<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

寝顔

「こらっ!そんなことするんじゃない!!」やんちゃ坊主2人を持つ私の友人の声です。
本当によく彼らを怒鳴りつけていたっけ。

でも慌しい1日が終わり、彼らの罪のない寝顔を見ると、「ごめんね~。この世に生まれてから、まだたったの数年しか経っていないんだもの、無理ないよねえ~。ごめんね~。」
と、つい懺悔してしまうのだと言っていた。

ここで犬を引き合いに出すのもなんだけれど、うちの愛犬PIPだって、パピーのときはあれこれかじって「うそっ!! こんなにしちゃって!」ということは数えきれないほどある。
でも、罪のない寝顔というか寝姿は人間の子同様すごーく可愛いデス。(私には、、、)

          今はもう6歳、よくいたずらはしたけれど、
          まだパピーだった頃のPIP、懐かしいなあ~。
f0179059_3231480.jpg

          なんで、こんなに手足をつっぱらせて寝るのかしら?

               完全にリラックス。
f0179059_3272997.jpg

            可愛い~。 すみません、親ばかで。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-28 03:39 | 犬/その他の動物 | Comments(17)

MITRE とは <その1>

私がカレッジで MITRE を習ったとき、ふーん、要するにこれは額縁仕立てをそう呼ぶ
のねと思った。

辞書で MITRE を引いてみると、司教の儀式用のかぶりもの、洋裁では斜め接ぎ
となっていました。

先日、バスに乗り外を眺めていると、MITRE という看板のティールームが見えた。
角に位置していて、入り口もそれを意識して角位置にある。ふ~ん、なるほどね~。


これは、ソフトファニシングや小物つくりなどに、頻繁に使われるとても便利でスマート
なテクニックです。


数あるMITREの作り方の中から、今回は表面も、裏面も縁取れるDouble Border Mitre(私が付けた名称は両面額縁)と呼ばれる作品を紹介します。

テーブルクロス、ベッドスプレッド、ブラインド、カーテンの縁 etc... いろいろに使えます。

        リネンが大好きなNさんの作品です。
f0179059_557338.jpg


ボーダーに工夫を凝らしたSさんの作品です。

f0179059_603770.jpg
「この布どうやって使おう。う~ん。」と考えて早20年!
Sさん、やっとこの布が日の目を見られて良かったわね。おめでとう!
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-24 06:25 | テーブルリネン | Comments(11)

自分だけのエコバッグを作ろう!

教室でのカリキュラムは、クッションやカーテンなどのソフトファニシング類がメインですが、希望者は途中でちょっとした小物や、バッグ類などを作ることもあります。


教室に来ている、麻衣子さんは、Designers Guildの布が大好き。
彼女の作品にもよく使われています。でもちょっと高いので、目的の布はセール時期を狙って、安く買ってきます。これが本当にすごく上手なんです。


大好きなDesigners Guildの布は、たとえハギレでも無駄にしたくはありません。
ほんの少し残った布で、麻衣子さんがデザインして作ったのが、この素敵なエコバッグです。

f0179059_6162521.jpg


f0179059_6182026.jpg


残った部分のカップ柄を2つ切り取りアップリケし、ストライプのボーダー部分はハンドルに。
f0179059_6244491.jpg


使いやすい大きさで、素敵な自分だけのエコバッグを作ってみましょう!
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-18 06:32 | バッグ&かご | Comments(13)

ついている!

今回は写真がないので、想像力を働かせて読んでください。

● その1  「アクシデント」

急に車線が狭くなった所で、となり車線にいた大型のVanが、わたし側の車線入りつつ、
歩道に乗り上げながら、曲がっていった。

「バン!」私の車にぶつかったのだ。

少し走ったところで、運よく信号が赤になった。降りて行って「今、私の車にぶつけたわよ。」 お互いに路地に入り車を止め、話し合うことに。
「僕のせいじゃないよ。」「いいえ、もちろんあなたのせいよ。」と言い合いになった。

そこへ、、、

More
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-15 00:42 | 色々 | Comments(11)

