イングランドへ  主人の実家

         義母の認知が進み、義父が落ち込んでいる様子なので、
         実家に行ってきた。

         自宅介護が一番だと思うけど、もうすぐ施設に入れなく
         てはならないかもしれないと、義父は言う。

         入り口近くにある、直径2・5cmほどの愛らしい小さなバラ
         も、少し枯れてもうすぐ終わり。
f0179059_21551600.jpg
         その替わりに菊が咲いていた。
f0179059_21553620.jpg
          住み込みの介護士の女性、ターシャは、もう73歳。
          何人かの介護士が順番でやってくるのだけど、ターシャ
          は、お料理も上手で、義母を歩かせようと努力してくれる。
          義父の一番お気に入りの介護士だ。
    
          義母の食事は、食べ易いように、ターシャが何もかも細か
          く刻んであげる。
          昔からそうだけど、義母は食が細い。
          ほんの少しの量の食事も毎回残す。

          ピップはその残りをもらい大喜び。
          家に戻ってからもその癖が抜けず、ドックフードほとんど
          食べなくなってしまった。
          その癖を直さなければ。

          朝晩、ピップの散歩に出た。
          調教用の馬がいるところを歩いていった。

          丁度、馬が背中を掻いている(と思う)ところに出くわした。 
          体をくねくねと、何度も地面に擦りつけている。
f0179059_21573267.jpg
          あー、痒かった~。

          ジャケットを着ているので、思うように掻けなかったの
          ではと入らぬ心配をしてしまう。
f0179059_21575531.jpg
         ピップも満足した様子、いい散歩だったと思う。
    
         上から窓越しに外を見ると、ピップが庭でくつろいでいるの
         が見えた。
         体の包帯がなまなましいけど、大分良くなっているようだ。

f0179059_21582347.jpg
     
         背の高いこの花はなんだろう?
f0179059_21563851.jpg
         明日は、ちょっと隣町まで出かけます。


   ________________________________




     

[PR]
# by maribabalondon | 2017-10-14 22:50 | England | Comments(10)

古い別荘の新しい隣人  SCRONKYな JAM



 ピップはまだ本調子ではありませんが、少しづつ回復に向かっています。
    励ましのお言葉ありがとうございました。



今年の夏、ピップと散歩出たときに、3年ほど空き家に
なっていた別荘を女性が新しく塗り替えていました。
古びた赤茶から黒に。
「以前の色よりもずっと素敵ですね!」と言うと「ご近所ですか?」
f0179059_22390896.jpg
    若い、ご夫婦と女の子が2人。お互いに紹介し合いました。
    とても感じの良い家族で、行動的です。
    週末だけ来るのですが、なにかしら家の改善のためにやって帰ります。
    
    整い過ぎることなく、敷地には子供達が楽しめるように、自然を利用して
    素敵な遊び場を造っています。
    
f0179059_22374920.jpg
    この間まで枝を組んで、テントを作っていました。
    ケーブルも付けて、あちらの木からこちらの木へと渡れます。
f0179059_22382451.jpg
    愛らしく、活発な姉妹。私の名前もすぐ覚え、「Mariko、ここにピーター
    パンも来るし、妖精も住んでいるのよ!」

            
    2週間前、ピップと通りかかると、「Mariko!」と2姉妹に呼び止められ
    ました。
    「ちょっと待ってて」と、ホームメイドジャムを持ってきました。
     あまりにも2人が可愛く、写真を撮りました。

f0179059_22350579.jpg
    このブラックカラントのジャム、甘さ控えめで、とても美味しいのです。    


    ラベルには2人の写真。 SCRONKY JAM???
    SCRONKYとは、楽器での「キーン!」という音らしい。
    新しい表現。 
    
    先日は、家族全員で、朝早く家の前をジョギングで通りかかりました。
    音楽が好き、スポーツ好きな両親のようです。 
f0179059_22343733.jpg
    週末に会うのが楽しみな家族です。


 ___________________________________
   




[PR]
# by maribabalondon | 2017-10-08 23:46 | スコットランド | Comments(18)

まだ傷が癒えないうちに・・・また

       

        まだ先週噛まれた傷が完全に治らぬうちに、今度はあの獰猛な  

        リッジバックに・・・8針縫いました。

        危険な犬をリードなして散歩させる。 完全に相手の非です。
        運悪く、小道で出くわしたのです。

        今回は、噛み付き、振り回されました。
        獲得した獲物を殺すときに振り回すあれです。

        もうだめかと思いました。
        私とピップはスロープに転がり落ち、ピップを抱えじっとその
        ままでいました。
        ショックで動けませんでした。
        その散歩をしていた男性(飼い主の友達)に主人を呼んで
        と言いました。

        急いで獣医に行きました。

        獣医が、傷口の写真を撮っておいたほうが良いと勧めました。

        ただの傷口ではありません。皮膚がはがれています。
        あと2cm多く剥がれていたら、死んでいたでしょうと言われま
        した。・・・危ないところでした。

        ピップは痛み止めを飲み、今寝ています。

        
     ______________________________   

[PR]
# by maribabalondon | 2017-10-03 23:36 | 犬/その他の動物 | Comments(16)

野ねずみ


先日新聞で、この写真を見ました。
野ねずみが、あの小さなクラブアップルの中に巣を作って
ひょこり顔を出しています。

野ねずみは小さくて、とても愛らしい。
f0179059_01394496.jpg
     一ヶ月ほどまえ、庭を横切るのを見ました。
     ピップもそばにいたのでですが、気がつかなかったのか?
     それとも、年だからから、もうどうでもいいやと思っているのか?
     なんのリアクッションも起こしませんでした。
     若かったときは、小道の端に抜き足、差し足で近づき、ジャンプをして
     野ねずみを捕まえようとしたものです。

