<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

また必ず会おうね。

私のお教室に来ている、Kanaさんご家族が本帰国となり6月中旬に日本に帰ることに
なりました。
Kanaさんとの出会いは、私のカルトナージュ半日講習に参加してくれたときです。

大分たってからKanaさんが話してくれたのですが、お教室に入る前に真理子サイモン
はどんな先生なのかかしら?
もし、きどったざーます先生だったら、、、、もし、きつい恐~い先生だったら、、、
などと思いをめぐらし、下見の意味もあって講習に参加したそうです(笑)。

お別れに、持ち寄りパーティでもということで、3週間ほど前Kanaさんのお宅に
何人かでおじゃました。

ご主人の研修のためロンドン大学のファミリー寮にご家族4人で住んでいます。
f0179059_20362416.jpg

ここでは、海外から勉強に来ている若者を沢山みかけました。
こういう雰囲気っていいな、もう一度勉強し直したい。
f0179059_20371113.jpg

Kanaさんが受付に迎えに来て、大学のカフェやレストランを見ながら、
お部屋に向います。
とても広て快適そうなお部屋です。

お部屋に入るとご主人が、「こんにちはー」
まー、ご主人なんてハンサムなのー。
皆も「Kanaさんのご主人ってイケメン!」
それにとてもやさしい方です。

皆、いろいろ持ち寄って、、、、私は講習前の準備で忙しいのでと気を使って、
ワインの担当にしてくれました。
まずはご主人がシャンペンを開けて、「かんぱーい」
f0179059_20483176.jpg

引越しの準備で忙しかったにもかかわらず、Kanaさんも、こんなに沢山の
ごちそうを用意しくれて。これがまた美味しかった~。
お箸で取ろうとしているは、いっちゃんの世界一おいしいセロリのにんにくソース和え
私も頻繁に作ります。
f0179059_20495114.jpg

このケーキもかなり美味しかったです。
f0179059_20505492.jpg

お部屋を見渡すと、お教室で作った作品もあちこちに、、、、
Kanaさんなかなかいいテーストを持っています。
素敵な作品がいっぱいです!

More
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-30 21:45 | ソフトファニッシング教室便り | Comments(39)

スコットランド カラフルな5月の庭

美しい季節5月、沢山の花が咲き心ときめきます。
Rhododendron 石楠花
いつもの散歩道にも野生の石楠花が満開。
f0179059_534467.jpg

こちらはうちの庭です。散ってしまったものもあるけれど、これはもう少しで開きそう。
f0179059_55256.jpg

Azalea つつじ
この黄色のはすばらしい香りです。
f0179059_565641.jpg

この色大好きだわ~。
f0179059_58193.jpg

この他にも白、赤、サーモンピンクのもはもう少しで開きます。
Snowdrop tree(ラテン名は分かりません)
f0179059_5112395.jpg

f0179059_513213.jpg

Alchemilla  またの名をLady’s mantle レディの外套
そう言われれば、そいう形をしています。
葉の上の雫がきれいです。
f0179059_5145096.jpg

Fern しだ 
羊歯と書くのね、知らなかった。羊の歯ってこういう形なのかしら?
そう言われてみると、この開きかけの形は歯に見えないこともない。
f0179059_532438.jpg

よく見ると色々な種類があります。少なくとも庭には4種あるかな。
以前ロンドン郊外に住んでいたときに、どうしてもこの羊歯が欲しくて、わざわざ
ガーデンセンターに買いに行ったけど、ここにはいたるところにこの羊歯が、、、
どんどん根が張ってあっという間に広がりコントロールが難しい。