ボタニカルアートレッスン

日本から私の教室に体験レッスンで来たHさんもお誘いして、初のボタニカルアートレッスンに先生のお宅まで行ってきました。

一般の植物画と違う点は、ボタニカルアートのほうは、もっと学術的に花弁の1本、1本まで、葉脈の1本、1本までも正確に描かなければなりません。
ですから、ゴッホ のひまわりの絵や、セザンヌ の果物の絵などは、もちろんボタニカルアートではありません。
ビギナーの初レッスンはまず、水彩絵具を水で薄めながら、画用紙に1色につき、3段階の濃さの色を作り、円を描いて塗っていきます。
ところが、、、うまく円に描けない。大きくなったり楕円になったり、水彩絵具の水加減もけっこう難しい、、、。でもこれも慣れ、練習、練習。

f0179059_2324381.jpg

次は、唐辛子の絵からスタート、自分で配置を考えて、色塗りして完成したのがこれです。
でもちょっと不満足。でも、まっ、いいか、最初だから。練習、練習。
f0179059_2213245.jpg








この日のお昼ごはんは先生の手料理で、チキンのプラム煮込みを頂きました。
いらした方は皆、熱心にレシピを聞いていました。おいしかった!

先生の山中麻須美さんは、お料理だけではなくインテリアの趣味も抜群、そして今、すてきなローマンブラインドをご自分で製作中です。器用!

f0179059_2431399.jpg

先生のお宅の17才の猫ちゃん、貫禄ありまよ。
f0179059_2491375.jpg







先生がお住まいのフラットは、まわりは緑に囲まれて自然がいっぱい。古い素敵なお家も沢山あります。




f0179059_2582667.jpg
先生お手製のおいしいフルーツゼリーでこの日は締めくくり。
ボタニカルアートは奥が深そう。練習、練習。 とても楽しい1日でした。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-08 03:16 | 絵を描いてみる | Comments(8)

Bread-Roll Holder

4時間の体験レッスンをと、日本からはるばるHさんがやってきました。

なにしろ、たったの4時間ですから、完成可能なカリキュラムの候補の中から選んでいただいたのが、Bread-Roll Holder (日本とは呼び方が逆なんです)です。

見た目は複雑そうだけれど、作り方は以外と簡単。

サイズを小さくしてアクセサリーなどの小物入れとして使うこともできます。

f0179059_225658100.jpg
  
完成してとても嬉しそうでした!
スコーンを入れるそうです。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-07 23:06 | テーブルリネン | Comments(2)

引き続きスコットランドの家


f0179059_894021.jpg
こんなところに住んでいます。

もう散り始めてしまいましたが、スコットランドのこの時期は、つつじやしゃくなげが満開です。
f0179059_8151240.jpg

[PR]
by maribabalondon | 2008-06-03 08:18 | スコットランド | Comments(14)

スコットランドの家

このハーフターム休暇はもちろんスコットランドの家で過ごしました。

雨の多い西海岸ですが、晴天続き!
f0179059_7544798.jpg


庭仕事もだいぶはかどりました。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-03 07:59 | スコットランド | Comments(6)

はじめまして。やっと開設しました。

まずはざっと自己紹介から。

ロンドンで、ソフトファニシングの教室(布で作るインテリア類)を開いてから、かれこれ14年になります。

7年前にスコットランドに引越し、「あと7ヶ月で教室を閉めます。」と発表したけれど、
いままで築きあげたものを終わりにするのも、、、。と惜しくなり、今にいたっております。
止めず続けてきてよかったです。

夫は元ラジオのプロジューサーで、今はフリーランサーとしてスコットランドの自宅で仕事。
スコットランドをこよなく愛しています。
あっ、それから愛犬のピップもいます。

ということで、私は2週間ごとにスコットランドに帰っています。
ロンドンのフラット(アパート)は、主人の両親がたまに泊まる程度なので、私はそこを
仕事場として使わせてもらっています。本当にラッキー!

仕事に追われていますので、頻繁に更新というわけにはいきませんが、訪問してくださいね。
よろしく。
[PR]
by maribabalondon | 2008-06-03 07:43 | Comments(4)