ミュージカル イブニング

先週、音楽好きの義母に誘われて、ピアノとチェロのコンサートに行ってきた。
義父がメンバーになっているクラブでのコンサートなので、大会場でのものではなく
70人ほど入る部屋でサロン形式のものだ。

   シャンペンを飲みながら、開始を待つ。こういう雰囲気が好きなのだ。
   もう一杯飲もうかな、と思ったところで演奏が始まった。
f0179059_6471370.jpg

 Beethoven(Cello SonataNo4)や、Debussy(3 Preludes for      Piano Solo)など、双子姉妹の力強い演奏は、あまり音楽に詳しくない私にも
 素晴らしいことは十分に感じ取れた。
 (あまり詳しくないのでこれ以上触れないことにする)
f0179059_6511596.jpg

そしてここに来るのは何が楽しみって、コンサートの後のお食事だ。
ブッフェスタイルで、前菜からデザートまで、おいしいもがいっぱい!
(勇気がなくて写真が撮れなかった、、、残念)

Musical Eveningsとして催されるここのコンサートには、義母と一緒に何度か来た
ことがあり、この日もおなじみのおじ様、おば様方がいらしていた。
(私もかなりのおば様だけど、、、)

でも、この日は日本人の女性を発見!
日本人とみると、すぐに声をかけるのが私である。

ヤスコさんのご主人は、このクラブのメンバーで、お住まいはなんとバンクーバー、
年に2回ほどイギリスに来るのだそうだ。(聞かなかったけどご主人カナダ人かな?)
食事は同じテーブルでヤスコさんの隣に座って、いろいろとおしゃべりをした。
f0179059_6554581.jpg

   左側はヤスコさんのご主人、とてもユーモアのセンスがある方だ。
f0179059_657397.jpg

ヤスコさんのご主人はおとなりの方達とオペラ、舞台、映画などの会話に花が咲いている。
少しはご主人側にも気を使わなくてはと、ヤスコさんはそちらの会話に参加した。

私側にいる義母は隣の人と音楽についての話でかなり盛り上がっている。
 
どちらかというと、Yasukoさん側の会話のほうが、かろうじて私にも分かる内容だった
のでそちらに参加した。  Yasukoさんはとても聞き上手で感心した。

こういう時、この分野への知識があれば、熱く語れるのになあ、、、。

よし、次の時までしっかり勉強して! と、いう気持ちは全くなし。
(というか、情けないことにあっても実行しない。)

別れぎわにヤスコさんのご主人に「オダイジニー」と言われた。
会話についていけず、疲れた顔してたのかしら???(たんなる間違いだよね)

でも、食事はおいしかったし、とても楽しかったので、また義母に誘ってもらおうっと。
[PR]
# by maribabalondon | 2008-10-15 07:17 | 音楽会 | Comments(9)

甘~いサツマイモ

ピンポ~ン♪ 日本からサツマイモが届きました。

数年前、教室にいたマキさんからです。
ブログでピップのことを知り、サツマイモが良いのならと、わざわざ堀りたての新鮮なものを送ってくれました。 送料高いのにすみません。
f0179059_20224675.jpg

    「こんな大きいのとれたー!」マキさんとこのMちゃんのおいも堀り風景です。
    手でじか土を触るというのは、子供にとってとても大切なことですよね。
f0179059_20251188.jpg

こちらにもさつまいもは売っていますが、日本のさつまいものあのコクのある甘さや、
ほくほく感は味わえません。

ピップには悪いけど、私が全部食べてしまいそう、、、。
さて、シンプルに蒸かそうか、それとも焼き芋か、う~ん、大学芋にしようか、、、、。
ピップごめん。
[PR]
# by maribabalondon | 2008-10-12 20:36 | 色々 | Comments(18)

アフタヌーンティ

水曜日の西ロンドンのクラスでは、毎週皆が楽しみにしていたことがあります。
なにが楽しみかって、、、ほとんど毎週欠かさず、美恵子さんがそれはそれはおいしいお菓子やパンを作って持ってきてくれるんです。
でも、美恵子さん、数週間前に全てのカリキュラムを修了してしまって、、、、。

私達いかにいままで、美恵子さんにあまやかされていたか、、、、。
今しみじみと有り難味を感じています。
本当に淋しい、、、(えっ、何が?)