どんなに好きなものでも、いたるところにあるいうのは、有り難味がないしうんざりする。
こちらの開きかけはぜんまいみたいです。
f0179059_5173012.jpg

f0179059_5341671.jpg

Pieris
春先に出る新しい葉は、あざやかな赤。酸性の土に適しているので、この辺
の家ではよく見かけます。
f0179059_5195395.jpg

ふじ
f0179059_5382166.jpg

Saxifraga
便利なグランドカバー。
根が浅いのでいつでもどこえでも植え直すことができます。
f0179059_5402338.jpg

Escellonia
どうも花があまり咲かない、どうしてかしら?
f0179059_5495442.jpg

Laburnum  確か日本では金鎖と呼ばれているのでは。
f0179059_5472637.jpg

もみじ
この時期にはどれも葉がこんもりと生い茂ります。
f0179059_5515486.jpg

ちょっとこんもりし過ぎ、、、
f0179059_5575524.jpg

金曜日から雨ばかりで残念。でも晴天が続いた後の雨なので、全ての植物が
とても生き生きと輝いています。

そして、毎年きちんとこの時期に南アフリカから戻ってくるつばめ達。
それも間違えもせず、同じ軒下に、でも今回は新しい巣に作り変えました。
f0179059_5235221.jpg

どうやら卵を生んだようです。もうすぐチックが見られます。無事に育ってね。

この夏は大好きなガーディングに専念したいな。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-28 06:06 | スコットランド | Comments(30)

Chicken Next day

ローストチキンを食べた後は、残りのチキン身を骨からはがす。
これはだいたい私の役目。
ピップは真剣な表情で、ずっと私の足元でおこぼれを待ち構えています。
ときどき私の足を、ちょいちょいとひっかき、「ちょっと頂だいよー」
と催促します。

次の日にはこのローストチキンはサンドイッチの具になったり、おそばの
具になったりする。
それから、夫のお気に入り、いっちゃんのレシピから、この骨でダシを取った、
こくまろ鶏ネギラーメン、これも絶品ですよ。

今回はこれを作りました。(このレシピ、確か日本のだったような)
f0179059_892131.jpg

じゃがいもを短冊に切り、にんじんも短冊に切って、アルデンテに茹でます。
いんげんは昨夜多めにスチームしておいたものを使います。
マヨネーズとケチャップとレモンジュースを混ぜたもので和えます。
塩、コショウをして味を整え、パプリカをふります。
Done! 軽いランチの出来上がり。

余すことなく使えて、得した気分♪
簡単で、経済的なローストチキンお勧めです。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-27 08:26 | ごはん | Comments(20)

Chicken tonight

家ではローストチキンを作るのはいつも夫の役割。
なので試してみたい、評判の良いいっちゃんのレモン風味ローストチキンではなかったけれど、
夫のもそれなりにおいしい。
いつも食事の用意ができると、写真を撮ることなど忘れ、すぐさま「いただきまーす」
ということになってしまう。
この方が、いつだったかいっちゃんのローストチキンをブログに載せたのを見て、それでは私も、
と今夜は写真を撮ってみた。
ローストすること約1時間。
夫いわく、オーブンから出してすぐ食べずに、10分ほど置いておくとさらに美味しくなるそうだ。
f0179059_8135793.jpg

付け合せの野菜は、ローストポテト、ローストパースニップ(日本にあるかしら?)
それににんじんもローストします。これが茹でたものよりずっと美味しい。
いんげんはスチームで。
f0179059_8162267.jpg

夫のインスタントデザート。
市販のメレンゲにクリームを乗せて、ラズベリーやブルーベリーのトッピングで。
ここにミントの葉を飾ったり、カシスかなにかをまわしかけたらもっときれいかもしれない。
f0179059_817527.jpg

あー、また食べすぎた。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-26 08:27 | ごはん | Comments(22)

楽しく便利なかごバッグ作り 

かごの形に合わせて作るライニング(内側に付ける布)作りは人気のカリキュラムです。
皆それぞれに実用性やファッション性を考えて作っています。

かよさんは、かご巾着バッグにお裁縫道具を入れて教室に来ます。
f0179059_19143238.jpg

かなり沢山入り「便利~」と満足そう。
f0179059_19163092.jpg

I さんがお嬢さんのためにと、かごの良さをいかして作りました。
この愛らしいレトロなかご、取っ手部分がまたいいですね~。
小さいながらもポケットも付いていて、もともとのものより、ずっと素敵になりました。
f0179059_19174850.jpg

このがごのために、巾着型のものをもうひとつ製作中です。

バッグ&かごのバッグのカテゴリーからも沢山見られます。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-23 23:43 | バッグ&かご | Comments(18)

