人気ブログランキング |
<< ゆかりさんの出版記念パーティー 生まれて初めてのミシン >>

ピップのその後 <決してあきらめない。>

前回ご報告した段階では、ステロイドの副作用で筋肉はすっかり消え、車にジャンプして乗るのもやっとでした。
頭蓋骨の形まで想像できるほど、がりがりに痩せ、10キロあった体重が、たったの
8キロにまで減ってしまいました。

f0179059_826468.jpg

          こんなに痩せて、首輪なんかゆるゆる、、、。

あれから、2ヶ月ほど経ちました。
その間に、3度の血液検査をしました。
どのくらい蛋白質が血液の中に増えているかの検査です。
なにしろ、蛋白質が腸に吸収せず、流れて出ていってしまうからです。

もし、ステロイド治療で蛋白質が増えることがなければ、恐らく「内臓の癌」、増えてく
れば、治療可能な「大腸炎(Inflammatory bowel disease)」ということです。

去年の9月に肝臓機能停止と言われ、死の勧告を受けました。
腹水が溜まり、それはそれは、ひどい状態でした。

お腹はこんなになって、、、、。



         この写真を見ると涙がでそうになります。
f0179059_80239.jpg

腹水で内臓が圧迫され、苦しくて一晩中、何度も何度も寝返りをうっていました。

あと一週間以内の命と言われ、、、
夫もこのときばかりは、かなり甘やかし、苦しそうなお腹をさすっていました。
f0179059_8343521.jpg

まだ、死んで欲しくない、あなたはたったの6歳、、、。

ピップの血管は、針もやっと入るほど細く、規定量の血液を採取するのがもう大変。
「キャーン。」「よし、よし、我慢してね。」見ていて本当に痛々しそうです。
どうか、蛋白質が増えていますように。

1回目の検査結果では、蛋白質の数値が、かなり低い3だったのが、
4に上がっていました。
獣医は「まだ安心しないでください」と言います。
でも、癌ではないかもしれないという希望が出てきました。

ステロイドを続けて服用し、食事は沢山の蛋白質を与えました。
薬の副作用で、食欲は相変わらず凄い!

2回目の血液検査では、なんと数値が4.5に上がっていました。
ますます希望が出てきました。

ステロイドも1日半分の1錠に減らしてもよいということになりました。

3週間ほど前から、筋肉も付きはじめてきて、もとのピップに戻ってきました。
f0179059_835834.jpg


そして、先日、3度目の血液検査です。

体重はもとの10キロに戻り、蛋白質の数値が、なんとほぼ正常な6になっていました。
「100%確実というわけではないですが、恐らく、癌ではないでしょう。」

今は、ステロイドを2日に1錠と減らしても良いことになりました。

一度は死の勧告をされたピップ、正直言って、あきらめが頭をかすめたこともあります。
「いや、あきらめてはいけない。この子を絶対に治してやろう。」
と思い直したことが、ここまでの回復につながったと信じています。

物事、あきらめたとたんに、どんどん落下してしまう気がします。

ピップはこれからも、ずっと薬を飲み続けなくてはいけないかもしれないけど、
少しでも長く生きて欲しい。

本当にあきらめなくて良かった。
by maribabalondon | 2009-02-08 08:41 | 犬/その他の動物
<< ゆかりさんの出版記念パーティー 生まれて初めてのミシン >>