カテゴリ:道 具( 6 )

こうなる前に・・・

       これは、何でしょう? (ちょっと芸術的・・・)           
f0179059_07515629.jpg
     日本のしつけ糸、しろもです。  

   糸が束になって輪の状態で売っています。

    やたらに糸を引っ張って、使うと ↑ のようになってしまいます。

     輪を切って、両側を束ねて、まとめてさらに束ねてから使います。

    糸を取るときは切ったほうではなく、輪の状態の方から一本づつ

    引き抜き使います。↑こうなる前にやりましょう。
f0179059_07544185.jpg
      しろもは白毛と書きます。こちらは、白ではないので、いろも(色毛)
      です。 青、黄色、黒などもあります。使いわけると便利です。 

      西洋のしつけ糸は・・・・このようになっています。    

      Gutermann  の Tacking thread というのもあります。  

   
f0179059_08192625.jpg
   形としては使い易いけど、私はやっぱり日本のしろもが好きかな。 

システムが変わってから、文字の配列がばらばらになり、プレビューで見るのとは  全く違い、直すのにとても時間 がかかってしまいます。  私だけ?          


これも直せない!   ______________________________         
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-08 08:28 | 道 具 | Comments(8)

指ぬきで押す。そして引っ張る。

              金属または皮製の指ぬきを、中指の第1間接と第2間接の間に、
              はめて、よく運針をしたものです。
              こちらでは、指ぬきを使うときは、中指の先端に金属の(が多い)
              キャップ式の指ぬきをはめて針を押しながら縫う作業が多いです。
              ただ、その指ぬきがどうも指にフィットしないことが多い。

              でも、こちらは指にフィットしてとても使い心地がいいです。
f0179059_839761.jpg

              ソフトファニシング作りで、特に一つひとつ、丁寧にプリーツを作って
              いく、ハンドプリーツ式のカーテンの作業には、指を痛めないためにも
              指ぬきは必需品です。先端は金属、上部はゴム製です。
              だからフットするんですね。 クロバーの製品です。
              

              指で針を引きだそうとしても、なかなか出せない。
              そんな時には、これです。
              針をこれでつまんで、引き出します。
f0179059_8504071.jpg

              ドイツのPrymの製品です。(世界で一番最初にスナップを作った会社
              だと聞いたことがあります。)


           ______________________________
             
                
[PR]
by maribabalondon | 2014-03-20 09:01 | 道 具 | Comments(4)

それぞれの便利な道具

             効率よく作業をするには、なんといっても道具が大事です。

             Fumikoさんは教室に着くと、これを机の上に。
             ほら、生地が巻いてあるロールあれです。丁度硬くて、しっかりとした
             ものがあり、それを切り、利用しました。
             好みのハギレを使いカルトナージュ、愛らしく実用的なハサミ立てに
             変身です。

f0179059_8573477.jpg


             可愛いけど、使いずらい針さし、よくありますよね。
             安定がよく、たっぷり針もさせます。もちろんJunkoさんのオリジナルです。

f0179059_945616.jpg


             極めつけはこちら!使い易く効率が良い! 
             教室では、皆作って持っている、ペットボトルの蓋利用の針刺し。
             指にゴムでつけるように作り、それも便利なのですが、
             M.Miyukiさんはさらにこんな工夫を。
             蓋部分に」吸盤を押し込んで・・・
f0179059_992278.jpg

             ほら、こんなこともできます。ミシンをかけながら待ち針を外す作業も、
             なんのその。作業が何倍も楽になりますよ。             
f0179059_983365.jpg

             Miyukiさんの賢いアイディアです。



             皆さんも作業がし易いように、工夫してみましょう!


       _______________________________
             
           

             
[PR]
by maribabalondon | 2014-03-15 09:24 | 道 具 | Comments(14)

便利な道具、ピントレー!おかげさまで快適に作業ができます。

              教室では皆さまざまなピンクッションを持っています。
              わー、可愛い!でも実用的じゃない、、、。
              硬いピンクッション、ピン(待ち針)刺すのに時間がかかる、、、、。
              
              私の教室ではしつけ糸やピンを全く使わないで縫っていくか、使う場
              合は、しつけ糸よりもピンを山ほど使います。ミシンをかけながら、どん
              どんピンを外していきます。 いちいちピンを針山に刺している時間も煩
              わしいので、いままではマグネットのトレーを皆さんにお勧めしていました。
              マグネットトレーですと素早く作業ができます。でも手首用のマグネット
              トレーがあれば最高なんだけどと、いつも思っていました。
              
              ありました!

f0179059_1975062.jpg
 
f0179059_1995029.jpg
 
              まっすぐのバーがどうして、こんなにくるんと丸まるのか、、、。
f0179059_1992553.jpg
 
              教室に持っていくと、お母さんグループの方々はよく知っていました。
              この丸くなるバー子供の玩具にあるそうです。
              You Tubeでこの使い方見つけました。→   
                       
              パッケージはこちら。クローバーの商品なんですね。アイディアがいつも
              素晴らしいです。よっ、日本の誇り!
f0179059_19233567.jpg

              針を床に落としたときも楽に探せました。
f0179059_1924241.jpg
 

              アメリカではもう発売になっていますが、イギリスではまだなよ
              うです。 もうイギリスでも発売してました!
              こちらで買えます。              
              お勧めですよ。



         _______________________________                        
           
[PR]
by maribabalondon | 2013-07-05 19:40 | 道 具 | Comments(7)

糸が絡まず収納できる便利な道具

                  縫い針に残っている糸、捨てるには長い。
                  だから針刺しにちょっと。これが何本かになると、針山の上
                  で絡まってしまい、どうにも収拾がつかなくなります。
                  
                  そこで、こんな便利なもの見つけました。
f0179059_7291038.jpg

                  針の太さや長さに合わせた、溝が10箇所あります。
                  そこに糸付の針を差込み、手前に見える溝に糸を引っ掛け、
                  紺色のダイアル部分を回すと、糸が歯車の下に、きちんと収ま
                  ります。
                  10本の針が収納でき、透明のプラスティックのフタもカッチと
                  閉まるようになっています。
                  クロバーの商品で、名前はQuilt Dome(だったと思います)

f0179059_7293733.jpg


                      これで、あのいらいらが解消できます。良かった。


               __________________________


                フトスツール講習のご案内
                 あなただけのオリジナルフットスツール作り                   
                       満足度大です!
f0179059_861083.jpg
              

                            
                                          


               _________________________  
                 
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-04 07:57 | 道 具 | Comments(6)

便利な道具

                          
             M さんが作っているのは、ボックス型のクッション。パイピングも付くし、
             特に角部分がちょっと厚くなり、待ち針が止めづらいんだけど、、、。
f0179059_2215374.jpg

             作っていて、やりずらいなあと感じても、そのままがんばってしまうことが
             多いのではないでしょうか?
             教室で M さんが、楽そうに使っていたこの道具、小さいけど、とても強い
             バネになっていてしっかり止まります。
             それにクリップの内側には目盛りが付いていて、縫い代寸法位置に止める
             ことができます。ミシンもその先端位置にかけられてとても便利です。
f0179059_22125442.jpg

             
             待ち針では手に負えないときなど、今まで文具のクリップを使っていました
             が、小さいけど強いこの道具、とても気にいりました。

             適切な道具があると、作業がとても楽になりはかどりますよ。
             皆さんも適切な道具を揃えることをお勧めいたします。


       __________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-05-20 22:41 | 道 具 | Comments(6)