<   2012年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

リネンの手描きプリント

          カントリースタイルをイメージする動物は、、、ニワトリ、あひる、リス、ブタ、、、
          沢山ありますね。        
f0179059_1191619.jpg

          Sonokoさんが一目ぼれしたこのリネンのニワトリの手描きプリント、これでプレス
          マットとティーコージィを。色々なニワトリがいて、創作意欲が沸く楽しいプリント地
          です。 Sonokoさんが作りたいのは、ナチュラルなカントリースタイルのイメージ
          です。
f0179059_1263215.jpg

          
f0179059_0524727.jpg

f0179059_0554320.jpg

          いつもは、お洗濯にも耐えられるように、びっしりしっかりミシンキルトをするので
          すが、この場合はちょっと柄を生かしたミシンキルトをしてみました。
f0179059_047033.jpg

          輪郭にキルトをして、立体感を出すために綿も詰めてみました。
          手縫いキルトはもちろんいいですが、Sonokoさんはやはり時間節約でミシンにし
          てみました。 
f0179059_0485810.jpg

           
             このプレイスマットの裏面には、違った柄のニワトリが。
f0179059_0482183.jpg


f0179059_059292.jpg

          こちらのマッフティーコージィーの裏のストライプにはボタンホールステッチが。
          素敵!お洒落ですね~。
f0179059_104675.jpg


          皆さんも素敵な作品作りのためには、イメージを描きながら生地を選んで
          みてくださいね。

     
            ______________________________

                        ホット ドッグ

                 ただいまスコットランドにおります。寒いですよ~。
                 今日は暖炉に火を付けました。
                 ピップは寒がりや。このように暖炉にかじりついています。
                 これこそ本当のホットドッグですね。

f0179059_3271926.jpg

                
                    日本の皆様この暑いときにごめんなさい!
                    
             ______________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-30 02:14 | テーブルリネン | Comments(12)

オリンピック!イギリスならではの開会式

         オリンピックスタートを直前にして、スコットランドに戻ってきました。
         オリンピックの始まりが近くなるにつれ、やはりロンドンでは、かなり盛り上がって
         いました。
         オリンピックレーンもオリンピック関係者のために作り、交通のトラブルで遅れないよう
         に配慮しています。そのため渋滞もひどいのですが、期間中のみと思えば許せます。
         大都市でのオリンピック開会ですから、警備もかなり大変です。 
         オリンピックがスタートする前日にパスポートコントローラー達がストライキをすると
         いう予定も中止となり、皆ほっとしました。またストライキを予定していた、バスドライ
         バーたちには特別手当をだし、一件落着。
f0179059_2285329.jpg

         オリンピックのスタジアム、オリンピック村などはいままで、荒地となっていた東ロンドン
         に建てられました。 そのおかげで東ロンドンは素晴らしくなりました。

         昨夜は開会式が待ち遠しかったです。
         
         アカデミー賞を受賞した監督、ダニーボイルが製作する開会式です。
        「スラムドッグミリオンネラー」インドの貧しい青年がクイズ番組出演で、大金持ち
         になるというあの映画の監督です。
         上の写真にあるように、のどかな農村や田園風景をスタジアムの中に作り、、、。
f0179059_22242573.jpg

               ↑ ダニーボイル監督です。

         いよいよ開会式の始まりです!
         のどかな農村風景からスタートです。見た方は飛ばしてください。 
f0179059_22445391.jpg
 
         そこに、山高帽の紳士達が現れて、、、、。
f0179059_2246780.jpg

         煙突が現れ、、、産業革命の始まりです。
f0179059_2251689.jpg

                この移り変わりが素晴らしいと思いました。
                        ↓
f0179059_22535072.jpg

                        ↓
f0179059_2254254.jpg
 
                        ↓
f0179059_22552634.jpg

                        ↓ 美しい!
f0179059_22554886.jpg


                ジェームスボンド役のダニエルクレイグが現れ、、、、

                まさか、クイーンまで、、、本物じゃないよね。
                「Good evening Mr Bond」えー!振り返ると本物のクイーン。
f0179059_2355486.jpg

                クイーンのコーギー達がでてきて、、、。
                急にピップはTVの画面の前に。じゃまよー、ちょっとどいて。                
f0179059_2361824.jpg

                クイーンがパラシュートでヘリコプターから飛び降りるシーンや
                Mr Beanもでてきて。 ユーモアたっぷりでした。
f0179059_23264330.jpg

