<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

若い!やっぱり努力しなくては。

               先日は義母の誘われて、音楽会に行きました。
               今回も、義理母の友人ジーンが一緒です。              
f0179059_7184741.jpg

                   彼女はとても美人でした。
f0179059_7203931.jpg

f0179059_7193074.jpg

               義理母は、足が弱って車から降りるのも一苦労です。
               でも、音楽好きの義母は、ハープの講習を受けるため、5時間
               以上も列車に乗りエジンバラまでひとりで行きました。
               気力が凄い。 
               
               こちらは、ジーン。今88歳、先日椎間板ヘルニアの手術を受けまし
               た。「傷みがすっかり消えて、今は快適。」と言っていました。
               彼女の新しいヘアスタイルはとてもモダン。
               それに新しいメガネも似合っていました。
               背中は全く丸くなく、しゃきっとしています。足はゴルフで鍛えていて、
               頭はブリッジで鍛えています。
               それに素晴らしいユーモアのセンスがあるのです。
f0179059_7195996.jpg


               こんな風に年を取るためには、やはり運動もしっかりして、好奇心を
               いつまでも持ち続けることなのでしょうね。
               私にできるかしら、、、、いや、努力しなくてはいけませんね。

           _______________________________    
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-29 07:44 | 音楽会 | Comments(3)

イギリスでは、、トーストラックの役割+椅子カバー作品

            食パンをトーストした後は、このようにトーストラックに置きますよね。
            私の家では、トーストラックがつい最近までありませんでした。
            買おうと思いながら、朝食が済めばその後は、もうすっかりそのことなど忘れ
            てしまいます。
f0179059_1104118.jpg

            実は、ある時期まで、このトーストラックの役割が分かりませんでした。
                         ※
                         ※
      
            我々の家に宿泊した、主人の家族や友達は、トースターから出てきたパンを
            このようにして、お皿の上に置くのでした。                                                               
                        何で?
            主人もそうでしたが、特別気にも留めていませんでした。
            でもある日、主人にこの理由を聞いてみました。
f0179059_1111252.jpg


            暖かいトーストを、ただお皿の上に倒して置くと、せっかく焼いた、パリパリの
            トースが、湿って美味しくなくなり、また暖かいとバターが、トーストにしみ込ん
            でしまうからという理由でした。

            えー、日本とは逆だわー。
            日本では、わざわざトーストに、バターをしみ込ませて食べますが、
            イギリスでは違うのです。本当にちょっとだけ暖かい、または冷めたトースト
            に、バターを塗って、その上にマーマレイドやジャムなどを塗って食べる
            のです。どちらかと言うと置いて食べるといったほうが近いです。
            そうイギリスでは、パンは何かを乗せて食べる、土台の役割なのです。
            そこが決定的に日本とは異なります。
            トーストーラックの役割、そうかー、湿らさないで、パリパリをキープする為な
            のね。 それを知ったのは、つい10年ほど前のことです。
            皆さんはご存知でしたか?
                         ※            
            パン焼き器は大きくてちょっとじゃまですが、ホームメイドのパンはやっぱり
            美味しいですね。
            いつまでもカビの生えないパンは気持ち悪いな。

            追加:主人が完全にさめたトーストは美味しくないと言ってます。
               ほんのり温かみが残っているのが良いということです。

       ____________________________________

                     小さなチェアーにダイナミックなリボン
                     個性的なデザインの椅子カバー

            小さなドールチェアーに、思いっきりデザインして、「楽しい~」と
            Akikoさん。後ろの大きなリボン、オリジナル性があり、なかなかのデザイン
            ですね。
f0179059_1141028.jpg

[PR]
by maribabalondon | 2012-09-22 02:05 | 椅子カバー | Comments(10)

お金持ちの考えることって、、、。

            スコットランドの家は湖のほとりにあります。この湖は、海からのの水と、
            山から下りてくる真水が混ざり合い、それで美味しい魚介類が育つのだそう
            です。 牡蠣の名産地でもあり、引き潮の時などは、石についているムール
            貝を浜辺で大量に捕ることができます。
                      ↓ オイスターキャッチャーという鳥です。貝類を捕り
                        ます。春になるととても賑やかです。
f0179059_021074.jpg


            ご近所に、プライベートビーチ付きの大きな別荘があり、数年前ある弁護士さ
            んが、やはりここを別荘として購入し、ついでに素晴らしい新品のボートも購入
            しました。
f0179059_2351342.jpg

            通常ボートは毎夏水辺に出し、秋のなると陸に上げるのですが、それが面倒
            なのか、知らないのか、ある日散歩で通りかかると、大きな穴掘りマシーンで
            浜辺を削っています。作業員の話だと、入り江を作りそこにボートを停泊して
            おきたいようです。
            主人が「無駄だと思うよ、満ち潮になれば、またもとに戻ってしまうのにね。」
            お金をかけ、作った入り江は、すぐまた元に戻ってしまいました。

                         ※
                         ※
            こちらは、水辺に沿って反対側のお金持ちのご近所さん。ビルダーさんの家
            です。
f0179059_082446.jpg

            こちらは、スコットランドのフットボールチーム、レンジャーのマネジャーである
            アリ マッコイストの別荘です。気さくな感じの良い人です。
f0179059_0113682.jpg


            ビルダーさんの家の前は、ただいま工事中。
f0179059_0144421.jpg

            ボートを出し入れするための、スリップウエィを作っています。
f0179059_0152239.jpg
 
            それだけではありません。
            ここは石の浜辺です。でも、、、、おおががりな囲いを作り、大量の砂を
            運んできて、どうやら砂浜にするもよう。
f0179059_0154376.jpg

f0179059_0221285.jpg

            この夢のため、家の前の水辺に沿った細長い土地も買ったのですが、
            犬と一緒に浜辺を歩けなくなったと、ご近所さんは不満です。
            水辺はクラウンエステイト(王室)のものなんですけどね。

            果たして、この砂浜にする工事は成功するのでしょうか?

