<< 牡丹と蝶 <大人のフリル> ネックピロー <シノワズリ風が好き> >>

ストライプの花鳥プリント 

みゆきさん作のフットスツールです。
f0179059_4361525.jpg

まり子さんの花鳥プリントの作品(前ページ)を見て一目惚れ。
「私も!」とパリに行き見つけたのがこれ。
全く同じものは見つからなかったけれど、ストライプ入りの花鳥プリントはなかなかモダンです。

みゆきさん、座面のストライプとパイピングのストライプの柄を合わせて、慎重に丁寧に作りました。
注目してくださいね。
f0179059_4425915.jpg

このフットスツールは、座面も広く座るのに楽な高さのものです。
足は好みの色や家具の色に合わせて自分で塗ります。みゆきさんのとてもきれいに仕上がっています。
すらりと伸びたエレガントなクイーンアンシェイプの足は、まるでみゆきさんの足のよう、、、。

完成して、それはそれは感激です。

追加です: このフットスツールのパイピング用テープは縦地なので、柄を合わせることにしました。
      でもわざと柄をずらしても面白いです。バイアステープを使うとストライプが斜めになり
      ますので、また違った効果がでます。
      専門的になりましたが、お教室にいらしている方は参考になさってくださいね。
[PR]
by maribabalondon | 2009-08-07 04:59 | フットスツール | Comments(12)
Commented by flyrobin at 2009-08-07 05:14
この生地もなかなかシックでステキですね。
作られたみゆきさんも、さぞかしハッピーでいらっしゃるだろうな。
いつも思うのですが、フットスツールのカバー(?)を作る方って
わざわざアンティックのものを探して来られるのでしょうか。
殆どの方がご帰国なさる方ばかりということですし、
「家にあったちょっと古いものを。。。」ということではないですよね。
元々革張りのものを、こうしてソフトファーニシングにするのは
いささか面倒なものですか。
Commented by maribabalondon at 2009-08-07 05:42
ロビンさん

これはアンティークのものではありません。カリキュラム
に入っていますので、誰でもが探しに行かなくても作れる
ように、私がベースを準備いたします。
アンティークのものを使うのは、座面がへたっている場合は、
中身を取り替えたほうがいいでしょうが、座面の布(皮)を
取り替えるだけならばさほど面倒ではありません。
ロビンさん近頃、インテリアに目覚めてきているのかな?
楽しいですよね。模様替えは。
Commented by macoan at 2009-08-07 05:57
花鳥プリントなのに…ストライプ入りって私の「ツボ」☆
色合いもすてきだし〜ほんとに生地も巡り合わせというかご縁ですね〜。
Commented by maribabalondon at 2009-08-07 06:01
macoさん、こんばんは~。

ストライプ私も好きです。めぐり合った生地は、やっぱりなにかの
縁があったんでしょうね。
私いままで生地さん達と、どれだけの縁があったでしょう(笑)。
Commented by mogu07 at 2009-08-07 06:54
ストライプが入ってるのも素敵ですね〜
色も落ち着いてて、シックだわ。
ほんとだ!パイピングのストライプとキレイに合わせてますね。
合わせてなかったら、パイピングが浮いちゃうんでしょうね〜
以前母がカーテンか何かをを作ってもらった時に、柄を合わせてたから
適当で良いよ、と言ったら怒られた記憶があります(笑)
Commented by yukosohyoh at 2009-08-07 09:59
パイピングのストライプの位置をきっちり合わせてあるなんて
とても丁寧に作られたのですね。
私の日本の自宅のカーテンが、いわゆる「花鳥柄」なので
こういう布地に、とても惹かれます。
Commented by tonkichi-UK at 2009-08-07 14:50
maribabaさん、おはようございます。
ストライプとかチェックって、柄あわせが大変そう。みゆきさん丁寧に柄あわせしてあるってすごい。
脚の色まで布に合わせてご自分で塗って・・・・ 一生大切にしたい作品なんでしょうね。
*紫蘇、お近くだったら届けにあがるのに(笑) 
Commented by maribaba at 2009-08-08 03:02 x
moguちゃん、こんにちは。

お母さん、カーテンを縫ってくれたのね。
そう柄合わせは大切です。
ただ、このフットスツールの場合、バイアステープだったら
(これは縦地)あまり関係ないですけどね。
お母さん、きちんと作ってあげたかったねの。
Moguちゃんラッキー。
Commented by maribabalondon at 2009-08-08 03:21
yukoさん、こんばんは~。

ご自宅のカーテン花鳥柄なんですね。懐かしいのでは?
それにあわせたのもの色々作って持ち帰るといいですね。

この柄合わせ、みゆきさん絶対の希望で、最後のつなぐ位置まで
がんばってやってましたよ。
自慢の作品ですね。
Commented by maribabalondon at 2009-08-08 03:23
tonkichiちゃん、これみゆきさんの自信作なんです。
足の色もとってもきれいに仕上がっています。
みゆきさんの嬉しそうなお顔、、、私もとても嬉しいです。
Commented by karibu-chai at 2009-08-08 08:33
ハイセンスな仕上がりですね~
ここまで できるようになるにはかなり腕も磨かれて…
色々な作品を作って来られたのだと思います。
バイヤス一つとっても…全体の雰囲気が変わりますものね・・・
細かい作業もあって…根気も要りますね。
何事も粘り強く・・一つひとつの積み重ねかしら?
一生の宝もだわ・・・これがいつか…アンティークになるのよね~!
Commented by maribabalondon at 2009-08-08 20:44
カリブチャイさん

こんにちは~。
今日は寒いですよ。

一生の宝物、、、これがいつかアンティークになるのよね~。
とてもカリブチャイさんらしいお言葉ですね。
孫の代まで残せて、大事に使ってくれたら嬉しいですよね。

何事も粘り強く積み重ねていくと、知らず知らずのうちに
腕も磨かれているんですよね。
すてきなコメントありがとうございます。
<< 牡丹と蝶 <大人のフリル> ネックピロー <シノワズリ風が好き> >>