<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

別れ・・・

          今年は姉のところに多く滞在しました。
          もうすぐひな祭りということで、お雛様が飾ってありました。
          色々な並べ方があるそうで、これは京都御所にならったそうです。
          お内裏様とお雛様の間に坐している官女が少し後ろにいます。
          現在は自由に飾りを楽しんでいる人も多いらしい。
f0179059_5112560.jpg

            
                        ◆  ◆  ◆

          丁度このひな祭りの時期に、姉のところの愛犬ムックの体調が悪化してきました。
          検査の結果は膵臓炎。
f0179059_5361775.jpg


          殺処分されるムックを引き取ってきたのは14年ほど前、当初はおびえて、
          水を極端に嫌い、道路が濡れていると散歩に出なかったそうです。
          もちろんシャンプーもおおがかりだったそうです。
          おそらく保健所では、何度もホースで水をかけられたのでしょう。

          義兄は毎日欠かさず朝夕1時間づつムックを連れて散歩に行きました。
          散歩で皆が集まる野原で、犬仲間が出来てムックはとても楽しんだそうです。

          2年前の定期健診の際、獣医に大型犬ですから、あと1年か2年だと覚悟して
          おいてくださいと言われたそうです。

         
          
          私が数日いない間に、食事はまったくしなくなり、大好きな散歩すら行かなくなりま
          した。

          昨年は、こんなに元気だったのに・・・・ 
f0179059_6244025.jpg
                

          板の間にムックのベットを作りトイレシートも敷き、水は針なしの注射器で口に入れ
          てあげました。

          悲しそうなかすれた声で顔を持ち上げて何度も泣きます。

          何が言いたいの?どうして欲しいの?

          翌日もそれが続きました。

          そして最後に少しお水を飲み息絶えました・・・。

          15歳・・・家族皆に愛され、幸せな一生だったと思います。


          いつか必ず別れが来ると知っていても悲しいものですね。

          
          我が家のピップもうすぐ14歳。あと何年生きてくれるか分からないけど
          
          今を大切にしてピップと楽しく過ごします。


       ____________________________   
          





          
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-30 06:57 | 日本 | Comments(6)

母に会いに

           母に会いに、妹のところに行ってきた。

           母のディサービスの送迎車を待ち、迎えに出た。
           やっぱり私を覚えていなかった・・・。
           昨年は、私を思い出したのは2日目になってからだった。
           今年は全く思い出さなかった。でも私が誰だかわからなくても、安心できる人だと
           いうことは、分かるようだ。
           私のことだけではない。介護してもらっている妹のことも、今は施設のおばちゃん
           だと思っているようだ。
           しかし、遠い昔のことを聞いてみたら、驚くほど覚えている事柄もあった。

           翌朝母をディサービスに送り、その足で妹と犬の散歩に出た。
           運動不足の私、歩かなくては。
           犬の洋服はもちろんのこと、当人の散歩服、糞キャッチャー、尿の道路洗浄
           道具入れ等、全て使い勝手が良いように、妹の手作りしている。
           
f0179059_1382069.jpg

           近くの公園を過ぎ、どんどん歩く。

f0179059_1392616.jpg

           必死で後に付いて歩く。しかしよく歩くな・・・

           違った公園に到着。
           春を感じる。
f0179059_1514422.jpg

           水飲み場の蓋は鳥の模様入り。
f0179059_1544218.jpg

           背中指圧ベンチ 
f0179059_153448.jpg

           これは?  足をひっかけて、腹筋運動用だそう。        
f0179059_1442838.jpg

           背中を乗せて反らせる。両サイドから使える。
f0179059_20618.jpg


           いつもは午前、午後とも一時間たっぷり歩くらしい、そして私のために
           ゆっくり歩いたそうだ。

           犬がいると面倒なときもあるけど、一緒に歩く楽しさプラス運動になる。

           母は今91歳、食もだいぶ細くなっている。来年はどうなっているのだろう。

           たとえ私を覚えていなくても、後悔のないように短時間でも一緒に過ごしたい
           と思った。
           ちょっと短時間過ぎ物足りなかった・・・・。

                     
           
       ________________________________
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-26 02:31 | 日本 | Comments(10)

湘南ファブリックと羊毛作品展


       湘南ファブリックの大石さんが、私の帰国時期に合わせ、姪の作品展を開いてくださいま
       した。(大石さんと姪、偶然にも繋がりがあるなんて)

       大石さんとのご縁は、2010年の日本でのフットスツール講習にいらしてくださってから
       もうずっと。

       大石さんの新湘南ファブリックのオフィスへ。
       方向音痴の私を心配して、姪が駅まで迎えにきてくれました。
       
       笑顔でお出迎えくださった大石さん。
f0179059_142140.jpg

       
       高級なハギレが安い!すぐ生地に目がいきます。
       大げさでない素敵なタイバック(日本で言うカーテン押さえのタッセル)も沢山。 

f0179059_5174798.jpg
 

                 
                        ◆ ◆ ◆

       姪の羊毛作品のひとつであるユニークな「人生針山」
f0179059_5213151.jpg
                  それぞれの針山に人生ストーリーがあるのが面白い。
f0179059_5205478.jpg

       このみかんもりんごも皮は自分でむきます。これが羊毛だとは。
       本物のみかん屋さんがお買い上げくださったそうです。
f0179059_5201942.jpg


       いくつかの作品展のための準備でかなり忙しそうです。


       大石さん、お心使いどうもありがとう!


