
           
           朝起きると残念ながら雨、雨、でもとても楽しい滞在でした。

   __________________________________
      

          
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-17 09:08 | England | Comments(12)

Colchester訪問

          まこさんが日本に帰国する前に、Colchesterのお家にお邪魔いたしました。
          北ロンドンから、車で1時間ちょっと。これならロンドンからも便利な距離です。
          
          到着すると、ご主人が丁寧にガラス拭きをしていました。飛ぶ鳥跡を濁さずですね。
                    
f0179059_4172956.jpg

           中庭のある素敵なお家です。
f0179059_4173666.jpg
 
f0179059_4182314.jpg


          ランチは、まこさんとご主人ご推薦の、ブラッセリーThe Barnに連れていって
          いただきました。
f0179059_4315918.jpg

          Barnとは納屋のことで、今イギリスでは、納屋を改造した家が流行です。
          この納屋はかなり大きかったのでしょう。茅葺屋根のサイズがダイナミックです。
f0179059_436917.jpg

f0179059_4362463.jpg

          レストトランの中の天井はとても高く、美しい梁があちこちに。
          このレストランは、食材の会社が運営しているということで、一品一品がとても
          美味しく、大好きなジャズも流れていて、雰囲気も最高でした!
          (ご主人にすっかりお世話になってしまいました。)
          やっぱり、この建物は賞を取っているのですね。
f0179059_4245481.jpg
 
         
          ランチの後は、Colchesterをご案内いただいて。
          
              美しい大聖堂跡。
f0179059_4524119.jpg
          
            しまったー、一眼レフを持ってくるべきだった。
f0179059_501488.jpg

            美しい、、、、。
f0179059_522238.jpg

            こちらはColchester城。
f0179059_58156.jpg

f0179059_584474.jpg

            こちらはEssex大学。まこさんのご主人の仕事場だった所です。
f0179059_5123314.jpg

            こちらは、有名な建築家によって建てられた講堂です。
            ここでご主人は講義をしていたのかな?
            まこさんはこの建物をサバ缶と呼んでいました。ほんとそっくり。
f0179059_5123453.jpg


            おかげさまでColchesterがとても気に入りました。            
            素晴らしい一日をありがとう!

   ____________________________________
   
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-13 05:30 | England | Comments(6)

雨のウインザー

            このところずーっと雨でした。今日やっとお天気に。
            昨日は、ちょっとした用事があり、Nちゃんと雨の中ウンザーに行って参りました。
f0179059_0241543.jpg
 
            ウインザー城には、かなり昔に行きましたがほとんど覚えていません。
            ですから、再観光でもと思ったのですが、とても混んでいたので止めにしました。               
f0179059_0245745.jpg

                ヴィクトリア女王の像にへばり付くNちゃん(笑)。
f0179059_118459.jpg

             ではお茶でもと、こちらのティールームに ↓
             こちらの建物はかなり傾いています。観光客は喜んで写真をパチパチ撮って
             いました。(私たちもですが)
             この家の傾き分かりますか?
             こちらのほうがずっと分かりやすいです。解説と写真はこちら→★
f0179059_0304047.jpg

             このドアもこんなに傾いています。             
f0179059_0392828.jpg

             Nちゃんの座っているところもこんなに傾いています。
f0179059_0413490.jpg

             クリームティーを頂いた後は、ぶらっと町を歩きます。
f0179059_0435854.jpg

f0179059_0442317.jpg

             お土産ものがいいぱい!
f0179059_0451414.jpg

f0179059_048262.jpg

             この細長クッションのようなものは、ドア下の隙間から入ってくる、冷たい
             風を防ぐものです。この国の古い建物には、欠かせられない大切なもの
             です。Draft excluderと呼びます。
             このランプシェイド、気になる。洋服屋のディスプレーです。
f0179059_0531942.jpg


