<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一日だけの真夏日  シダの繁殖コントロール

        昨日UKは、気温30度ほど、スコットランドには珍しく気温28度もあった真夏日だっ
        た。(そうは感じなかったが)それもたった一日の真夏日。       
        
        今日はまたもとに戻り、どんよりと曇り、時々雨。
f0179059_450720.jpg


        その後、深夜に凄い稲光と雷で、まるで、「はい晴天はこれまで!」と言って
        いるようだった。 

        ピップはよほど疲れていたと見えてぐっすり。(年のせいもあるんだろうな。)
        幸いにも大嫌いな雷に気がつかなかったようだ。気がついていたら恐がって大変。

        晴天の昨日は、この時とばかり、庭に出た。
        もう一枚のブラインドも先週仕上がり、今日はどうしても、庭で今やらなければならない
        ことがある。

        あちこちに繁殖するシダの葉。 

f0179059_2212377.jpg

        掘り起こして、取れるものは取ったのだけど、根が少しでも残っているとまたは出てくる。
        根は黒くて細い繊維状のもので、頑固で完全に取るのはとても難しい。

f0179059_2221515.jpg

        他の植物に覆いかぶさり、とてもじゃまになる。
        イングランドに住んでいたときは、日本風の庭が造りたくて、わざわざ買い
        にいったものだ。値段もけっこうしたのを覚えている。
        しかし、これだけ沢山あると、コントロールできずうんざりする。
        
f0179059_4124026.jpg


        インターネットで調べると、7月中旬から、8月初旬にかけて除草剤をスプレーすると
        効果的だと出ていたので、 他の植物にかからないように、底を抜いたダンボール箱
        をシダにすっぽり被せて、いくつかのシダのかたまりにスプレーをしてみた。
        結果はすぐは出ないかもしれない。       
        これがなくれば、他のものを植えることもできる。
        それを夢みて、繰り返しがんばるしかない。

        紫陽花がやっとここまでつぼみを持った。楽しみ。
f0179059_4505647.jpg



        _________________________________

        
 
         
[PR]
by maribabalondon | 2016-07-21 05:00 | スコットランド | Comments(12)

新しい窓に ローマンブラインドで

       窓を最新の2重窓に作り換えた。
       昔の2重窓と比較して、かなり暖房効果もある。
       英国では家を売却する際に、暖房の度合いをABCDで示さなければならない。
       古い趣のある家は、残念ながら、暖房効果はかなり低いことが多い。

       湖がよく見える側は、一枚ガラスにした。
       こうなると、カーテンよりもブラインのほうがすっきりとして似合う。

       さてどの生地にしよう。リネンのサンプルを取り寄せ、
       候補の生地は大きいサンプルを取り寄せた。

       小鳥が枝に止まっているライムグリーンの柄生地に決定。
       ちょっと地味かと思ったが、主人がたいそう気にいっていたから仕方ない。
          
f0179059_8232888.jpg

          
f0179059_8351342.jpg

       ドアカーテンも作った。ドアカーテンは無地のリネンに、ブラインドと同柄の生地を
       カーテン幅の3分の1だけ使用し、ブラインドにマッチさせた。
       カーテンを押さえるタイバックは後日作ることにしよう。

f0179059_8374841.jpg

       日差しが強くまぶしい時は、半分のみ下げれば良い。それがブラインドの良さだ。

       横幅が2m近くあるブラインドでリネン100%、いやー、ちょっと手こずった。
       ローマンブラインドは縦長のスタイルがスマートで好きだけど、この窓にはこれしかない。
f0179059_8475065.jpg


       バスルームのブラインドは、家にあったクラーククラークの生地を使用。
f0179059_8555192.jpg

       コットンだからとても作り易く、あっという間に完成。

       今まで、どうせ誰も見ていないと、ブラインド無しで過ごしていた。
       見える訳がないと知っていても、何か落ち着かないものだ。 
f0179059_8563153.jpg
        
