<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サロネーゼという言葉ご存知ですか?

              シンガポール分室の講師 Rei先生は、ご自宅を教室にしています。
              
              なので、私のように材料をテーブルの上に広げたままで、教室に
              行くことはできません。 (私と違ってそんなことしないか・・・)

              皆さんがくつろぐ、リビング。
f0179059_55568.jpg


              模様替えも時々します。
f0179059_574288.jpg

              後ろボタンのオックスフォードクッション
              ソファーのカバーも替えて。
              こんなこともできるようになる。という良いお見本です。
f0179059_591278.jpg

              TVの下には引き出しが・・・・
              そしてRei先生好みのロマンティックな雰囲気のトレーや、かご。
              ソフトファニシングの講師であるととともに、カルトナージュの講師でも
              あるRei先生。
              引き出しもトレーも全て、カルトナージュで作り。
f0179059_5125278.jpg

              引き出しには、美しく仕切りを作り、
              皆さんが、好きなティーを選べるように色々な種類のものが入れてあります。
f0179059_5213855.jpg

              部屋の隅にはお洒落な箱が・・・・
              シンガポールのコンセントは大きいので、隠したく・・・
              こんな工夫をしたそうです。
f0179059_5255938.jpg


              ところで、サロネーゼという言葉ご存知ですか?

              もちろん!という方が多いでしょうね。

              自宅をサロン(教室)として運営している人達を言うそうです。

              Rei先生はその言葉が流行る、ずっと以前からサロネーゼです。

              それに憧れる人も多く、サロネーゼになるには・・などという本まで
              出ているそうです。
              もっと驚いたのはサロネーゼ協会なんてあるんですね。
              日本は○○協会とつけるのが得意?ですね。

              自宅教室は、私生活との切り替えが難しく、疲れるという人もいます。

              Rei先生のように、しっかりとした信念を持って自宅教室を開いている
              人は偉いと思います。

              

          __________________________________




              
              
              
              
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-30 05:46 | シンガポール分室便り | Comments(12)

完成の笑顔 / 講習会

            イスラムが発祥のクラシックなダマスク柄で。(ダマスクはダマスカスから
            名前を取ったそう。)  
            
            Erikoさんの素敵なパイピングクッションです。
f0179059_20315566.jpg



                ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


       
            昨日は、西ロンドン地区での、フェルトフラワー作りの講習会でした。
            
            シンガポール分室に在籍していた方も、前日に到着して参加
            してくださいました。ありがとう!

            皆、楽しく、真剣。

f0179059_2043224.jpg
            
            5種の花を作りました。
f0179059_2043512.jpg

            使う色によって、違う花に見えます。椿みたいです。

            葉には、葉脈ラインを、ちょっと刺繍糸でステッチするともっといいです。
f0179059_20474568.jpg


f0179059_2048129.jpg

            完成した花を、さっそく着けて。
f0179059_20485223.jpg


            最近、市販のクッションカバーにフェルト装飾が使われているのを、よく
            見かけます。そんな風に、オリジナルソフトファニシング作品に仕立てたり、
            ブローチに髪飾りにと、アイディア次第で色々に使えます。

            楽しかった!と皆さん。私も楽しかった!

            皆様、お越しくださり、ありがとうございました。


 
       _______________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-27 21:07 | その他の講習会

完成の笑顔  / ピップのお気に入り

           エストニアのリネンで作ったパイピングクッション。
           シンプルなストライプだけど、なかなかインパクトが強い。
f0179059_5485767.jpg





                           
                        ◆   ◆  ◆  ◆  ◆


                   ピップのお気に入りはボール遊び。

f0179059_5515515.jpg

                   えっちら、おっちら。
f0179059_5522637.jpg

                   ふー、やっと運んできた。遊ぼう!
f0179059_5525723.jpg

            そして一番好きな場所は・・・・
            ソファーの背もたれクッションの上、ここで寝るのが大好き。
            主人の足音が聞こえると、慌てて下ります。
            ぼく、良い子でしょ~(汗)

            私だと何を言っても、知らん顔。
f0179059_556430.jpg


            あのー、このソファーカバー私が作ったんですけど・・・
            汚さないで欲しいな。



          ___________________________   
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-23 06:11 | 犬/その他の動物 | Comments(13)

歴史に残る日 NOで良かった!

          
f0179059_4282813.jpg

             独立しなくて良かった!