             ウインドーショッピングをしている間に、雨は止み晴れ間がでてきました。
             ウインザーを後にして、そろそろ家に帰ります。
             
             この時期は菜の花がきれい!思わず車から降りて写真を撮りました。 
f0179059_059215.jpg

             パブで一休み。
f0179059_12150.jpg

             話に夢中になっているうちに、お腹も空いてきて、大きなハンバーグを
             がっちりと頂きました。
f0179059_192877.jpg

             お天気はあまりよくなかったですが、Nちゃんと一緒に過ごした楽しい日曜日でした。

          ________________________________

 フットスツール作り講習  
               公認講師によるフットスツール作り講習です。
              
                      日 程

           横浜  5月 9日  水曜日   連絡はこちらに→★
                 あと1席です。 
           目黒  5月16日  水曜日 満席となりました。
                6月20日 水曜日  連絡はこちらに→★
                 残席わずか

f0179059_2335932.jpg





_________________________________________

クッション作り講習         
f0179059_5132550.jpg
パイピング付きのクッションを作ります。沢山の重要な基礎が凝縮されたクッションです。
曜日:木曜日  教室:Finchley Central
詳細は、WEB  marikosymon.com をご覧ください。
  
     _________________________________





                      
[PR]
by maribabalondon | 2012-05-01 01:20 | England | Comments(12)

Kemptonのアンティークマーケット

        夏休みに入りすぐにKemptonのアンティークマーケットに行って参りました。
        マーケットは火曜日なので、教室を休むわけにはいかず、行ったのは今回が初
        めてです。
f0179059_5301248.jpg

f0179059_5305769.jpg

f0179059_5313515.jpg

f0179059_5333477.jpg

        買ったものといえば、木製の糸巻きやビンテージの生地などですが、
        私の場合は価値があるないではなしに、ただ気に入った物を買います。
        後で何でこんな物を買ったのかしら、ということもしばしばですが。
        一緒に行ったKさんや I さんは選び方が上手!

        アンティークではありませんが、私の目を引いたのが、この馬のアートです。
        そう、ここKemptonは競馬場でした。
f0179059_541237.jpg

             わー、体全体にロックプラントが植えてあります。
f0179059_5493879.jpg

                   黒地に白というのがいい。
f0179059_5513727.jpg

                   なんてカラフルできれいなの。
              日本の競馬場もこんな風に芸術的なものを置いてもいいのでは
              ないかしら。(過去に一度だけ行ったことあり)

              最近では物を増やすことにどうも抵抗があり、そうすぐには物
              は買わなくなりましたが、やっぱりアンティークマーケットって
              楽しいな。

              18日はAlexandra Palaceであります。近いし行こうかな。
                
[PR]
by maribabalondon | 2011-09-16 06:16 | England | Comments(4)

イギリスの田舎町散策 Hungerford Part 4

         町の中心タウンホール 
f0179059_510334.jpg

         その並びにあるアンティークアーケード    
f0179059_544328.jpg

         おじさんが熱中しているものは、石炭で動く機関車のミニチュアです。
         もう一生懸命。でもくさーい。ビクトリア時代には、こんな臭いや煙が町
         に充満していたんでしょうね。体に良いわけないですね。
f0179059_514312.jpg

         アーケードには入らずまずは路地にあるアンティークから見ることに。
f0179059_517195.jpg
         
f0179059_5175289.jpg

         がらくただけど、見ていて楽しい。
f0179059_519392.jpg

         アーケイドに入ります。沢山のアンティークショップが並んでいます。
f0179059_52821100.jpg


f0179059_5295956.jpg
 
f0179059_5403695.jpg

f0179059_5431850.jpg

          色々あったけど、やっぱり一番気になったのが、ヴィンテージファブ
          リックです。ランプシェイドも見ごたえがありました。
f0179059_5441281.jpg

          モダンな布もいいですが、ヴィンテージの布は何とも言えない味があって
          素晴らしいです。
          皆さんもふらりと散歩がてらいらしてみてはいかがでしょうか。 
                    

       
[PR]
by maribabalondon | 2011-08-15 05:54 | England | Comments(7)

イギリスの田舎町散策 Hungerford Part 3

            町の橋のたもとにカラフルなお店発見!
            Woodlands Lifestyle、、、ランプシェイドに惹かれて入りました。
f0179059_714281.jpg

            わー、個性あふれるデザインと色合い。
f0179059_7181185.jpg

f0179059_72132100.jpg

            これ、気に入りましたー! 
f0179059_722291.jpg

            これ、もいい!
f0179059_725674.jpg

f0179059_7273441.jpg

            楽しい♪
f0179059_7281322.jpg

            色が溢れていて、見ているだけで楽しい♪ 
f0179059_7285911.jpg

               オーナーの女性はすごーくやさしい人です。笑顔が素敵です。
               壁の鹿の飾りが気になりました。
f0179059_733238.jpg

               また行きたいと思ったお店です。
  
               次回はアンティークショップをぶらりです。
[PR]
by maribabalondon | 2011-08-13 07:40 | England | Comments(11)

