カテゴリ:犬/その他の動物( 42 )

次の話題の前にちょっと一休み

            もう暫くお待ちくださーい。
f0179059_834464.jpg

これピップがパピーのころです。
[PR]
by maribabalondon | 2010-03-10 08:40 | 犬/その他の動物 | Comments(10)

早めのクリスマス

今日もスコットランドは晴天です。そのかわりとても寒いです。
     もう少しで完全に日が昇ります。
f0179059_6141421.jpg

私一人で日本に帰りますので、我が家では早めのクリスマス?をしました。
クリスマスランチには、ダックか、ターキーか、(チキンも)ですが、夫はそんなことを無視して
今回は大好きなラムを食べることにしました。
        ここのお肉は美味しいですよ~。
f0179059_6255510.jpg

さて、ラムの出来上がり!いい匂い~。 こういうお料理は主人の役目。
f0179059_6271480.jpg

このポテトは中が柔らかく、外側がカリカリで美味しかった。もちろんお肉は最高でした。
f0179059_635968.jpg

大好きなクリスマスプディング、食べてる途中で写真を撮るのを忘れていることに気がつきました。
かなりハイカロリーですが、ブランディーバターと一緒だと美味しい~。
さて、ピップへのクリスマスプレゼントはこれ!普通はこいう玩具はすぐに壊してしまうのですが、これはなかなか壊れない優れものです。
f0179059_6293419.jpg

そしてもうひとつのプレゼントは、KeiさんからいただいたピップへのXMasプレゼント。
f0179059_640317.jpg

f0179059_6403818.jpg

      ピップのスターターです。 まだでしょうか?もう食べてもいいですか?
f0179059_6455366.jpg

      ラムももらってお腹いっぱいになり、暖炉の前でうとうとしています。
f0179059_6565792.jpg

          これは暖炉の必要道具です。
f0179059_721342.jpg

          しまいにはこんなにリラックスして。
f0179059_73160.jpg


こうして早めのクリスマスを済ませ、水曜日には日本に出発いたします。
楽しい日本便りも見てください。
では皆さん、楽しいクリスマスとお正月をお過ごしください。また来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by maribabalondon | 2009-12-15 07:24 | 犬/その他の動物 | Comments(37)

ピップのお気に入り

これなんだか分かりますか?
f0179059_2325743.jpg

もともとは子供用のフットボールだったんですが、、、、

ボールで遊ぶのが大好きなピップ。
ボールがこんなになっても愛着があって、庭に出るとすぐこれで遊びます。
人の足元に置いて「ほれっ、ほれっ、取れるものなら取ってみろー。」という感じに取りっこしたり、投げてーと催促したり。

f0179059_3283465.jpg

f0179059_2391948.jpg


ある日、湖を見ると大きなボールが岸にどんぶりこ、どんぶりこ。
ピップ行くよ!

More
[PR]
by maribabalondon | 2009-07-07 03:34 | 犬/その他の動物 | Comments(33)

犬のトレーニング

ペットを甘やかすとそのペット自身があとで辛い。
なのできちんとしつけをしなくてはいけない。
分かっているのだけれど、私はどうも甘やかしてしまう。
夫がピップをトレーニングしたおかげで、お座り、お手、
そのままじっと、待て、(以前のを見てね。)伏せ、回転(寝ながら)、
来い、このぐらいはできる。

でも、この犬は凄い!
このボブという犬、隣の牧場の牛を追いかけてどうにもならず、処分
されるところだったらしいけど、最後にもう一度トレーニングをしてみよう
ということになり、、、、。
これを見て!

↓念のため日本語訳ね(なまりも強いしね)

飼い主がボールを投げて、

近づいて、もっと、もっと、もっと。
そのままじっとして。
バックして、バック、バック。
回転して。そう、 反対方向も。

近づいて、もっと、もっと、ずごく近づいて、もっと、もっと。

これから数えるけど、Threeといったらボールを取ってもいいけど、
絶対にThreeと言うまで、ボールを取ってはだめだぞ。
One Two Four  (普通はOne Two Threeと思うでしょうが。)Six Eleven、
Twenty five 
 Three  パクッ(凄い勢い!)


いかが面白かった?

