<   2008年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

収穫

スコットランドの家の庭にはりんごの木が5本ある。
と言うと、よほど大きな家に住んでいるように聞こえるが、そうではなく
前のオーナーは本当に果物が好きだったようで、デザートアップルやクッキングアップル、
その他の果樹を沢山育てていたようだ。
引っ越してきた当初はりんごの木が8本、プラムの木が1本、あとは洋ナシの木が1本
あったのだけれど、病気でかなり弱っていたので切り倒した。

結局、残った5本のりんごの木は、確実に毎年実がなるが、かなり長いこと剪定をして
いないでの、実はかなりついていても、あまり大きくはない。
それに、枝が伸び過ぎて、背の低い私には上の方にあるりんごを取りたくても届かない
というのもどうも気にくわない。
f0179059_7142041.jpg

ここのところ3日ほどりんごの皮むきで大忙し、簡単な保存方法として、切ってお砂糖を
加えて煮たものを冷凍しておき、食べたいときに解凍し、ヨーグルトと一緒に食べたり、
アップルクランブルに使たりする。
でも、収穫に追われたり、保管方法に頭を悩ませるなら、数は少なくても質の良いものが
欲しいと思う。
剪定の大好きな私でも、どうも寒い中剪定をするというのが苦手、、、。

でも来年春までには絶対やります。りんごちゃん達待っていてね!
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-29 07:25 | 色々 | Comments(23)

TOADSTOOLS

庭にはきのこが、なんとなく秋の気配、、、。

猿の腰かけというのがありますが、写真のは一般に TOADSTOOLS 蛙の腰かけ
と呼ばれているきのこです。  

カタカナで書く一番近い発音は、トードスツールだと思いますが、Toad は蛙、
(それもいぼ蛙みたいなのです。)Stools は腰かけで、蛙の腰かけとなります。

   小さいのが沢山出始めています。
f0179059_6535327.jpg

   TOADSTOOLS と呼ばれているのもは沢山の種類がありますが、
   毒きのこは含まれていません。
   でも、この毒々しい色、、、食べたら死にそう、、、。
   
f0179059_6563633.jpg


   これおいしそー、と言ったら、遊びに来ていた義母が、
   「毒じゃないけど食べられないわよ。」やっぱり止めときました。
   
f0179059_6584865.jpg


   あー、それにしてもマツタケの土瓶蒸しが食べたいな~。
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-29 07:06 | 色々 | Comments(8)

ティーコージィー <その2> 巾着型


私は勝手に巾着型と呼んでいますが、こちらでは Muff Tea cosy と呼ばれています。

毛皮の筒状のもので、両端から手を入れ温めるもの、皆さんも映画などで見たことありま
すよね。 
あれを Muff と呼ぶんですが、このティーコージィーの場合、まったくの筒状ではありませ
んが、きっと、そんなイメージからそう呼ばれているのでしょうね。

ドーム型と比べて、便利な点はティーコージィーを着けたまま茶をそそぐことができます。
それから、底が付いていいますので、中敷きにコルクなどを用いれば、保温力はかなり
あがります。

でもせっかくの素敵なティーポットは隠れてしまいますが、、、。
その逆に隠したい場合は便利ですね。(笑)

前回のマルシェバッグと額縁クッションでおなじみのAyaさんは、これをリバティーの布で作りました。
義母様にもプレゼントしたところ、大喜びだったそうです。
色合いも柔らかく、Ayaさんのお気に入りです。

Eriさんは、こんなお天気の良い日は、ガーデンでお茶を楽しみます。
f0179059_6291124.jpg

これで完成!嬉しそうなアキコさん。
f0179059_6301197.jpg

クマユカさんのも、完成しました。今日からさっそく使えますよ。
f0179059_631939.jpg

今は太陽いっぱいのカリフォルニアに暮らしているこの方のティーコージィーは、なんとなく日本的な雰囲気を感じます。
裏側にリバティーの布を使って贅沢に。
時間があると何かしら作っている、とにかく物作りのが大好きな人です。
f0179059_633208.jpg


Makiちゃんのはとてもかわい~い仕上がりです。
f0179059_6341592.jpg



  お茶の時間を何倍にも楽しくする、手作りのティーコージィー、やっぱり
  ひとつは欲しいですよね。

 まだまだ素敵な作品がありますが、次回またご紹介いたしますので、お楽しみに!
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-24 06:56 | テーブルリネン | Comments(20)