                この人が、WWW(ワールドワイドウェブ)を考案した
                Tim Berners Lee 
                それをお金儲けとして使わず、無料で世の中に提供した
                のですから凄い!
f0179059_23332653.jpg

                おや、トーチを持った女性の後ろに。
f0179059_23374072.jpg

                ベッカムのハッピーフェイス。
f0179059_23381985.jpg
 
                トーチをスタジアムまで届けるところです。ボートでというのが
                憎い演出です。
f0179059_23385294.jpg

                最終のトーチは活躍した有名な選手から、将来を担う若手の選手
                達に手渡されました。、これがまた気にいりました。
f0179059_23463023.jpg


f0179059_23523989.jpg

                ひとつひとつの銅の花びらが上に上がり

                聖火台となっていきました。
f0179059_023641.jpg
  

f0179059_2347454.jpg


                今回は、女性が差別なく全ての国で参加できた初めてのオリンピック
                だそうです。涙している女性選手を目にしました。

                中国の開会式も素晴らしかったけど、イギリスのこの開会式は
                ユーモアのセンスもあり、イギリスらしさに溢れた素晴らしいもの
                だと感動しました。

                それにしても、聞いたことのない国が沢山あるんですね。

                日本は今回どうかな。がんばってねー。

                (画像はBBC番組のTVからお借りしました。)
      ____________________________________
  
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-29 00:30 | England | Comments(4)

プールサイドのかごバッグ

         夏の人気カリキュラム作品はこちら。
f0179059_4561260.jpg
  
         この季節になると、教室ではカゴにライニングをして、巾着バッグを作る人が多い。
         オレンジ色のこの細長バスケットに、ブルーグリーンのモダンな幾何学模様が
         なかなかいい。巾着ひもの先端はボタンで、、、これもなかなかいいな。
         内側には、ポケットも付けました。やっぱり便利だもの、そうこなくっちゃ。
f0179059_512353.jpg

         なにかプールサイドで誇らしげ。 
f0179059_515150.jpg




____________________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-27 04:59 | バッグ&かご | Comments(4)

主人の友達の家

           先週の週末はSuffolkにある主人の幼なじみの家に遊びに行きました。
f0179059_8101134.jpg

f0179059_8114063.jpg

           ホリーホックがきれい。
f0179059_8141790.jpg

           薪置き場にも個性が。
f0179059_8173852.jpg
        
           こんにちは!おひさしぶり~。主人と友達は凄く嬉しそう。
           奥さんのシーラはかつて私が個人レッスンをしていた人で、とても気が合います。
           ピップも連れていきました。でも猫ちゃんが2匹いて、ピップは部屋の中でも
           つなぎぱなし。
           主人と幼なじみのサイモンとの共通の趣味はセーリングです。そういえば2人で
           オランダだったかベルギーだったか行ったことがありました。
f0179059_93088.jpg

           シーラが夕食の支度をし始めました。彼女のもっとも苦手なものはお料理。
           でも野菜はいつもふんだんに使います。だからまあ許せる。
           お魚は専用の袋に入っているものを、そのままオーブンに、、、便利。
           キッチンでお喋りをしている間に準備完了!   
           クリームソース(ちょっと薄くてしゃびしゃび、、、)をお魚にかけて。
           それにしても骨が多い、、、白身だけど何お魚か聞くのを忘れた。
           骨取りに忙しかった食事でしたが、ありがとね!

           彼らはかつて香港に住んでいたことがあり、インテリアもチャイナなど東洋のもの
           がいっぱいです。
f0179059_8402156.jpg


f0179059_8405874.jpg
 
f0179059_8414168.jpg

f0179059_8422187.jpg

f0179059_8425050.jpg
 
           この日はいませんでしたが、18歳のお嬢さんが作った、ホイルアート。
f0179059_8484029.jpg

           庭から古い板を拾ってきて、こんな素晴らしいデコレーッションを完成させました。
f0179059_852535.jpg

f0179059_8522522.jpg
 
           彼らの家はいつも刺激されるものでいっぱいです。
           
           朝起きると残念ながら雨、雨、でもとても楽しい滞在でした。

   __________________________________
      

          
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-17 09:08 | England | Comments(12)

プロバンス柄のバスケットライニング

               ボーダー柄を上手に配置して作ったバスケットライニングです。
               このボーダーの配置には、Kaoriさん随分こだわって作っていました。
               その甲斐がありましたね!
 