トレーニングするとここまでできるようになるのね。凄い。
ボブちゃん処分されなくて良かった。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-17 10:05 | 犬/その他の動物 | Comments(20)

テレビっ子

昼間は充分散歩したし、夜はTVでも見て楽しもうかな。 
f0179059_723074.jpg

こら、こら、そんなに近くで見ると、目を悪くするよ。
f0179059_7233286.jpg

テレビっ子のピップです。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-15 07:32 | 犬/その他の動物 | Comments(22)

ピップのその後 <決してあきらめてはいけない。>

前回ご報告した段階では、ステロイドの副作用で筋肉はすっかり消え、車にジャンプして乗るのもやっとでした。
頭蓋骨の形まで想像できるほど、がりがりに痩せ、10キロあった体重が、たったの
8キロにまで減ってしまいました。

f0179059_826468.jpg

          こんなに痩せて、首輪なんかゆるゆる、、、。

あれから、2ヶ月ほど経ちました。
その間に、3度の血液検査をしました。
いかに蛋白質が血液の中に増えているかの検査です。
なにしろ、蛋白質が腸に吸収せず、流れて出ていってしまうからです。

もし、ステロイド治療で蛋白質が増えることがなければ、恐らく「内臓の癌」、増えてく
れば、治療可能な「大腸炎(Inflammatory bowel disease)」ということです。

去年の9月に肝臓機能停止と言われ、死の勧告を受けました。
腹水が溜まり、それはそれは、ひどい状態でした。

お腹はこんなになって、、、、。

More
[PR]
by maribabalondon | 2009-02-08 08:41 | 犬/その他の動物 | Comments(28)

ピップのその後

血液検査とスキャンの結果肝臓機能停止で、「あと2~3日、長くて1週間くらいです。」
死の勧告を受けたのが9月12日です。
まだたったの、2ヶ月半の経過ですが、ピップは生き延びて今に至っています。

家からはかなり遠いのですが、第2オピニオンが聞きたくて、近所の人が勧める
獣医に行ってみました。
なんと言っても、詳しく説明してくれます。夫はそれが気に入りました。

次の日の朝早く行き、まずはなにも食べていない状態での血液検査です。
その後は脂肪分の多い食べ物を与え、どのくらい肝臓が働くかをみるために再度
血液検査をしました。
バターたっぷりの目玉焼きサンドイッチを与えたのですが、「こんなおいしいもの世の中
にあったのか!!」もうろくに噛みもせずガツガツと。 凄かった!

でも、痩せて血管が細くなり、なかなか採血できず、見ていて痛々しかった、、、。

検査結果をその3日後にもらいました。

肝臓は小さいながらも正常に働いているのです。

でも、血液の中には蛋白質がありません。蛋白質が流れ出てしまうのです。

原因は Inflammatory bowel disease (訳すと腸の炎症病となるのですが)か、
内臓の癌のどちらかが考えられるということです。
癌を調べるためにお腹を切り開くというは危険性とかなりの痛みをともない、仮に発見
したとしても助かる確率はかなり低いということです。

いずれにしても、蛋白質を吸収させるための治療はしなくてはならないので、
ステロイドの錠剤と沢山の高蛋白質食品をを与えることになりました。

直美さんもピップのこと心配してくれて、犬、猫用のフリーズドライ納豆を日本から
わざわざ持ってきてくれました。納豆はご存知のとおり蛋白質がいっぱいです。
ご飯に振りかけて食べるのですが、実は、ピップ、納豆が大好きなんです。
最近のピップのごはんは、沢山の鳥胸肉やサーモン、野菜ミックス、そしてこの納豆です。
f0179059_6273972.jpg

がりがりにやせ細って、首は細くなり、あばらは見えるし、筋肉も失われてしまいました。
目が落ち窪んで、頬がこけた状態、というのは人間だけかと思いましたが、犬でもある
ということを初めて知りました。
f0179059_6323058.jpg

でもどういうわけか、凄く元気なんです。「ねー、遊ぼうよー。」と玩具を私の
ところに持ってきます。
ステロイドのおかげで、ものすごい食欲、食べても食べても満足感はないようです。
相変わらず、冷蔵庫の上を見て絶えず催促しています。
f0179059_6331099.jpg

スキャンもして肝機能停止と判断したのに、不思議です、、、、。
最初の獣医は誤診だったようです。
いずれにしろ、第2オピニオンはやっぱり必要ですね。

どうか癌でありませんように、、、、。
ピップはあとどのくらい生きられるか分かりませんが、私達の家に来たのも
なにかの縁なのだと思います。 
治ると信じて、精一杯尽くしてあげたい。


[PR]
by maribabalondon | 2008-11-27 06:46 | 犬/その他の動物 | Comments(21)

ピップのその後

9月13日の土曜日に、「2~3日、長くても1週間の命」と言われてから
約3週間が経過しました。
今週の水曜日、ふたたび夫がかかりつけの獣医にピップを連れて行きました。

元気なピップの姿を見て、2人の獣医と、受付の女性達は、もうびっくり!
獣医は「こんなことはじめてです!」「もう1度、スキャンと血液検査をしてみましょう。」
結果がでました。
線維化してしぼみ、全く働いていなかった肝臓が、まだ通常よりも小さいとはいえ半分機能しているということです。
血液検査の結果も、良い方向に進んでいるということです。

以前より一回り小さくなって、ちょっと痩せてしまったのですが、腹水や足のむくみはまったくなくなりました。

それに、凄い食欲!

