<   2014年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

完成の笑顔 / そして素晴らしい獣医   

         クッションが完成! I さんのハッピーフェイス。
         生地 OSBONE & LITTLE
         グレーのパイピングがマッチしたスマートな作品です。

         
f0179059_7344530.jpg



      _____________________________________


         TVの4回シリーズで、素晴らしい獣医のドキュメンタリー Supervet という番組
         をやっていた。
         かなり難しい手術をして、ペット達を救うというドキュメンタリーなのだけど、
         救われたペットを見ては、良かったね~と、何度も涙をこぼしてしまいました。
         
         このウサギちゃん、猫ちゃんがソファーにいると、クッションの間から出てきて、
f0179059_7411337.jpg

         一緒にいたいと、          
f0179059_7403499.jpg

         このうように寄り添うのです。
f0179059_7413849.jpg
 
         このウサちゃんの足に問題があり、ピョンピョンと跳ねることができなくなっていたの
         ですが、めでたく手術で治りました。

         このワンちゃんも走れるようになりました。
f0179059_7522642.jpg

         最終回では、車にはねらられた猫ちゃんの義足を埋め込む手術。
         この獣医さんの発明した義足で、椅子の上にジャンプもできるようになりました。

f0179059_7531070.jpg

         
         手術は夜中の12時近くまですることもよくあるらしい。
         手術が成功せず、飼い主に殴られたこともあるそうです。

         我が家の愛犬PIPは5年ほど前、死の勧告をされました。
         あと3日から6日くらいと・・・・
         あきらめきれず、遠いけど評判の良い獣医に行きました。
         そして、助かったのです。
         その獣医さんも金儲け主義ではなく、本当に動物を愛しています。
         だから治せたのだと思います。

         本当に動物を愛している、こんな獣医がもっと増えればいいな。


    ____________________________________
        
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-30 08:09 | クッション | Comments(8)

スコットランドは花盛り

          スコットランドの一番美しい季節は5月だと思う。

          
f0179059_23273639.jpg
           
          つつじ、石楠花 金くさり等々・・・雑草もいっぱい!
f0179059_23284159.jpg

          白い花の咲くこの木は伸びるのが早い。 
          あっという間に他の花も覆ってしまします。
f0179059_2332552.jpg

          ただ、何といっても良いのは、花が終わると赤い実がなり、鳥達の餌さ
          になり、特に冬には役立ちます。
          調べたら、スノードロップツリーと言うらしい。            
f0179059_23332751.jpg

          大きな花器がないので、小麦粉入れに。あまりバランスが良くないけど
          まあいいか。
f0179059_23354098.jpg

          ピップに、写真撮るから、ここに座ってと命令。
          めんどうくさそうなポーズ。
f0179059_2343136.jpg

          もみじの葉もびっしり! 今年は特に凄い。
f0179059_062099.jpg

          こちらもあまり良いバランスではないけど・・・パイントグラスに。
f0179059_23545926.jpg


          しかし、ここはワイルド。ちょっと目を離すと種が飛んできて木ができます。
          年とともに、庭仕事もおっくうになりました。
          お抱えガーディナーを雇う身分ではないので、広い庭はもういらない。
          これからは小さく日当たりの良い、ローメインテナンスの庭がいいな。
          

       ________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-26 00:50 | スコットランド | Comments(10)

スコットランド道中

            スコットランドの家まで、車で約8時間。
            今回はロンドンから約4時間のランカスターで一泊。
            大晦日にもお世話になった、ジェニファーの家です。
            高速を運転途中、大型ローリーが故障し、それを移動させるのに、一時間
            以上閉鎖、やっと動いたと思ったら、その影響でのろのろ運転で・・・。
            やっとスムーズに走ったと思ったら、今度はカーナビの言うとおりにしたお陰
            で、高速の出口を間違え、5時に着く予定が、9時半ころになってしまいま
            した。
            それでもジェニファーは、夕食を食べずに待っていれくれました。
            ステーキ。 夜遅いけど・・・えい!食べてしまおう。            
f0179059_6342722.jpg

            ホームメードメレンゲまで・・・・えい!食べてしまおう。 美味しかった~。
f0179059_650391.jpg

                        
            暖炉脇に犬のベットが置いてあり、なんでもシェルターからレスキュードッグ
            をもらったそうで、来週来るということです。私まで楽しみ♪
            また帰りに寄ろうかな~   
            1時半までお喋りをして、温かいお風呂に入り、ぐっすりと眠ました。
            ありがとう!