            彼の家の前だけ砂浜になっていて、サンデッキチェアーの上でサングラスを
            かけて寛いでいる姿を想像したら、思わず主人と噴出してしまいました。

            しかし、お金持ちの考えることって、、、、。


        ______________________________
              
            

                         
            
                        
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-17 00:33 | スコットランド | Comments(0)

ランプシェイド編 何とか利用したい、、、人気のOrla Kielyの袋


            Makikoさんが、 Orla Kielyのバッグを買った時に、付いてきた袋。
            何とか利用したい。 そうだ、ランシェイドにはどうかな、と出来上がった
            のが、こちらの作品です。
            縁はあまりデコレーティブなものよりもシンプルに。
f0179059_6414789.jpg

            クラシカルなシェイプにモダンなプリントは、なかなかいいです。
            シンプルでモダンなOrla Kielyのプリントは、このロンドンの背景に似合って
            います。            
f0179059_62355100.jpg


            付属の袋がランプシェイドになっているのを見たら、Orla Kielyは何と
            言うでしょうか?

            
          _________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-12 06:47 | ランプシェイド | Comments(4)

素晴らしかったオリンピック イギリスは凄い!

          オリンピック、パラリンピックも終わり、今日はメダリスト達のパレードがありました。
f0179059_457226.jpg

          パラリンピックも、今までこんなに盛り上がったことが、かつてあったでしょうか? 
          チケットも早くから完売ということでした。
f0179059_4583117.jpg

f0179059_459944.jpg

          凄い人並み!パレードはバッキンガムパレスに到着です。
f0179059_4592278.jpg


f0179059_554796.jpg

          ロンドン市長のボリスジョンソンは、もさもさのヘアスタイル、消してスマートととは
          言えません。でも彼はユーモアのセンスがあり、政治家によくある、トレーニング
          された、流暢な話し方ではないところも好感が持てます。だから人気がある
          のでしょう。
          
f0179059_56122.jpg

          今回のこのオリンピックを通じて、イギリスは凄い国だと深く感じました。

       __________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-11 05:21 | ある日のロンドン | Comments(2)

日本の野菜を忘れかけています。

           先日、北ロンドンのGolders Green に用事があって行きました。
           商店街を歩き、八百屋さんの前を通りかかると、店先に色々な果物や野菜が
           でていました。それも安い!スーパーマケットではこうはいかない。
           プラムや桃、ネクタリンやブドウを買い、そこで目に留まったのが、山のように
           積んであった、この小さなきゅうり。
           わー、可愛い!それに美味しそう!
           
f0179059_815961.jpg

           家について、お味噌につけて、ポリ、ポリ。う~ん美味しい!
           
           次の日、教室で、「8cmくらいの小さなきゅうりを見つけたの!
           初めて見たわ。スペイン産なんですって。」と言うと、「日本にもありますよ。」
           
           よーく考えてみたら、かなり昔、もろきゅうで、この小さなきゅうりを食べた
           記憶が、序所に蘇ってきました。

           日本に帰国しても、まず夏は帰らないし、野菜売り場はあまり行かないし、
           もう、色々なことを忘れかけています。ちょっと淋しいな。

           それにしても、ロンドンの八百屋さん、安いし種類も豊富です。
           大根、山芋もあります。ロンドンにいる方、お勧めです。
           
            
           
          ________________________________ 
           
                フトスツール講習のご案内
                 あなただけのオリジナルフットスツール作り                   
                       満足度大です!
f0179059_861083.jpg
                 

                            
               9月10日月曜日  目黒分室にて 詳細はこちら 

               9月26日水曜日  横浜新杉田にて 詳細はこちら   
           
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-08 08:39 | 未分類 | Comments(12)

糸が絡まず収納できる便利な道具

                  縫い針に残っている糸、捨てるには長い。
                  だから針刺しにちょっと。これが何本かになると、針山の上
                  で絡まってしまい、どうにも収拾がつかなくなります。
                  
                  そこで、こんな便利なもの見つけました。
f0179059_7291038.jpg

                  針の太さや長さに合わせた、溝が10箇所あります。
                  そこに糸付の針を差込み、手前に見える溝に糸を引っ掛け、
                  紺色のダイアル部分を回すと、糸が歯車の下に、きちんと収ま
                  ります。
                  10本の針が収納でき、透明のプラスティックのフタもカッチと
                  閉まるようになっています。
                  クロバーの商品で、名前はQuilt Dome(だったと思います)

f0179059_7293733.jpg


                      これで、あのいらいらが解消できます。良かった。


               __________________________


                フトスツール講習のご案内
                 あなただけのオリジナルフットスツール作り                   
                       満足度大です!
f0179059_861083.jpg
              

                            
                                          


               _________________________  
                 
[PR]
by maribabalondon | 2012-09-04 07:57 | 道 具 | Comments(6)