Mitre その3

Double Border で作るSingle Border Mitre
なにかややこしい言い廻しですが、私のお気に入りの技法です。

布を2種以上組み合わせる場合は、それぞれの布の配分バランスがキーポイントです。

「この組み合わせ、ちょっとやぼかな?」
「この配色(または質感)あまり合いそうもないなあ~。」というようなときでも、
どちらかの布の分量をぐーんと少なくして、こんな風に細めに使ってみると、
ほら、なんて効果的なんでしょう!

f0179059_211913100.jpg
   直美さんが作ったこの作品は、
   赤をほんの少しDouble Border
   として使っています。

   ただ赤をSingle Borderとして
   使うよりも、はるかに作品が生き
   生きしてきます。






下の写真は前回のバッグでお馴染みのAyaさんの作品です。
パリで買ってきた、お気に入りの薔薇のプリント布。

古めかしくくすんだ色合いはクラシカルな感じですが、そこにストライプを細く
はさみ込むとご覧のとおり、ちょっぴりモダンさも加わり個性的な作品が完成!
f0179059_21445952.jpg


お気に入りのハギレでなにかを作りたい、なんていうときにもこの技法は大活躍です。

お2人のクッション本当に素敵。
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-19 22:00 | クッション | Comments(19)

かごバッグ その4

前回に引き続き、今回もマルシェかごバッグです。

ごん太ちゃんと同様に、「できましたよ!」と素敵な写真を送ってきてくれ
たAyaさん。
      Finishing Touch のコサージュが素敵! とてもフレンチ風! 
f0179059_23183291.jpg


   夏休み前から作り始めたこのかごバッグ、いざ完成して眺めているうちに、
  「う~ん、もう少し何かが欲しい」と思い立って作ったのが、このコサージュ。
   なかなか小粋な Finishing Touch 。
   布はビンテージ風プリントで一世を風靡しているCathのものです。

かごの内側もきちんと布を張り、そして広く開いた口は、中身が見えないように
巾着にしています。
f0179059_23232399.jpg

f0179059_2324668.jpg

     Ayaさんが楽しみながら作っている姿が、目に浮かびます。

     こういう風に皆さんが楽しみながら作ってくださるのが一番嬉しいです。
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-15 23:38 | バッグ&かご | Comments(14)

かごバッグ その3

今回はマルシェかごのバッグです。

マルシェとは市場のこと。昔は市場で買った物をこのかごに入れ、ろばの背に乗せて
運んだそうです。
そういわれてみれば、そんなシーンを映画で見たことあります。

このかごの原料は椰子の葉で、南モロッコの農家の女性たちが作っているそうです。
フランスの店頭でもよく見かけますが、やはりフランスでも買い物かごとして、昔から
一般的で使われてきた、まさにエコバッグの元祖です。

私の教室にきている愛称ごん太ちゃんから、「出来ましたよ!」と写真が届きました。
これで2作目の作品ですが、一作目はお母様に、二作目はもうすぐイギリスに休暇で
やってくる妹さんのためのものです。
いつも人のために一生懸命してあげるごん太ちゃんです。

彼女が Soho のCloth House へ行ったときに、「わーお!」一目惚れしたのが、
このインドのブロックプリント。
この大好きな布を使って、手持ちのマルシェかごをちょっと違った雰囲気にしてみ
たいと作ったのがこれです。

素朴なモロッコのがごと、インドのブロックプリント、なかなか調和がとれています。

f0179059_69104.jpg

f0179059_610247.jpg

      この素材は使い込むと、深いあめ色になり味がでてきます。
f0179059_6113964.jpg

        これで沢山お買い物しても大丈夫!