            スコットランドに着くと、色々な花が満開でした。

            スコットランドは今が一番きれいです。
            お花、次にお見せします~。


         
         ______________________________   
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-25 07:33 | Comments(4)

花の咲かない藤

          Yukariさんの藤の花のプリントのクッションです。
          爽やか色合いですね。
f0179059_4165228.jpg

          藤は日本では、やはり藤棚にすることが多いのだと思いますが、こちらでは
          家の壁につたわせているのをよく見かけます。
          義理の両親の家も15年ほど前に藤を植えて、花がきれいに咲くように
          ガーデナーが毎年剪定しています。
          藤の木は見事に壁面を覆っています。

          が・・・・どうしたことか、いっこうに花が咲きません。
          プロのガーデナーが植えたのですが・・・・。
          そしてまさに藤だと思うのですが。
          なんでなんでしょう。
          義理の両親は今年こそはきっとと、毎年花が咲くのを待ち望んでいたのに、
          がっかりしています。
          こんなことってあるんですね。 


      ______________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-20 05:07 | クッション | Comments(7)

素晴らしい猫!

昨日ニュースで見た猫のお話です。感動です!



街頭カメラに写っていたそうです。 

しかし、危険な犬がいるもんですね。


__________________________________

[PR]
by maribabalondon | 2014-05-17 07:39 | 犬/その他の動物 | Comments(8)

楽しかった送別会。 素敵な親子

ワーキングホリディのビザでこのイギリスに来た、Ayanoさんもあと2週間で日本に帰国です。(ワーキングホリディは30歳までだそうです。)
建築士の資格もあり、インテリア関係のお仕事が大好きということで、
ワーキングホリディで来ているわけですから、ボランティアもし、アルバイトもしながら 私の教室にも熱心に、通ってくださいました。

送別会には、クラスメイトの他に、丁度滞在中のAyanoさんのお母さまもお誘いしました。

レストランの席は窓際で、美しい緑とテムズ河が見渡せました。

f0179059_03475054.jpg
         メインのような、ヴォリュームのスターター。
         ちょっとアンチョビが塩辛過ぎました・・・・ 
f0179059_04012399.jpg


f0179059_07204604.jpg
f0179059_07235001.jpg
どれもヴォリョウームたっぷり。

Ayanoさんと、お母様。まるで姉妹のよう・・・。
素敵な母娘。
f0179059_07302367.jpg
皆でおしゃべりもたっぷりし、楽しく過ごしました。

ホテルの方がとても親切に、(構図も考え)記念写真を撮ってくれました。

f0179059_07405592.jpg
Ayanoさん、しっかりと目標を持って進んでいて偉いな。
またイギリスに来てね!



_________________________________




[PR]
by maribabalondon | 2014-05-15 07:57 | Comments(7)

ピーターシャムホテルでランチ

f0179059_04523464.jpg
西ロンドンにあるピーターシャムホテルは、小高い丘の上にあります。
土曜日は送別会を兼ねて、そのピーターシャムホテルにランチに行きました。
ビクトリアン調の、こじんまりとした4星ホテルです。
f0179059_04540711.jpg
ちょっと早く着き過ぎて、Sさんと2人で軽くお散歩。

ホテルの横の道を上がり・・・もっと先に行くと、ミックジャガーの家があるらしい。
もっとも今は元妻と娘さんが住んでいるらしいけど。

f0179059_05001902.jpg
テムズ沿いには牛が。牛や羊などが、こうして座っているということは、雨が降る前兆だと聞いたことがあります。  やっぱりこの日は降ったり止んだりでした。
テムズが氾濫したときは、君たちどこにいたの?災難だったね。
f0179059_05042740.jpg
胴体の腹巻ストライプがユニークな牛です。      
f0179059_05053711.jpg
そろそろ、ホテルに戻りましょう。