             投票結果  グラスゴーでは圧倒的にYesを支持。

f0179059_4284023.jpg


             はじめの開票結果は接戦で・・・

             最後のほうにハイランドの人達の票が加わり、さらに
             大きく差がつきました。

             ハイランドの住人が・・・以外でした。てっきり独立したい人が多いのかと。

             Yesの人達と違い、Noの人達のキャンペーンはとても静かでした。

             まだYesかNoが決めていないと言っていた人達は、摩擦を恐れて
             言わなかったけど、内心はNO!だったのかもしれません。 

             今朝は結果を見るために、6時ころ起きました。

             その後、ロンドン中心まで用事があり行きました。

             両替屋の前には行列が。
             前日まで大幅に下がっていたポンドが急に上がったからです。

             やっと、ほっとできます。今日は良く寝られそう。


             


          ________________________________



             
             
     

             
 

            
  
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-20 04:47 | スコットランド | Comments(9)

Marimekkoの生地で / 紫陽花観察


               Marimekkoは日本でも根強いファンがいます。

               Hirokoさんもそのお一人。
               プレイスマット 黒の縁取りが効いています。
f0179059_1304539.jpg


f0179059_1345745.jpg

               コースターにも使えるティーポットマット。

               ●数人の方に、このMarimekkoの生地とカップがお揃いですね・・・
               と言われました。 が、このカップの絵は実は私が描いた
               ものです。マリメッコさんまさか咎めませんよね?

f0179059_1361580.jpg

               やっぱり、ティーコージィーは勉強のために皆2つ作ります。
               ポットは取り外し必要なし、このままティーがそそげるので便利です。
f0179059_1375765.jpg


               Hirokoさん、ティータイム楽しんでね。


         ____________________________


               スコットランドの庭の紫陽花。

               今、布花作りをしているので、お花を観察。
f0179059_144343.jpg
 
               中心の花弁が変化していきます。
f0179059_147155.jpg

               あっ、花弁が無くなりつつあります。
f0179059_1452331.jpg
 

               観察すると、なかなか面白い。



          ___________________________


             
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-16 01:51 | Comments(14)

Libertyプリント柄の楽しいOmori


             裁断に便利な重り、どうせなら作業を楽しくする重りをということで、
             教室にいらしている方々にも人気のある Libertyプリントを描いてみました。 
f0179059_7444832.jpg


f0179059_7591241.jpg

             こちらは小さい重り。軽い生地にはいいですよ。
             以前のトワルデジュイのOmoriはこちら→             
              
f0179059_7594974.jpg


             ペーパーウエイトにもなり、便利です。


        ______________________________ 



              夏休みも終わりに近いころ、ピップとお散歩に。         


f0179059_8295678.jpg

             あっ、遠くに見えるものは・・・動かないでじっとしている。
f0179059_8302995.jpg

             野うさぎ。ピップには遠すぎて気がつかなかったみたい。
f0179059_8305183.jpg



        __________________________  
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-13 08:20 | 絵を描いてみる | Comments(16)

額縁カリキュラムのクッション/ スコットランド独立か?

            カリキュラムの中でも、額縁を使った作品はとても人気があります。
           
            クッションに仕立てたKeikoさんの作品です。

            キャスのレトロな時計柄がユニーク。

f0179059_5304869.jpg



         ____________________________


            日曜日にスコットランドからロンドンに戻りました。 8時間の運転。
            いつも、止まるサービスステーションは、TeaBay、湖水地方にほど近く、
            お洒落なファームショップもある。
f0179059_5395531.jpg

            犬のための散歩の道もあるし、その他の設備も整っている。
f0179059_5404964.jpg

 
            メェ~、メェ~、沢山の羊の鳴き声・・・
f0179059_5521854.jpg

            沢山の羊が中に・・・ということは・・・さよなら、羊ちゃん達。
f0179059_552431.jpg


            このユニオンジャックの看板もデザインが変わるかもしれない。
f0179059_5511793.jpg
                     
            スコットランド独立を願う、Yes派 と 今までどおり共にの No派。
            
            投票日は18日に迫っている。 ここにきて、Yes派がリードしてきた。

            あるPubでは・・・

            客は、Yesを3パイントください、とかNoを2パイント、とオーダーを
            し、最後にオーナーが集計を。Yesが俄然勝っていたっけ。

f0179059_632237.jpg


f0179059_681871.jpg


            クイーンは中立の立場でなくてはいけないけど、スコットランドの家は?
            そして内心は、私がスコットランドの最後クイーンでありたいと強く思ってい
            ることでしょう。

            No派は、今までちょっとのんびりし過ぎた。
            高速で見かけたNoの看板は壊され、Yesと書かれていたし、Noの議員は卵
            をぶつけられるし、Yes派はちょっと暴力的な人も多い。

            18日、どうなるか。

            Noを100パイントください!
             