先日、教室が終わった後、美恵子さんのお宅のアフタヌーンティにおじゃましました。
「うんとおなかを空かしてきてください。」
その甲斐あり! もう大満足でした~。

素敵にセッティングされたテーブル。今回は秋がテーマのアフタヌーンティーです。
まずはシャンペンで、乾杯~。(車だったので、あまり飲めず残念。)
具に工夫を凝らした、色々な種類のサンドイッチ、ミニハンバーガー、それも具だけではなく、パンまで美恵子さんが焼いたんです。
f0179059_1593360.jpg

    栗とかぼちゃのミニデコレーションがかわいい、”ガトー・オ・マロン”
f0179059_223068.jpg

    しっとりとした秋色の”モンブラン”
f0179059_232161.jpg

    それに”ラズベリーのマカロンケーキ”。
f0179059_24040.jpg


もちろん定番のスコーンもいただきました。すべて美恵子さんの手作りです。

どれもこれも、すばらしいお味。
本当になんでもこなす人なんですね。ただただ感心。

    教室で作ったマッフティーコージィーも大活躍。
f0179059_2104261.jpg

    ナプキンも手作りですよ。
f0179059_2133918.jpg

    もうお腹いっぱいいただいて大満足。
    この写真は沢山食べた私のおなかではなく、、、
f0179059_2141574.jpg

前回のフレンチスタイル特集のアキさんのおなかですよー。(12月に出産予定です。)
一緒におじゃまいたしました。
赤ちゃん(それもかなり大きそう!)の分までしっかり食べた様子!

最後の締めくくりにいただいた、栗フレーバーの緑茶のおいしかったこと。
秋がテーマのアフタヌーンティーにぴったりでした。

心のこもったおもてなし、本当にありがとう。
またいつでもお声をかけてください。すぐ飛んでいきます!

水曜日の皆さん、すみませんね。食べたつもりになってくださ~い。
[PR]
# by maribabalondon | 2008-10-10 02:35 | アフタヌーンティー&ごはん | Comments(16)

フレンチ スタイルが好き!

以前教室にいらしていたアキさんから、素敵な作品写真が送られてきました。

教室にいらしている方のほとんどがそうなのですが、カリキュラムをこなしていくうちに、
求めるスタイルが序所にはっきりとしてくるようです。

アキさんの場合は、フレンチスタイルです。
もともとアキさんが好きだった、フレンチ ビンテージ (風)の布に出会ったのが
きっかけのようです。

   教室を離れてからもずいぶん沢山作ったんですね。
f0179059_7374846.jpg

   このフットスツールの写真は、私のブログにもお借りしているものです。
   ボルスタークッションと一緒だとさらに素敵です。
f0179059_746380.jpg


   ここの布はちょっとお値段も高めなので、最後のひときれまで余すことなく
   使うのだそうです。
f0179059_748150.jpg

   さて、このフレンチ ビンテージ (風)の布の入手先は、ここ です。
   アキさん情報ありがとう!皆さん喜びますよ。
[PR]
# by maribabalondon | 2008-10-05 07:55 | クッション | Comments(18)

ピップのその後

9月13日の土曜日に、「2~3日、長くても1週間の命」と言われてから
約3週間が経過しました。
今週の水曜日、ふたたび夫がかかりつけの獣医にピップを連れて行きました。

元気なピップの姿を見て、2人の獣医と、受付の女性達は、もうびっくり!
獣医は「こんなことはじめてです!」「もう1度、スキャンと血液検査をしてみましょう。」
結果がでました。
線維化してしぼみ、全く働いていなかった肝臓が、まだ通常よりも小さいとはいえ半分機能しているということです。
血液検査の結果も、良い方向に進んでいるということです。

以前より一回り小さくなって、ちょっと痩せてしまったのですが、腹水や足のむくみはまったくなくなりました。

それに、凄い食欲!

今朝も朝早くから、ごはんの催促です。
夫の作った食事を勢いよくたいらげ、「もっと、食べたーい!」と足で器をひっかき、何度も音を立てて催促します。
あまりあげ過ぎるのも良くないと、器を隠してしまうと、今度は器の置いてあったそばの壁をひっかき音をたてて催促します。

夫も私もピップの回復のために色々調べました。

先日素晴らしいサイトにめぐり会いました。
これだけ徹底して愛犬のために尽くす人もいるんだなあと感心してしまうサイトです。

栄養成分なども徹底的に調査した結果作られた、愛犬のための特別レシピ、肝臓にも良い野菜ミックスが出ていました。
そしてこの方にメールでいくつかのことを質問させていただきましたが、沢山のことをとても親切にアドバイスしてくださいました。

そしてもちろん、今日さっそくこの野菜ミックスを作ってみました。
この食事ピップは大好き!とても喜んで食べました。
f0179059_6451258.jpg

ピップはただ命が少し延びているだけかもしれません。でも、奇跡を信じて、できるだけのことをしてあげたいと思っています。

ピップのことをご心配くださっている皆さん、これからもピップが少しでも長く生きられますようにお祈りくださいね。 本当にありがとうございます。
[PR]
# by maribabalondon | 2008-10-04 06:51 | 犬/その他の動物 | Comments(14)