クラシカルモダンなインテリアです。
f0179059_05110865.jpg
トイレも美しい・・・
トイレに行く途中の廊下には、有名人のサイン入りの写真が沢山かけてありました。
f0179059_05164292.jpg
皆も到着する時間になりました。
Sさん、そろそろレストランに行きましょうか。

          


                         
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-13 05:21 | Comments(8)

こうなる前に・・・

       これは、何でしょう? (ちょっと芸術的・・・)           
f0179059_07515629.jpg
     日本のしつけ糸、しろもです。  

   糸が束になって輪の状態で売っています。

    やたらに糸を引っ張って、使うと ↑ のようになってしまいます。

     輪を切って、両側を束ねて、まとめてさらに束ねてから使います。

    糸を取るときは切ったほうではなく、輪の状態の方から一本づつ

    引き抜き使います。↑こうなる前にやりましょう。
f0179059_07544185.jpg
      しろもは白毛と書きます。こちらは、白ではないので、いろも(色毛)
      です。 青、黄色、黒などもあります。使いわけると便利です。 

      西洋のしつけ糸は・・・・このようになっています。    

      Gutermann  の Tacking thread というのもあります。  

   
f0179059_08192625.jpg
   形としては使い易いけど、私はやっぱり日本のしろもが好きかな。 

システムが変わってから、文字の配列がばらばらになり、プレビューで見るのとは  全く違い、直すのにとても時間 がかかってしまいます。  私だけ?          


これも直せない!   ______________________________         
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-08 08:28 | 道 具 | Comments(8)

続 美しいイギリスの春

4月に主人の実家に行きました。ロンドンから2時間。   
                        
高速を走っている途中、この菜の花畑の黄色の美しさに感動しました。            
    
f0179059_22541154.jpg
      主人の実家のお隣さんは昨年、茅葺屋根を新調しました。           

      屋根の上には同素材で作られた、デコレーションの鳥が。
      以前は古くなった猫のデコレーションが、何年も傾いていたっけ。
f0179059_23033588.jpg
          
f0179059_23154637.jpg
      茅葺屋根は美しくて、風情があり大好きです。

      でも、20~30年が寿命です。そして職人も減る一方。

      作り替えにはますます費用がかかります。その上消防法で保険も
      かなり高くなっているそうですよ。

      現実的な話になってしまいましたが、保存して欲しいですね。

      今はブルーベルの季節です!美しいですよー。

      各地にブルーベルの森はありますが、こちら もお勧めです。
      ハリーポッターのロケ地として使われたそうです。

f0179059_00152094.jpg
                イギリスの美しい春を満喫しましょう!

       _____________________________________________________________



[PR]
by maribabalondon | 2014-05-05 00:21 | England | Comments(12)

Marimekkoの生地で そしてイギリスの春

              Marimekko ファンの作品です。

              シンガポールより。
              USからシンガポールにお取り寄せ。
              さぞお高かったことでしょう・・・。
              でも Marimekko ファンにはなんのその。
              素敵に完成すればなおのことです。
f0179059_6295132.jpg

              だいぶ前になりますが、こちらはロンドン組みの作品です。
              ランプシェイドに、
f0179059_6442388.jpg

              壁掛けに
f0179059_6481543.jpg

              ティッシュボックスカバーにも。
f0179059_646446.jpg


              斬新なのに何年たっても飽きのこない、ロングランの生地が多い。


       
          _______________________________
                   イギリスの春。

              プリムローズ色々。けっこうタフな植物です。

f0179059_6572769.jpg
 
f0179059_6592050.jpg

f0179059_701226.jpg
 
              カラスも餌さ運びに忙しい。
f0179059_764346.jpg
 
              こうお天気がいいと、散歩も楽しい。
              ピップも楽しそう。
f0179059_771878.jpg
 
              
              春はいいな~。
             

          ____________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-05-02 07:18 | England | Comments(11)