         ____________________________ 






 
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-10 06:17 | クッション | Comments(10)

苔で遊んでみる

             庭の苔を取って遊んでみた。
             
             日本の器を出して選んでみる。
f0179059_195236100.jpg

             ちょっと、違うかな。
f0179059_2003419.jpg
             

             とりあえずこれで。
f0179059_20235722.jpg
 
             何か物足りない・・・・。
f0179059_19553759.jpg

             じゃあ今度は、お皿に・・・違う苔を使って・・・。

             きゃ、メンチカツのよう。 
f0179059_2053533.jpg

             お皿だから、そう見えるのかもしれない・・・
             だったら今度は・・・・
f0179059_20111952.jpg
                        なにか十分じゃない・・・
             
             こういうことは、じっくりやらないといけないね。
             庭には、沢山のデザインヒントがあると思う。

             冬になると、苔はもっと深いグリーンになるので、
             それまで待つことにしよう。

             おそまつでした。
       ______________________________

             
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-04 20:29 | スコットランド | Comments(18)

スモッキングクッション シンガポール便り

            シンガポールのAさんから、作品写真のお便りです。

            プリント地でスモッキング、ややもするとしつこくなり、スモッキングの良さも
            半減してしまいがち、そして素材を選ばないと、何かしっくりいきません。
            Aさんのこの作品は、プリントも素材もスモッキングにぴったりで、大成功。
           
f0179059_232819.jpg


            フォーマルで、コロニアル風なインテリアに、ぴったりな雰囲気のクッションです。

            Aさん、作品写真送ってくださってありがとう!

            
       ________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-02 23:10 | クッション

苔と シダと きのこ と

f0179059_5523224.jpg
            
           夏休みももうすぐ終わり。
           今、デコレーターの主人の友達が、イギリス南部から泊まりがけで来て、
           家の修繕や外壁のペンキ塗りをしています。                    
           この夏は、晴天が続きましたが、ついに2日ほど前から雨になってしまい
           ペンキ塗りの妨げになっています。

           私はといえば、朝、昼、晩とご飯を作り、忙しいながらもけっこう楽しんでい
           ます。

           ピップは、日向でうとうと・・・年取ったね。
f0179059_6164066.jpg

           家の庭の端に川があり、この水は裏の山(高さは丘)から降りてきて
           湖に流れていく。
           ハイランドの水というのが売っているけど、これもそのたぐい。
f0179059_6145785.jpg

           ピップはときどきこの水を飲みに川に入ります。
f0179059_6225944.jpg
 

           この周辺はシダがどんどん増えて、うっかりしていると庭はシダに占領されて
           しまいます。
           ロンドン郊外に住んでいたとき、日本の庭を作りたくて、わざわざ高いお金を
           払って、ガーデンセンターにシダを買いにいったものです。

           庭のシダを見ていると何種類もあることに気がつきます。
        
 
f0179059_6302597.jpg

           なければ淋しいし、なにもしないと増えるし・・・今日も欲しくないシダをいくつも
           切りました。まだでてくるんですけどね。
           
           そして、苔。ありすぎると、きれいではありません。
           そして、木にもはびこります。

f0179059_6344038.jpg
 
           この苔は岩にびっしり。ユニークな苔です。
           今度、活けてみよう。

           そして、きのこがあちこちに。
           でも、いちども食したことはない。

           この辺にはポルチーニが多いと聞いたけど、これ、ポルチーニかしら?
f0179059_6435862.jpg

           ぎょ!巨大。  サイズ比較するからピップ横にきて。
           以前見たよりも、もっと巨大。
           ピップの鼻もなんだか巨大・・・
           以前は巨大なきのこを見て、恐る恐る近づいたピップだけど、今はもう大丈夫。
f0179059_6395939.jpg

           ほとんどが食べられるらしいので、こんど思い切って食べてみようかな。

f0179059_745093.jpg
           


     
 
       ****************************



            
           
          
                  
[PR]
by maribabalondon | 2014-09-01 07:14 | スコットランド | Comments(12)