     巣は一箇所ではなく、数箇所にあるようです。
     落ちている林檎を見ると、かじった後があります。
     好きなだけ食べなさい。

     以前、台所の電気を付けようとしたら、何か調子が悪い、電気がチカ
     チカします。
     バッシ!という音がしたこともあった。
     また他のコンセントのほうも調子が悪い。それでも使えたので、少し
     の間ほっておきましたが、一ヶ月ほど前、主人がカバーを取り外し、
     確認してみることにしました。

f0179059_01410718.jpg
     そしたら・・・何と!
     ひとつはネズミ2匹、 もうひとつのほうは一匹、この狭い中に入っ
     て感電死しているではないですか。
     あのバッシという音は、感電した音だったようです。

     屋根裏にお湯の通るパイプが四方に走っています。保温のために
     スポンジで包んであったのですが、それをかじられ、あちこちに散乱し
     今はパイプがむき出し状態です。
     また、大事な楽器のケースもかじっています。
     あちこち被害でています。

     ご近所さんが、今年は野ねずみが大発生だと言っていました。

     人間には聞こえない音を発する、ネズミが近寄らないという器具があり、
     それを付けていますが、いっこうに効果がありません。

     どのように追い払おうか悩んでいます。

     もみじの紅葉です。地面の落ち葉もきれいです。



f0179059_01403741.jpg
     また雨もよう・・・
     暖房も入れています。 秋の始まりです。

f0179059_01421873.jpg
    ピップは大分回復してきました。

    あともう一歩です。ありがとうございます。



  ________________________________




     
 
     




     

[PR]
# by maribabalondon | 2017-09-30 02:30 | 犬/その他の動物 | Comments(12)

またピップが噛み付かれてしまいました。


      また、ピップが噛み付かれてしまいました。

      数年前は、リッジバックに、今回はあの巨大な犬グレートデンです。

      大きなお屋敷の別荘にたまに来る、とても感じの良い女性がいます。
      ジョギングで家の前を時々通ります。 
      
      彼女は3匹の犬を飼っています。
      一匹はグレートデン、あとの2匹はとても小さなダックスフンド
      そしてやはり小さなテリアです。
  
      先日から滞在していることを知っていたので、リードをつけて
      ピップを散歩させました。

      その別荘を通り過ぎたとき、犬達が出てきました。
      門はない家なので、自由に犬が出入りできます。

      ちび犬たちがピップにまとわり付いてきました。
      それと同時にグレートデンもピップのところに来ました。
      私は大きなグレートデンがピップに噛み付いたら困ると、
      グレートデンの首輪を持ちました。

      背後から、「こっちに来なさい!!」と飼い主の女性の声がしまし
      たが、仔犬たちかピップにまとわり付き、グレートデンを押さえきれ
      なくなりました。
      その途端にピップの背中にがぶりと噛み付きました。
      「あ!噛み付いた。」「大丈夫ですか?」「分からないわよ、調べて
      みないと。」こちらは、リードをしているのに!
      (リードが仇になったのかもしれない)
      腹立たしくなりました。
     「本当にごめんなさい。後で、お伺いします。」


      その前日、散歩で会ったときに、「この仔はサイズが大きいだけで
      とても温和な正確なの、だから大丈夫よ」と言っていたのに・・・。

      仲間の犬が一緒だと犬には群れを守ろうとする習性があるので、
      ピップを襲ったのでしょう。
      
      家に戻り調べたら背中に深そうな傷が・・・
      主人が消毒液で傷を洗いました。

      そう寒くないのにピップは、なぜかガタガタと振るえています。
      タオルをかけて、ダウンジャケットもかけてあげました。     

f0179059_00502105.jpg

そこに飼い主の女性が訪ねてきました。

チョコレートや、お花や、ピップのスナックなど持って謝罪にきたのです。
主人が応対していました。
門を注文したところなので、あと3ヶ月ほどしたら、犬が敷地から出られない
ようにしますとのこと。

昨夜ピップは食事もせず、お水も飲みませんでした。
しかも目をつむり、ひたすら寝ています。
主人はショック死についてインターネットで調べていました。
朝起きたら、死んでいたなんていうことはないだろうか?
とても不安でした。

早朝、主人と一緒に獣医のところに行きました。

傷口周りの毛をバリカンで刈って、傷口を調べると
傷はかなり深い。

(傷は背中の白い毛の下です。)
f0179059_00530395.jpg

   傷が深いので、消毒液を傷口に入れているのですが、まるで小さな
ポケットに液を入れているようです。
傷口が深いので縫うと、治るまで化膿してしまう恐れがあるのでと、自然治癒を
勧められ、抗生物質をもらい家に戻りましたました。
噛み付かれると傷口は通常少なくとも2箇所以上あるのに、傷口はどうも一箇所の
ようです。
それは運が良かったと言われました。

家に戻ってからも・・・
食事もせず、お水も飲まず
このように壁に向かって座り、ずっと後ろ向きです・・・。


f0179059_03254104.jpg
早く、回復して欲しい。
いつもの食い意地の張ったピップに戻って欲しい。



__________________________









[PR]
# by maribabalondon | 2017-09-28 05:04 | 犬/その他の動物 | Comments(14)