      _______________________________

        

       

        
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-23 05:58 | 日本 | Comments(12)

フットスツール作り講習 

          ロンドンの教室ではカリキュラムのひとつとなっていたフットスツール作り。

          そして2010年、そのフットスツール作りをロンドンから日本の皆様に紹介いたしま
          した。
          このような講習は日本では始めてだったこともあり、 東京、東京近郊、そして
          仙台、神戸、大阪、名古屋と全国から沢山の受講生の方々がいらしてくださいま
          した。
          
          その2010年の講習に名古屋からいらしてくださったのが、Ninomiya様でした。

          それをご縁に、毎回N邸の広いリビングルームをお借りして、講習をさせていただ
          いております。
          昨年は、ランプシェイド作り講習でしたが、今年はやはりフットスツール作り講習を
          させていただきました。
          名古屋N邸でのフットスツール講習、もう何度目になるでしょうか。

          毎回ですが、2日間にわけて合計12名の方々の参加です。
f0179059_3203927.jpg

          通信講座のご受講がきっかけで、お付き合いさせていただいている方が2名。
          ありがとうございます。
                       ↓

f0179059_18141773.jpg

f0179059_328175.jpg

          素材は、硬質の最高級のビーチ。そして素晴らしい色合いのオールドオークです。

          Kojimaさまはお孫さんのために、こちらの愛らしいフットスツールを作りました。
f0179059_3315243.jpg


                   ↓ 若いおばあちゃまの嬉しそうなお顔が目にうかびます。
f0179059_333265.jpg


          Kojimaさまのコレクッション 1脚は息子さんが持っていかれたとか・・・ 

f0179059_3343768.jpg

          Kitaさまも、もう4脚も。こちらに2脚。
f0179059_3381953.jpg
 
          玄関にも2脚。
f0179059_341840.jpg
 
          今回、初参加のKainumaさまからも、写真をいただきました。
f0179059_3434565.jpg


          毎回完璧なオーガナイズしてくださるNinomiyaさま。
          また昨年も今年もひやひやすることがありましたが、窮地でも常に冷静な判断の
          もと処理してくださいました。

          本当にありがとうございます。


     ____________________________________

          

                   

 
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-20 04:18 | 日本 | Comments(4)

ただいまイギリスに戻りました。

         ご無沙汰いたしております。やっとイギリスに戻って参りました。
         
         では、行ってきますのまま、ずっと更新せず、
         「まだ、食パンが載っていますね。」と、言われ気にはなっていたのですが・・・

         今回からロンドンではなく、スコットランド、グラスゴー国際空港から出発。
         山が見える。田舎だわー。
         
f0179059_2049391.jpg

         
         到着後、まずは講習の準備。昨年はイギリスからの荷物が紛失し、NHK文化
         センター様、名古屋の皆様に迷惑をかけてしまいました。
         今回も、ひやっとしたことが・・・どうもこちらの集荷の人間は信用できない。

         新幹線で名古屋に向かいます。
         残念ながら富士山には、雲がかかっていました。
f0179059_20515053.jpg

         名古屋に到着後、かつてロンドンの私の教室にいらしたKimikoさんとお茶をご一緒
         いたしました。

         こんなティーポットに初めてみました。
         テーブルコーディネーターのKimikoさんも、どうなっているのかしら?と興味深そうです。
         
f0179059_205506.jpg

         蓋を開けると、紅茶が濃くならないように、こんな仕組みになっていました。
f0179059_2101379.jpg
 
         角度を変えて倒すと、こんなふうに。
f0179059_2145228.jpg


                         ◆ ◆ ◆

         夜は友人の小鹿みきが、しゃぶしゃぶの美味しいお店に連れていってくれました。
         私は気管支炎にかかり、まだ薬を飲まなくてはならずアルコールはいっさい禁止。
         ひれ酒を美味しそうに飲むみき、・・・いいな~。
        
f0179059_21223084.jpg


       
f0179059_21142528.jpg

              
f0179059_21112934.jpg

 
       
f0179059_21162674.jpg


f0179059_2126019.jpg


        私よりたった、一歳下、ジムにも通いやはり努力している。見習わなくっちゃ。

        いつも暖かく迎えてくれる。ありがとう!

        

  _________________________________  

                        

         


         
[PR]
by maribabalondon | 2016-03-17 21:32 | スコットランド | Comments(12)