カテゴリ:絵を描いてみる( 7 )

Libertyプリント柄の楽しいOmori


             裁断に便利な重り、どうせなら作業を楽しくする重りをということで、
             教室にいらしている方々にも人気のある Libertyプリントを描いてみました。 
f0179059_7444832.jpg


f0179059_7591241.jpg

             こちらは小さい重り。軽い生地にはいいですよ。
             以前のトワルデジュイのOmoriはこちら→             
              
f0179059_7594974.jpg


             ペーパーウエイトにもなり、便利です。


        ______________________________ 



              夏休みも終わりに近いころ、ピップとお散歩に。         


f0179059_8295678.jpg

             あっ、遠くに見えるものは・・・動かないでじっとしている。
f0179059_8302995.jpg

             野うさぎ。ピップには遠すぎて気がつかなかったみたい。
f0179059_8305183.jpg



        __________________________  
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-13 08:20 | 絵を描いてみる | Comments(16)

便利で楽しい重り OMORI作品 

               それほど大きくない布を裁断する時に、ちょっとした重りがあると便利
               です。
               
               スコットランドの家の前の浜辺で石を拾ってきました。

               どうせなら、楽しく作業ができるように、絵を描いてみようと思い、
               今回は手持ちの布のプリントを幾つか描いてみました。


               こちらは天使とバラの トワル デ ジュイです。

f0179059_4391047.jpg

               こちらはリバティプリントから。
f0179059_439517.jpg


               ペーパーウエイトにしても便利です。
               ソフトファニシングにちなんで布プリントを描きましたが、
               うさぎの顔のような石、そして窪みや形が、ムンクの叫びを
               描くと良いような石もあります。
               仕上がりを想像して、なんだか楽しくなってしまいました。 
      
               また今度、他のOMORI作品もお見せいたしま~す。


         ______________________________            
               
[PR]
by maribabalondon | 2013-09-06 05:10 | 絵を描いてみる | Comments(14)

Marina at sunset

          私の参加しているアートクラスに、3名もすごーく上手な人がいて、
          そっくり描いているわけではなく、どこか心に響くものを描いている。
          焦ってもどうにもならない感性の違いってものを感じる、、、。
          描き慣れると少しは近づくかなあ。 
          私は行かれなかったけど、その中の一人は夏休み前にグループ展をやり
          ました。
      
          ちょっと図々しいのですが、ここで私の個展をやらせてください(笑)。
          前回の愛犬ピップのポートレートは主人にはあまり評判がよくなかった
          ですが、今回のこちらの絵は、タイトルもつけてくれてどうやら気に
          いったようです。水辺のボートが描かれているからなおさらです。
          タイトルは「Marina at sunset」です。
f0179059_5473063.jpg

          たった1点の個展でした(笑)。
          また額は編集サイトが作ってくれました。楽~。

          趣味とはいえ、早く心に響く絵が描けるようになりたいな。

       ______________________________

             ★楽しいチャリティーランチ会のお知らせ★

         ブログつながりのお友達ロビンちゃんサンクちゃん
         好評の第2回目のチャリティーランチ会を9月9日に行います。
         詳細をご覧くださいね。

  

          
[PR]
by maribabalondon | 2011-08-22 06:38 | 絵を描いてみる | Comments(20)

愛犬ピップのポートレート

     仕事ばかりの忙しい毎日はいけないと、週に1回ですが夜に近くにある
     絵のクラスに最近通い始めました。
     仕事から戻り、簡単に夕食を済ませ10分くらいの所にある教室に行きます。
     かれこれ13人くらいの生徒がいます。
     何週かは色々なことを試して絵を描きます。ラミネートに反射した絵を描い
     たり、コラージュや、モノトーンで色の濃さを理解しながら描いたり、音楽
     からイメージした絵などを描きます。その後は自由に自分で選んだ題材で絵
     を描きます。

     本当は水彩画のクラスに参加したかったのですが、夜で空いていたのは、
     アクリルペイントのクラスのみでした。
     初めて使うアクリル絵の具に戸惑いましたが、乾きが早くすぐ色を重ねられ
     るので便利な点もあります。その代わり固まった絵の具はもちろん無駄にな
     り使えません。 絵の具を薄めるときはお水ではなくMatt Medium という乾く
     と透明になる液で薄めます。お水ならただですが、これが決して安くないんで
     すよね。
f0179059_3185468.jpg

     ピップが5歳のとき義父が撮った写真があります。ピップの写真の中で最も
     好きなもののひとつです。題材はこれにしようと初めから決めていました。
     クラスメートには「犬は難しいよ。止めたほうがいいと思うけどなー。」と
     言われたのですが、やはり題材として選んでみました。

     まだ額に入れていないので、こんなふうに編集してみました。便利ですね。
f0179059_3202244.jpg

     主人はちょっと厳しい評価で、がっかり、、、。
     でもいい、楽しかったから。
     今回は写実的に描いたけど、次はちょっとデフォルメして描いてみよう。


 
[PR]
by maribabalondon | 2011-04-18 04:28 | 絵を描いてみる | Comments(33)