               ホームメイドのパンとワイン、、う~ん、チーズも欲しい。          
f0179059_8535914.jpg


          
   _________________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-14 09:01 | バッグ&かご | Comments(4)

Colchester訪問

          まこさんが日本に帰国する前に、Colchesterのお家にお邪魔いたしました。
          北ロンドンから、車で1時間ちょっと。これならロンドンからも便利な距離です。
          
          到着すると、ご主人が丁寧にガラス拭きをしていました。飛ぶ鳥跡を濁さずですね。
                    
f0179059_4172956.jpg

           中庭のある素敵なお家です。
f0179059_4173666.jpg
 
f0179059_4182314.jpg


          ランチは、まこさんとご主人ご推薦の、ブラッセリーThe Barnに連れていって
          いただきました。
f0179059_4315918.jpg

          Barnとは納屋のことで、今イギリスでは、納屋を改造した家が流行です。
          この納屋はかなり大きかったのでしょう。茅葺屋根のサイズがダイナミックです。
f0179059_436917.jpg

f0179059_4362463.jpg

          レストトランの中の天井はとても高く、美しい梁があちこちに。
          このレストランは、食材の会社が運営しているということで、一品一品がとても
          美味しく、大好きなジャズも流れていて、雰囲気も最高でした!
          (ご主人にすっかりお世話になってしまいました。)
          やっぱり、この建物は賞を取っているのですね。
f0179059_4245481.jpg
 
         
          ランチの後は、Colchesterをご案内いただいて。
          
              美しい大聖堂跡。
f0179059_4524119.jpg
          
            しまったー、一眼レフを持ってくるべきだった。
f0179059_501488.jpg

            美しい、、、、。
f0179059_522238.jpg

            こちらはColchester城。
f0179059_58156.jpg

f0179059_584474.jpg

            こちらはEssex大学。まこさんのご主人の仕事場だった所です。
f0179059_5123314.jpg

            こちらは、有名な建築家によって建てられた講堂です。
            ここでご主人は講義をしていたのかな?
            まこさんはこの建物をサバ缶と呼んでいました。ほんとそっくり。
f0179059_5123453.jpg


            おかげさまでColchesterがとても気に入りました。            
            素晴らしい一日をありがとう!

   ____________________________________
   
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-13 05:30 | England | Comments(6)

お別れはやっぱり淋しい

 
          とうとう帰ってしまった、、、、。ブログ繋がりの友達から、いつしか私の教室の
          熱心な受講生に。この方がイギリスに戻ってこないと思うとやっぱり淋しい、、、。
          この方、まこさんと、エリオットゆかりさん卒業生のYukoさんと西ロンドンEaling
          のフレンチレストランで、内輪のお別れランチ会をしました。
f0179059_5113024.jpg

f0179059_5265264.jpg

f0179059_527815.jpg

f0179059_5275192.jpg

f0179059_5281861.jpg

                話が弾む、まこさんとゆかりさん。
f0179059_531433.jpg
           
f0179059_5354838.jpg

f0179059_5362722.jpg

          前向きで徹底的に学んだことを習得するまこさん。日本では来週から新居のための
          大作のカーテンを作る予定です。
          帰国してしまって、淋しいですが、カーテン見に行きますねー。



        __________________________________ 
      
          
           プロバンス柄のバスケットライニング

f0179059_61828.jpg
           
f0179059_6184237.jpg

f0179059_6214016.jpg



         _________________________________ 
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-11 05:57 | ソフトファニッシング教室便り | Comments(9)

ランプシェイド こんな縁飾りいかが?

      フリル、レース、プリント地と、ストライプパッチワーク風の布で、作ったランプシェイド。
      「うん、なかなかいいね。ところで、縁はどんなものにするの?」                 
      次の週にSaekoさんが持ってきたものは、、、、。
f0179059_5511376.jpg

          ネックレス! パール、シルバー、ゴールドのチェーンの3連ネックレス。
          まずパールの連を、ばらばらにならぬように、グルーで付けてっと。
          「あとはシルバーチェーンをその上に重ねようね。」
          「ゴールドにします。」「シルバーのほうが合うと思うけど。」
          「家のインテリアにはゴールドが多いので、ゴールドにします。」
          後で聞いたら、Saekoさん、どうやらシルバーチェーンは、アクセサリーとして
          使いたかったらしい。そうだったのね。
          このユニークなランプシェイドはこのようにして完成したのでした。
f0179059_5453521.jpg
 

 __________________________________________
           
[PR]
by maribabalondon | 2012-07-05 06:16 | ランプシェイド | Comments(2)