ピップは16歳になりました。


   
            8日にピップは16歳になりました。

            我が家に来たときは、夜鳴きをする日が続きました。
            親、姉妹が恋しかったのしょう。


f0179059_05395661.jpg


            小さい時に耳の病気、片方の耳がピンと立っているのは、
            その後遺症です。

            背骨の接続に問題があり、それが欠けると、歩けなく
            なります。何度もそれが起きました。
         
            その度に、もうだめかな・・・と思い覚悟しました。
            今でもその不安は十分にあります。


            また、死の勧告をされたこともあります。・・・★

            そして今現在は、睾丸の片方に腫瘍があります。
            片方だけが異様に大きい。
            昔、近場の獣医に行き、虚勢手術の相談をした際、
            その獣医が、そういうことは賛成できないと、説得され、
            そのままにしたのが、やはりいけなかったのでは・・・
            後悔しています。


            もう年なので、手術は体にかなり負担がかかり過ぎるので、
            勧められないと言われました。          
            

            16歳! ピップよりも若かった、ご近所の犬仲間は、
            もうとっくに亡くなってしまい・・・。

            色々な健康問題を抱え、よくここまで生きてきたね。

            今日はピップと一緒に、庭を一回り。


            我が家の庭の端には丘からの水が下りてくる小川があり、
            ピップはよく、ここの水を飲みに行きます。         

            あー、美味しい。


f0179059_05320823.jpg
             急坂で、戻るのにちょっと一苦労の様子。

             
             がんばれ~。 


f0179059_05322714.jpg
               こんなに豪華なクレマチスが!気がつかなかった。



f0179059_05361079.jpg
                15年ほど前、ガーデニングの雑誌の、クレマチス
                のプレゼントに応募して届いたものです。
                ずっと面倒を見ず・・・これからしっかり面倒
                を見ます。


                ピンクの花のイチゴが大きくなってきたので、
                大きな鉢に植え替えました。



f0179059_05345550.jpg


                ここ数日でどんどん伸びています。



f0179059_05342458.jpg
                 我が家のつる薔薇。


f0179059_05334755.jpg
             
               湖側に面した薔薇はやはりこの薔薇にかぎります。

               強風にも強い薔薇です。


f0179059_05332264.jpg
    
               ピップはよく食べ、頻繁に昼寝をしています。              


               あとどのくらい生きてくれるのでしょう?

               また一年が健康でありますように。

               
            ******  ******  *******                  


                
               
               
 



[PR]
# by maribabalondon | 2018-06-09 08:11 | 犬/その他の動物 | Comments(22)

待ち合わせ

            我が家から車で45分ほどのところに、Loch Lomond 
            ロックローモンド) という、淡水湖では最も大きい湖があり、
            ゴルフの全英オープンなどもここで行わたこともあります。

            日本からの来客があり、この湖沿いに Luss という小さな村が
            あるのですが、そこにあるカフェで待ち合わせすることにしました。

            運転中にLussの表示を横目で見て、いつも通り過ぎ、まだ行ったことがあ
            りませんでした。

            Lussまでは約一時間弱。

            この日、私の前を大きなロリーが、そしてそのロリーの前には
            時速60マイルの道を、時速30マイルで走る車が・・・

            一本道で、追い越すのは危険な道です。             
            気が付くと、私の後ろにはずらっと長い車の行列ができていました。

            これで、かなり時間を取られ、おまけに道路工事に出くわしました。

            10分も遅れてLussni到着。
            なんと、Lussは観光客でいっぱいでした。

            へ~Lussは有名なんだ。

            ランチタイムで、車がいたるところに駐車してあり、駐車可能な場所を
            見つけるのに一苦労。
            やっと駐車出来、ワクワクしてカフェに向かいました。 
            20分も遅れたけど・・・とカフェの中を見回しましたが、それらしき
            人達はいません。            



f0179059_00160886.jpg

              ちょっと周辺を見て、


f0179059_00154615.jpg
                  また、カフェに戻り・・・・

                  まだいません。

f0179059_00165192.jpg
                ランチタイムを過ぎ、観光客も少し少なくなってきました。


f0179059_00173995.jpg


              カフェに戻り、確認。まだいません。

              
              
             
            
f0179059_00171931.jpg

              結局、1時間半ほど待ちましたが、会うことができません
              でした。
              携帯を持っていないということで、連絡のしようもなく・・・


              家路に向かいました。


              「いったいどうしたのでしょう????」

               レンタカーを借りると言っていましたので、
               事故でなければいいけど・・・


               そんなことを考えながら運転していると・・・・
              
               ポリスに止められてしまいました。 

               ほんの短い距離だけ時速制限30マイルになっていることに
               気が付かず、43マイルで運転していたらしく。


               えっ、罰金100ポンド!!! そんな・・・悔しい~


               そうだ、ここは、罰金稼ぎのところだと夫が言っていったけ。


               何かついていない日でした。


              

               家に着き、ほっと一息。


f0179059_00180459.jpg

               後日電話があり、道に迷い到着したのが3時過ぎだった
               ということでした。
               会えなかったけど、事故などでなくて良かった~。           



f0179059_00183245.jpg
              
            *********  **********                   
  

                       


            

[PR]
# by maribabalondon | 2018-06-04 00:49 | Comments(14)

突然やって来た夏

           このところ晴天続きです。 
           晴天でも良いのですが、25度~27度の気温です。
           
           あまり高気温の晴天に慣れていないせいか、疲れます。
       
           真夏に日本に帰ったらどういうことになるのでしょう。


           一週間ほど前の写真ですが。

           散歩の小道には、ブルーベルがびっしり。

           もう今では、ほぼ終わり。
   
f0179059_07235967.jpg
 
                