       

       まだ、あと一つ完成させなければならない。他の用事でなかなか専念できない。
 
       屋外でも使えるニットの鉢。
f0179059_972685.jpg


    
      _________________________________


           
[PR]
by maribabalondon | 2016-07-11 09:24 | カーテン&ブラインド | Comments(17)

毎日雨もよう・・・日常

      このところ毎日雨もよう・・・これが本来の西スコットランドのお天気なのだ。

       それでも、玉ねぎは芽が出てきた。
       
f0179059_616139.jpg

       12~15cm間隔でというので、発泡スチロールの大きな箱と小さな箱に植えてみた。
       でも、これ本当に大きくなるのかな・・・・  
f0179059_6165180.jpg


       ご近所のイアンがトロピカルフィッシュがいたので、浜から引き上げたけど
       見てみるかい?と言うので、主人と(ピップも)一緒に彼の家に行ってみた。
       
       鮮やかなブルーの魚。もう死んでいる。     
f0179059_6395038.jpg


       カモメがブルーのプラスティックをつついている、と最初思ったそうだ、望遠鏡で見てみると
       この魚だったらしい。

       彼の友人が言うには、ノルウエーやスペインにこの魚はいるらしい。
       イアンはこの魚を発見したことが、よほど嬉しかったらしく、また違うご近所さんのとこ
       ろに、報告に行った。

                       ◆

       お天気が悪いからか、紫陽花もやっとつぼみを持った。
       あとどのくらいで満開になるのだろう。
f0179059_714279.jpg

       このところ寒いので暖房を入れている。
       ピップは暖房のそばで、さんざかじった(偽の)骨を枕元に置き、まどろんでいる。
       まどろんでいる顔は、幸せそうだから大好き。
f0179059_721599.jpg


       私のブラインド作りはあとひとつで終わる。
       横幅が2m近い幅広のローマンブラインド、しかも100パーセント、リネンときている
       疲れる・・・。


    __________________________________
       
 




       

 
              



       
[PR]
by maribabalondon | 2016-07-08 07:21 | スコットランド | Comments(16)

いまどきのハエたたき

 
         ハエが家の中で飛び廻りうっとうしい。ゆっくり食事の支度もしていられない。
         ピップの食べかけのご飯にも、キッチンペーパーを被せている。

         新聞紙を丸めてたたき落とそうと、見かけるたびに試みるのだけど、素速くて難しい。

         以前は薬品が着いているシールを窓ガラスに貼っていたのだけど、シールの跡が
         なかなか取れない。いつの間にか使わなくなってしまった。         
         
                  
         主人がこんなものをインタネットで見つけ買いました。

         ウインブルドンにちなんで、テニスラケットで叩き殺そうという訳ではありません。

f0179059_3361064.jpg

         The Executioner という恐い名前の電気のハエたたきです。
f0179059_3352841.jpg


         柄についている小さなボタンを押すと、電流がラケット部分のラインに流れます。 
         でも、叩きつぶす要領でやると、器具が壊れるので気をつけなくてはならない。
f0179059_3345184.jpg

         
         主人が電流ボタンを押しながら、窓に止っているハエにゆっくりとラケットを
         近づけると、逃げようとしたハエがラケットの電流ラインにぶつかり、       
         バシッ!と凄い音を立て、ハエの羽が壊れハエは落下・・・
         何かおかしな話ですが・・・・まだ生きていたので、なにか可愛そうになり、
         ハエの息の根を止めてあげました。         
  
         昔のハエたたきもそう悪くなかったと思うけど、電流で殺すだなんていかにも今風。
         
         あなたもハエたたきの名人になれる、という興味深いサイトを見ました。
         こちらもこんど実行してみよう。

         しかし日本は夏冷房が効いているので、ハエなどお部屋にいないのでは?

        ________________________________



     
[PR]
by maribabalondon | 2016-07-02 04:31 | 色々 | Comments(12)