イギリスの田舎町散策 Hungerford Part 2

             雰囲気の良さそうなお店!さっそく入ります。
f0179059_5475216.jpg
 
             好み!
f0179059_5494418.jpg

             はげはげペンキがラスティックで素敵なスツール。
f0179059_5522810.jpg

             デイベットの上に無造作に乗せてあるヴィンテージ布のクッション。
f0179059_556145.jpg

             まさにスウェディッシュスタイルの時計です。
f0179059_5593566.jpg

              このサック布は大流行の後、ほぼ定番となってきています。
f0179059_681529.jpg

              ヴィンテージリボンやハートサッシェなどの小物もあります。
f0179059_6123471.jpg

              ヴィンテージキルトのベットカバーや布も売っています。
f0179059_615341.jpg

              アンティークのランプスタンド、う~ん雰囲気ある。
f0179059_6164369.jpg

              オーナーもフレンドリーでとてもいい感じの人でした。
f0179059_6183718.jpg

              こちらのSwedish room はヨーロッパのアンティークも扱っています。
              スウェディッシュとフレンチが混ざったような雰囲気のお店でした。
    
              ロンドンからはM4のジャンクッション14で降ります。
              次回もユニークで素敵なお店を紹介いたします!
              
[PR]
by maribabalondon | 2011-08-12 06:26 | England | Comments(4)

イギリスの田舎町散策 Hungerford Part 1

       夏休みに入ってすぐ、義理の両親の家に遊びに行った。
       両親の家に行くときにいつも通り過ぎるるだけのこのHungerford は Berkshire
       にあり、王室に嫁いだケイトさんの育ったMarlboroughの隣町でもあります。

       「あっ、あすこにアンティークショップが!」「あっ、あのお店可愛い」
       主人「、、、、、」 買い物嫌いの主人がいては無理か。
       今回は一人だから、思う存分ショップ巡りできる!

       義理の妹の家もここからすぐ。この町には川が流れています。
f0179059_0312860.jpg

               カナウボートって雰囲気あるな。 
f0179059_0345636.jpg

               平和な風景
f0179059_0361168.jpg

      この町にはアンティークショップが沢山ありますが、こちらはガラクタは
      いっさい置いていない、良い品をセレクトしたショップです。家具、陶器類、
      絵画など沢山あります。さすが写真は撮れませんでした。
f0179059_0435119.jpg

                  ランジェリーショップ
f0179059_0535181.jpg

                  英国紳士のカジュアルウエアー
f0179059_0544160.jpg
               
f0179059_0581946.jpg
 
                  いつもカゴが気になっていた雑貨屋さん
f0179059_17538.jpg

f0179059_195364.jpg

                  ディスプレーが可愛いお花屋さん
f0179059_111862.jpg
 
                  あっ、素敵なお店見つけた!
f0179059_1125676.jpg

              こちらの Swedish Room のご紹介は次回 Part 2 に続きます。
              素敵なビンテージの品もいっぱいあります。
              お楽しみに!
                        
[PR]
by maribabalondon | 2011-08-10 06:09 | England | Comments(5)

ウインザーで素敵な1日 その2

            来た!来た!来た!女王様~。
f0179059_724171.jpg

           と、このように撮りたかったのですが、気合が足りなかった~(涙)。
           なので ↑ TVの画面で我慢してくださーい。          
           ショーファーさんのお顔はばっちり写ったのですが、、、
           いっちゃんのように連写にすれば良かった。
f0179059_7245463.jpg

           戻って今度はMさんのホームメイドケーキでティータイム♪
f0179059_7284016.jpg

f0179059_728877.jpg

           なんて美味しいんでしょう。
f0179059_7301912.jpg

           こちらのマロンケーキは定評があります。
f0179059_7342958.jpg
 
f0179059_73731.jpg
おじゃましたときから気になっていたMさんの
新作フットスツール。
素敵にできています。

f0179059_7392244.jpg
お教室で作った一作目はこちらです。
お料理やおもてなしの素晴らしさはもちろんですが、
Mさんの家には驚くような手作り作品が沢山あります。


      あまり居心地が良いのでつい長居をしてしまいました。
      Mさん素敵な一日をありがとう。
[PR]
by maribabalondon | 2010-06-20 07:51 | England | Comments(14)