                手ごわい雑草のクリーピングバターカップが
                あちこちにびっしりはびこっています。

                でも、黄色い花は愛らしい。
          
                

f0179059_07230748.jpg

                今年は、新入りの薄いピンクのワイルドフラワー
                が庭のあちこちに咲いています。
                これがとても愛らしいのです。

                なんと言う名前か調べてみようと思います。

f0179059_07232768.jpg
   

               Laburnum (金鎖)


f0179059_07263184.jpg

                   もう今では、つぼみはありませんが。          



f0179059_07555080.jpg

                この黄色いつつじは、とても香りがいいのです。




f0179059_07244782.jpg

               スノードロップツリーと呼ばれるこの木は、
               花が終わると、小鳥たちの大好物の赤い実が生ります。   


               今年は、何日も雨が続き、その後の晴天続きのせいで
               花がびっしり。    
                  

f0179059_07253125.jpg
                  ちょっとはっきりしませんが、愛らしい
                  こんな花です。
f0179059_07260177.jpg

                 ピップはお昼寝。
f0179059_07282670.jpg

                 小鳥も活発に動き廻っています。

                 雨といの裏側に入っていく・・・                   
                 どこに巣を造ったのだろう?

                 Tit はとても小さく愛らしい。

f0179059_07280520.jpg


                ドイツからの大きな観光船が通り過ぎていった。

          
f0179059_07284660.jpg


                 夜10時30分、まだ外で新聞が読める。

f0179059_07265917.jpg

               慣れない好天。
               今でなくては出来ない庭仕事をやりました。

               しかし、やることが遅くなりました・・・・。


         *********  *********  *********
           








[PR]
# by maribabalondon | 2018-05-31 08:30 | 庭 植物  | Comments(16)

あこがれの薔薇

          今日は、ガーデンセンターに行ってきました。

          ここ数年、随分と値段が上がりました。
          ボグガーデン(沼地)用に2鉢買いました。
          かなりの量が必要ですが、あとは、株分けなどをして、
          増やすことにしようと思います。

          
f0179059_06594826.jpg
                今、花壇の準備をしている場所は、かなり手ごわく
                粘土質なうえ、石も沢山出てきます。
 

                どうしてもそこに薔薇を植えたい。

                薔薇のコーナーに行ってみました。



f0179059_07000675.jpg
                沢山の種類がありました。


                名古屋の講習にいらしてくださった、Kさんが
                ご自宅に咲く薔薇の写真をくださいました。
                
                写真の腕も素晴らしい。

                セントスィザン  
                

f0179059_06512295.jpg


                きれいな赤。         
                

f0179059_06530314.jpg



                   とてもクラシックな薔薇に思えます。
    
          
                      エレガント~。

                  (ジュビリーセレブレーッション)

        

f0179059_06515585.jpg


    こちらのレンガ造りお家は、なんと!Kさん宅だそうです。

   英国の家以上に英国らしいのには、驚きです。

随分手入れが行き届いていますね。
(フランソワジュランビル)


f0179059_06553985.jpg

                 (マダムアルフレッド)
                  ここまで徹底して育てるのは
                  さぞ大変だったことでしょう。
          
f0179059_06510026.jpg
                
              5月の薔薇という歌がありますが、
              英国の薔薇は6月が全盛です。

              どうも、見るとすぐ買いたくなるのですが、
              土を耕して、準備をしてから計画を立てて
              から、薔薇を買うことにします。

              今日は衝動買いした、プラントをどこに植えよう
              かと、悩みました。
              
              

                     ◆   ◆   ◆


                  今日も懸命にピップの毛を集めていました。

f0179059_08564641.jpg
                
                ブルーベルが大分咲きました。
                庭仕事をしていると、ピップはいつも側に来ます。
                
                ブルーベルのベットは、気持ち良さそうです。
               
                でも側を掘っているところなんだけど・・・

                
               
                
f0179059_08581601.jpg

               来年めざして、薔薇のために場所を作ることにします。


            **********   *********** 



          

[PR]
# by maribabalondon | 2018-05-19 09:22 | 庭 植物  | Comments(22)

 鳥の巣造り 高級純毛ベット

           散歩の小道には、ブルーベルが咲き始めました。
           我が庭のブルーベルもまだ少しですが、咲き始めました。

           
f0179059_08150105.jpg

               この時期、小鳥は巣造りに大忙し。

               数年前、庭にピップのブラシングした毛を、
               そのままにしておきました。
               
               何と!
               小鳥達がその毛をせっせと、持っていくのを目撃しました。

               それが始まりで、ピップの毛をそのままにしておくようになり
               ました。
               庭に毛を落として、部屋に戻ると、1分ほどで小鳥がやってき
               ます。 どこかで観ているのです。

              
               毛を束にして置いておくのですが、持ちきれないのか
               地面に落ちた毛を、口端で集めて運びます。


f0179059_08193164.jpg

                 口端で集めています。

f0179059_08184321.jpg

                 試しにブラシングした、私の毛も
                 置いておきました。

                 人気なし・・・見向きもせず、ピップの毛のみを
                 持っていきました。



f0179059_08395333.jpg
                  もう口端は一杯。


                  この鳥はおそらくSiskinと呼ばれる
                  小鳥だと思います。


f0179059_08411466.jpg
                 犬や猫をお持ちの方、是非試してみてください。
              
                 純毛の巣造りに協力しましょう。
               
                 ※ 鳥の種類によっては、違う素材が
                   良いのかも知れません。2種の鳥が
                   競ってやってきます。 


f0179059_08495719.jpg



      **********  ********** **********


         


[PR]
# by maribabalondon | 2018-05-14 09:01 | 犬/その他の動物 | Comments(12)