<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

義理の両親のところへ。

     
         数週間前に義理の両親のところに行った。

         義母は転んでから、認知が始まり何度も同じことを聞いたりするようになった。
         でも、私の母と比べたら認知度はまだまだ軽い。

         住み込みで介護をしてくれる人達が、約3週間交代で来てくれる。
         その中の一人のターシャは、明るくてお料理がとても上手だ。
      
         義母は最初、ターシャのお料理にケチをつけ、失礼な態度をとり、私達を驚かせた
         けど、そういうことはもう無くなった。
         今から思うとあれは、長いこと続けていた自分の仕事を取られたことへの戸惑いと
         嫉妬だったのだと思う。
                  
         ピップを連れて散歩に出た。

f0179059_3311517.jpg

         農場を通り抜け、  
f0179059_3282840.jpg

         ぐるりとヴィレッジを一周して歩く。

f0179059_327548.jpg


f0179059_333578.jpg

         かやぶき屋根の古い家が多く、このヴィレッジは本当に美しい。
         散歩していても飽きない。
f0179059_334245.jpg
 

         家に戻る。

         義母の一日の日程は決まっていて4時はお茶の時間。
         ターシャの美味しいお菓子をいただく。

         夜、この日はカレーだった。 なんと美味しい~。
         
         ターシャの仕事は多い。

         夜寝る前に義母のために、ふとんの中に湯たんぽを2つ入れて・・・

         朝はポーリッジとコーヒー・・・、昼は・・・ そして義母を庭まで歩かせる。
         
         こうして自宅でしっかり介護してもらえる、義母はなんと恵まれている人だろう。

         
         明日は、車で10分ほどのところにある、町に出てみることにする。         

          
       _________________________________


  
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-30 03:59 | England | Comments(12)

散歩と夕焼けと苔と・・・

          この鮮やかな黄色の花はゴーズ、かなり長い間咲いています。
          
f0179059_2122936.jpg


          棘だらけの茎で、痛いのなんのって。それにあっという間に大きくなる。

f0179059_2165449.jpg


          ピップ、じゃあ散歩に行こうか。年を取り、まぶたの毛、耳の毛、あご髭が
          かなり長くなりました。
f0179059_218861.jpg


          この西スコットランドは苔でいっぱい。
          散歩の小道の苔
          これはまるで獅子のよう。
f0179059_21135933.jpg

          
          この木にも苔がびっしり。
f0179059_21151056.jpg



         いつもの道を歩いていると、あちらからご近所さんの犬が、うれしそうに
         駆けてきます。もう興奮して大変。

         ピップはメスのボニーが大好き。
f0179059_21274119.jpg


         この日の夕焼け
f0179059_21185558.jpg

         竜にみえる。
f0179059_21192547.jpg

         
               
         こんな平凡な日常、有難いですね。


     _______________________________
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-21 23:25 | スコットランド | Comments(10)

懐かしのセツモードセミナー時代 

         星先生のお宅の最寄駅まで、仲良しだった秦さんが迎えに来てくれました。

         一昨年(過去の記事)同様今年も星先生のお宅におじゃまいたし、ちゃっかりお昼
         をごちそうになります。         

         先生のお宅に着くなり、美味しそうな匂いが。
         先生もお元気そう。

         テーブルの準備ができるまで、お部屋を見廻す。何かいいものがありそうで・・・。
         
         ボタンや、手作りの小さな物、こうして集めて置くとお洒落。 
f0179059_22562254.jpg


         前回頂いた最高に美味しい、旬のあさり、そして野菜たっぷりの、ほろほろチキン
         スープを準備してくださいました。
         先生も秦さんも、お酒はなめる程度で全くだめ、私のために赤ワインを準備してくだ
         さいました。  あー美味しい。
         私は大酒豪だと思われている・・・(2人にしたらそうでしょうね) 残したワインのボ
         トルを見て驚いていたっけ。  年齢もあり飲めなくなりました~。

f0179059_23302554.jpg


         こちらは先生の雑誌のお仕事のひとつ。
         青年が描いたような絵・・・と私は思いました。
         お年をめされていても感覚はいつまでも青年のようなのでしょうね。
f0179059_23572566.jpg


         そういえば、新しいNHKの朝の連続テレビ小説は、「暮らしの手帳」を創刊した
         大橋しずこがモデルだそうですね。

         私も「暮らしの手帳」ファンですが、一昨年は、星先生のことが7~8ページに
         わたって載っていました。
f0179059_011854.jpg

         興味深く読みました。

         
f0179059_011423.jpg


                  
         記念写真です。
f0179059_2240551.jpg


         先生、今年も楽しいひと時をありがとうございました。

         また来年!

      ______________________________



                  
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-17 00:29 | 日本 | Comments(16)

江戸っ子な友人 翌日もお世話に

          翌日は、楽しみにしていた、大好物のこの朝ご飯。

          そう前日のお鍋の美味しいエキスたっぷりのこのお雑炊。

          どちらの器にしよう・・・
f0179059_20343249.jpg


f0179059_2035787.jpg


          以前頂いた朝食(過去の朝食はこちら)も素晴らしかったけど、このお雑炊の
          美味しかったこと。

          食事の後はちょっとぶらぶら。
          お昼はうなぎを食べに連れていってくれました。

          鰻の骨のから揚げや美味しいものがずらり。
f0179059_2046348.jpg


f0179059_20472249.jpg


f0179059_20475749.jpg

          最後にひつまぶし。
f0179059_2048541.jpg


          年に一度だからと、こうして最高のおもてなしをしてくれる友人・・・
          こんな友人を持って本当に幸せです。

          感謝しています。



       _____________________________

          
          

          
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-11 21:06 | 日本 | Comments(6)

江戸っ子な友人

        またまた江戸っ子な友人淳子さんにお世話になってしまいました。

       「お肉の美味しいところがあるんだけど、そこに行く?それとも家でリラックスしたい?」

       「家がいい。」ということで浅草駅まで迎えにきてくれ、荷物を淳子さんの家に置き、
        ぶらぶら歩きに出発。
        家からここまで約5分。相変わらずの人混み。
f0179059_19504834.jpg


        浅草だわ~。世界に羽ばたけるか?
f0179059_19593125.jpg

        このお店でちょっとつまみ食い。
f0179059_2015854.jpg

        生まれたときからのお付き合い。淳子さんのお嬢さんのMちゃん。
f0179059_2051725.jpg

        夜の食品買出しは淳子さんが一人で、新鮮な気に入ったものが見つかるまで探します。
        
        まずは部屋着に着替えてリラックス。

        純子さんの手料理はいつも素晴らしい。
       
        味を追求して、江戸蕎麦リエ、(過去の記事)野菜ソムリエ、ワインなんとか・・・なんていう
        資格も持っている。

f0179059_208842.jpg


        魚の炙りも自分で。

f0179059_20142317.jpg


f0179059_201642100.jpg


f0179059_20172310.jpg

        のど黒 美味しかった~
f0179059_20185560.jpg

        電子レンジで暖めたお酒は美味しくないと、本格的な熱燗用容器使用。
f0179059_20215714.jpg


        閉めは鍋で。これがまた美味しいかった~。
f0179059_20245140.jpg


        美味しいお料理とお酒で、話もはずみ夜はふける。

f0179059_20461428.jpg


        続く
        ____________________________


         
         
         

                

        
[PR]
by maribabalondon | 2016-04-07 21:03 | 日本 | Comments(7)