ボタニカルアート <それぞれのカボチャ>

今日は久々のボタニカルアートのレッスンに行って参りました。
お教室は、Baker Street 駅のすぐそばにある、お料理の先生オルソン敦子さんのお宅で行なわれました。

今日は3名の少人数で、偶然にも3人とも3回目のレッスンです。
素材は、この時期にぴったりのカボチャ。

敦子さんの家には秋をイメージし、さまざまなカボチャや木の葉などがディスプレーしてあったのですが、
カボチャは、細長いもの四角いもの、大きなものから小さなものまで、そして色も豊富です。
今日のためにそれぞれが準備をしたのは、小さめのカボチャですが、3人とも全く違ったカボチャです。
カボチャは種類が多いんですね。
f0179059_4433824.jpg

向かいのみちこちゃんの選んだカボチャはきれいなオレンジ色。オレンジの濃淡を表現するのはけっこう
難しい。でもとてもきれいに描いています。
私の選んだカボチャはグリーンのブチブチとオレンジ色がいっぱい。
描いていくうちに、自分の選んだカボチャにどんどん愛着が湧いてきます。グリーンのブチブチも
オレンジも大好きになっていきました。
f0179059_448167.jpg

敦子さんの選んだカボチャはハート型です。黄色のベースに濃いグリーン模様が面白い。
このコントラストや模様がとても正確に描かれています。
f0179059_4535576.jpg

それぞれ愛情を持って描かれたカボチャです。左から、オレンジの濃淡がきれいに描かれているみちこ
ちゃんの作品。 中央は敦子さんの作品、このキュートな形が彼女にぴったりです。
右側は私の作品です。
f0179059_4491379.jpg


山中麻須美先生、素晴らしいご指導ありがとうございます。
いつも慌しい生活をしている私ですが、今日はとてもリラックスさせていただきました。
[PR]
by maribabalondon | 2009-10-17 05:47 | 絵を描いてみる

ボタニカルアート2回目のレッスン

先生のお宅でのレッスンに行って参りました。

前回のレッスンでは、赤唐辛子を描きましたが、今回はもう少し複雑な、
アイビーの葉です。
そして前回とは違った方法での色付けの仕方を教えていただきました。

アイビーの葉は今までもちろん何度も見ていますが、描いていくうちに、
今まで気づかなかった、植物の不思議がいろいろ発見できてとても興味深い。
f0179059_101088.jpg

麻須美先生が、お昼を作ってくださり、「準備できましたよー。」

f0179059_11366.jpg

サーモンのマヨネーズ焼きと、パセリごはん。
美味しかったですよ!(本当はこれが一番の楽しみなんですけどね。)
そして、先生の作ったラズベリーといちごのオーガニックジャムもおみやげに
頂いてしまいました。
f0179059_204967.jpg

f0179059_232148.jpg

額に入れて一応出来上がり。
ちょっと違うんだなー。 不満足。 しかし奥が深い、、、、。
でも、こうして追求していく過程があるからこそ楽しいのだと思う。

麻須美先生の絵が、10月からキューガーデンに展示されることになりました。
これは、本当に凄いことなんです!

こういう方から、習える私は本当にラッキーです。

9月10日から、Finchly Central の教室もできます。
毎週水曜日で、初級コースもスタートするそうですよ。
皆さんにもお勧めです!
[PR]
by maribabalondon | 2008-07-21 01:40 | 絵を描いてみる | Comments(15)

ボタニカルアートレッスン

日本から私の教室に体験レッスンで来たHさんもお誘いして、初のボタニカルアートレッスンに先生のお宅まで行ってきました。

一般の植物画と違う点は、ボタニカルアートのほうは、もっと学術的に花弁の1本、1本まで、葉脈の1本、1本までも正確に描かなければなりません。
ですから、ゴッホ のひまわりの絵や、セザンヌ の果物の絵などは、もちろんボタニカルアートではありません。
ビギナーの初レッスンはまず、水彩絵具を水で薄めながら、画用紙に1色につき、3段階の濃さの色を作り、円を描いて塗っていきます。
ところが、、、うまく円に描けない。大きくなったり楕円になったり、水彩絵具の水加減もけっこう難しい、、、。でもこれも慣れ、練習、練習。

f0179059_2324381.jpg

次は、唐辛子の絵からスタート、自分で配置を考えて、色塗りして完成したのがこれです。
でもちょっと不満足。でも、まっ、いいか、最初だから。練習、練習。
f0179059_2213245.jpg








この日のお昼ごはんは先生の手料理で、チキンのプラム煮込みを頂きました。
いらした方は皆、熱心にレシピを聞いていました。おいしかった!

先生の山中麻須美さんは、お料理だけではなくインテリアの趣味も抜群、そして今、すてきなローマンブラインドをご自分で製作中です。器用!

f0179059_2431399.jpg

先生のお宅の17才の猫ちゃん、貫禄ありまよ。
f0179059_2491375.jpg







先生がお住まいのフラットは、まわりは緑に囲まれて自然がいっぱい。古い素敵なお家も沢山あります。




f0179059_2582667.jpg
先生お手製のおいしいフルーツゼリーでこの日は締めくくり。
ボタニカルアートは奥が深そう。練習、練習。 とても楽しい1日でした。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-08 03:16 | 絵を描いてみる | Comments(8)