便利な2段重ねの箱作り

金曜日はカルトナージュ講習会でした。
仕切りの付いている2段重ねの箱ですから、製作時間は長くなります。

f0179059_238454.jpg

お子様の学校へのお迎え時間のため早く帰らなくてはいけない人もいます。
でもやっぱり完成させて帰って欲しい!
f0179059_23162581.jpg
f0179059_23203156.jpg













「あのーお腹が空いたのですが、、、、」やーだ、すっかり忘れいた!
f0179059_23221392.jpg

かなり下準備をしていきましたが、時間はあっという間に過ぎて、、、、。
でもなんとか完成しました(汗)。良かった~。
それぞれ素敵にできて、皆さん満足顔が見られて本当に嬉しかったです。

いらしてくださった皆さん、今回はちょっと慌しい講習会でしたが、いろいろご協力くださり
ありがとうございました。
これに懲りずまたいらしてくださいね。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-23 23:42 | カルトナージュ講習会

ランプシェイド

夏の夕べにこんなランプシェイドはいかが?
f0179059_8403010.jpg

しおりさんの選んだ布は小花のレース地。
最後の仕上げには小粒パールのトリミング。
f0179059_8411187.jpg

光を透すとこんなにきれい。
f0179059_8414860.jpg

夏の夕べ、この灯りの中で、静かでやさしげな曲を聴いてリラックスしたい。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-19 08:52 | ランプシェイド | Comments(20)

犬のトレーニング

ペットを甘やかすとそのペット自身があとで辛い。
なのできちんとしつけをしなくてはいけない。
分かっているのだけれど、私はどうも甘やかしてしまう。
夫がピップをトレーニングしたおかげで、お座り、お手、
そのままじっと、待て、(以前のを見てね。)伏せ、回転(寝ながら)、
来い、このぐらいはできる。

でも、この犬は凄い!
このボブという犬、隣の牧場の牛を追いかけてどうにもならず、処分
されるところだったらしいけど、最後にもう一度トレーニングをしてみよう
ということになり、、、、。
これを見て!

↓念のため日本語訳ね(なまりも強いしね)

飼い主がボールを投げて、

近づいて、もっと、もっと、もっと。
そのままじっとして。
バックして、バック、バック。
回転して。そう、 反対方向も。

近づいて、もっと、もっと、ずごく近づいて、もっと、もっと。

これから数えるけど、Threeといったらボールを取ってもいいけど、
絶対にThreeと言うまで、ボールを取ってはだめだぞ。
One Two Four  (普通はOne Two Threeと思うでしょうが。)Six Eleven、
Twenty five 
 Three  パクッ(凄い勢い!)


いかが面白かった?

トレーニングするとここまでできるようになるのね。凄い。
ボブちゃん処分されなくて良かった。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-17 10:05 | | Comments(20)

テレビっ子

昼間は充分散歩したし、夜はTVでも見て楽しもうかな。 
f0179059_723074.jpg

こら、こら、そんなに近くで見ると、目を悪くするよ。
f0179059_7233286.jpg

テレビっ子のピップです。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-15 07:32 | | Comments(22)

チェアーカバー

取り外しのできるカバー(ルースカバー)を作る練習です。
教室にいらしている方のほとんどが、家具付きの借家に住んでいます。
そんな理由から、子供用の椅子を買い、できるだけ他の椅子にも応用できるよう
にそれで勉強します。
熱心な育子さんが作った Sweet なチェアーカバーは、外側の背に無地を使った
ところがデザインポイントのひとつです。

f0179059_735962.jpg

f0179059_7354161.jpg

f0179059_7371475.jpg

     角部分に少しギャザーを入れて。
f0179059_7375619.jpg

     ピンクのパイピングもなかなか効いてます。

「作りだしたら、止まらなくって、、、」育子さんが、夢中で作り上げた作品です。

 その他、以前ご紹介した作品は、椅子カバーのカテゴリーからご覧いただけ
 ます。素敵な作品が沢山あります。
[PR]
by maribabalondon | 2009-05-14 07:53 | 椅子カバー | Comments(12)