今朝も朝早くから、ごはんの催促です。
夫の作った食事を勢いよくたいらげ、「もっと、食べたーい!」と足で器をひっかき、何度も音を立てて催促します。
あまりあげ過ぎるのも良くないと、器を隠してしまうと、今度は器の置いてあったそばの壁をひっかき音をたてて催促します。

夫も私もピップの回復のために色々調べました。

先日素晴らしいサイトにめぐり会いました。
これだけ徹底して愛犬のために尽くす人もいるんだなあと感心してしまうサイトです。

栄養成分なども徹底的に調査した結果作られた、愛犬のための特別レシピ、肝臓にも良い野菜ミックスが出ていました。
そしてこの方にメールでいくつかのことを質問させていただきましたが、沢山のことをとても親切にアドバイスしてくださいました。

そしてもちろん、今日さっそくこの野菜ミックスを作ってみました。
この食事ピップは大好き!とても喜んで食べました。
f0179059_6451258.jpg

ピップはただ命が少し延びているだけかもしれません。でも、奇跡を信じて、できるだけのことをしてあげたいと思っています。

ピップのことをご心配くださっている皆さん、これからもピップが少しでも長く生きられますようにお祈りくださいね。 本当にありがとうございます。
[PR]
by maribabalondon | 2008-10-04 06:51 | 犬/その他の動物 | Comments(14)

奇跡的な回復!

ランプシェイド作品特集の前に、ご報告いたします。

9月12日金曜日、ピップのお腹がいつもより出ていて硬いことに気がつき、かかりつけの獣医に連れていきました。
血液検査をし、翌日土曜日にはスキャンをとりました。
「肝臓が線維化してしまって、まったく働いていなので、ここ2~3日、長くて1週間
くらいの命です。もう手の施しようがありません。苦しんだら連れてきてください。安楽死させましょう。」
夫も私もあまりにも突然のことで、かなりうろたえましたが、生きている間だけでもできるだけのことをしてやろうと、夫は肝臓に良い食事をインターネットで調べて作り、私と日本にいる妹は日に何度となく祈りました。
お腹は腹水でかなり膨らみ、後ろ足まで水が溜まりついに3倍くらいの太さになりました。

ところが、先週の金曜日、なんとお腹はかなり小さくなり、足はもとの太さに戻りました!

もう死んでいるはずの先週の日曜日には、腹水で飲みたがらなかったお水も飲む
ようになりました。
今では、いつものように、「もっと食べたいー」と器を足でひっかき、カーンカーンと音を立てて催促するまでになりました。
愛が通じたのでしょうか、ピップは奇跡的な回復をしたのです!

このことで、先週1週間教室を休みさせていただきご迷惑をおかけした、教室の皆さんや、ブログを通じてのお友達からも、暖かい励ましのお言葉をいただきました。
これがどれだけ私にとって励みになったことか、、、。
本当にありがとうございました。心より感謝いたします。


さりすけさんから、小夏庵のAnnさんへ、そして私に、わんちゃんバトンがまわってきました
ので、ピップの写真も含めてバトンの質問にお答えしたいと思います。
ご興味のある方はクリックしてね。


More
[PR]
by maribabalondon | 2008-09-26 07:14 | 犬/その他の動物 | Comments(25)

深い眠り

前回に引き続きベットリネンのお話です。
といっても、今回は人間のでなくて犬のです。

ピップには円形ビーンクッションの大きいのと中くらいのを2つ作ってあげました。
カバーはいくつも作って、沢山ストックがあります。
その他にふとんもあります。

まだパピーのときは、少しでもころんと出ている箇所があると、すぐにかじるので、
パイピングなど余分なものはいっさい付けられませんでした。

デザインはシンプルに、そして色は白っぽいいものに。
本当はこげ茶や赤などの色合いが彼のコートには似合うのだけれど、毛が抜けて
カバーがすごく汚く見えるからなんです。

犬といえども、心地良い眠りを与えてあげたいというのが親心。

人間は人生の1/3は寝ていると言われていますが、犬はちょっとしたもの音にでも
すぐ反応するので、熟睡しているのはほんの短い時間なのでは?

でも長い時間こんなに熟睡してます、、、、。

More 
[PR]
by maribabalondon | 2008-09-06 23:01 | 犬/その他の動物 | Comments(20)