        妹さん、きっと気にいりますよ。
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-11 06:23 | バッグ&かご | Comments(12)

北京オリンピック開会式

素晴らしい演出に感動しておもわず涙がでてしまいました。
いろいろな問題をかかえていますが、いままで見たどの国の開会式よりも素晴らしいと
感じました。
巨額の費用を費やして、テクノロジーを駆使した美しい演出、何千人という人達が、
この日のために約2年間練習に練習をかさねてきた成果がみごとにあらわれていました。
こういうことができるのは、やはり中国だからではないでしょうか。

この後に控えている、ロンドンオリンピックは、これほど費用はかけられませんし、
もしこれほど巨額な費用をかけたら、国民は黙っていません。
このすぐ後ではやりずらいでしょうね。どんなのにするつもり、、、と心配になります。

中国が今回のオリンピックを前に、国民に出した注意事項は、、、。

●高年齢の女性は短いスカートをはいてはいけない。(わかってます)
●太った者は横縞のシャツを着てはいけない。(わかりました、はい。)
●男性は黒いズボンに白いソックスを履いてはいけない。(マイケルジャクソンの
 ファッションです、それは。)
●TVや冷蔵庫は電車で運んではいけない。(そんな物どうやって!)

中国ですね。やっぱり。

今日はなんとなく中国気分、そういえば、うちにも Made in China のものが
幾つかあります。
どれひとつとして高価なものはないですが、、、なんとなく気に入ってます。

夫の中国出張みやげ。スニッフボトル(多分)
f0179059_8335268.jpg

これも出張みやげ、注文して作ってもらった印鑑ですが、私のは大きすぎて、、、。
f0179059_8355155.jpg

香港で買った、子供の置物(たぶん)これ何か好きです。
f0179059_8364596.jpg

つげの櫛のうさぎと、マーブルのうさぎ。
f0179059_8385062.jpg

夫のお土産、中国おちょこ。これは多分、エンペラーか、英雄なんでしょうね。
f0179059_841297.jpg

きっと中国は沢山のゴールドメダルを獲得するのではないでしょうか。
(不正がなければいいですが、、、。)

そして、これを機会に、国民の幸せを考えた、本当の意味の発展国になってくれれば
いいんですが、、、。
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-09 09:05 | 色々 | Comments(13)

Mitre<その2>

Single Border Mitre

前回ご紹介したのはDouble Border Mitreでしたが、今回はSingle Border Mitre
の作品紹介です。(私が付けた名称は、片面額縁です)

やはりこれも色々な作品に使えてとても便利です。

たとえばこんな風にクッションにも、、、。

    真紀子さんは、Cabbages and Roses の布を大好きな
    リネンを使い額縁仕立てに。
f0179059_5495458.jpg

    現在NYはマンハッタンにお住まいのこの方も、
     やはりリネンで彼女風にシンプルに。
f0179059_5504419.jpg

     それぞれの個性に合わせて、効果的に額縁テクニックを使って
     います。 素敵!
    
     次回ご紹介するMitreは、またまた素敵!ためいきがでますよ。
     お楽しみに!
    
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-06 05:30 | クッション | Comments(18)

グレーのグラデーション

 絵を描いてみたい衝動にかられるのは、むしろ晴天の日よりも
 こんな日です。

 空の、雲の、山間の、そして水面のリフレクッション、、、この微妙な
 グレーのグラデーションを美しく描いてみたい、、、。
f0179059_818884.jpg

f0179059_819231.jpg

[PR]
by maribabalondon | 2008-08-04 08:27 | スコットランド | Comments(18)

ティーコージィー <その1> ドーム型

英語で Cosy という言葉の意味は、Comfortable and warmです。
お部屋の暖かそうな雰囲気を説明するときにもよく使われます。

おいしいお茶をポットに作ったら、ティーコジィをかぶせてあげましょう。
保温力抜群です! お茶が冷めるのを気にせず会話もはずみます。
う~ん、なかなか Cosy な雰囲気で素敵。

紅茶ブームとということもあり、ティーコジィー作りは人気のカリキュラムの
ひとつです。
 
それに手作りのものはやはり違います。
お招きしたお客様にもちょっとした驚きを与えること間違いなしです!

そういえばこちらのお店に置いてあるものも、1点1点心をこめて、オーナー
のお母様がお作りになっているそうです。布の選び方もお上手です。

  
         では、皆さんの作品です。ご覧くださーい。
  
   育子さんは、柄が浮き出るように2本づつミシンキルトをしました。
f0179059_1943222.jpg

   こちらはCathの布で。
f0179059_19451395.jpg

   つまみ部分のデザインで遊んでみたい。
f0179059_19481228.jpg


   まだ、まだ、素敵な作品が沢山あります。

   ご覧になりたい方は、Moreをクリックしてください。

More
[PR]
by maribabalondon | 2008-08-01 20:30 | テーブルリネン | Comments(24)