<< アフタヌーンティーで再会 スコットランドの小さな島 Io... >>

セクシーな Foot Stool

ちょっと皆と違うデザインをと、しおりさんが作ったフットスツールがこれです。
f0179059_8114452.jpg


しおりさんはアニマルプリントが大好き、製作前に色々な種類のアニマルプリントのサンプル
を集めました。(この熱心さが素晴らしい)

そしてこのプリントに決定です。
足の色もプリントに合わせて塗りました。
そして、、、、このお手製ロゼットを付けるところが、他の人とちょっと違う。
f0179059_861937.jpg

しおりさんの個性がよく出た力作です。

とてもセクシーな Foot Stool だと思いませんか?
[PR]
by maribabalondon | 2009-09-19 08:34 | フットスツール | Comments(19)
Commented by mogu07 at 2009-09-19 09:25
アニマルプリントって難しそうなのに、すごくステキ〜
セクシーだけどセクシー過ぎず、ロゼットが可愛いのに
可愛くなり過ぎず、とても良いバランスですね。
サンプルを集めたり、事前にちゃんと考えてたから、この
落ち着いたセクシーさが出てるのかしら.....
あの...しおりサンがすごく可愛い(笑)
Commented by yukosohyoh at 2009-09-19 17:57
トラディショナルな柄もいいけど、こういう今どきな柄の布を合わせるのも素敵☆
アニマルプリントの色とスツールの脚の色が、マッチしていると思います。
自分の好きなものを自分のそばに置いておくとなんだか、嬉しいものですよね。

しおりさん、先日はありがとうございました♪
Commented by maribaba at 2009-09-19 18:11 x
moguちゃん、こんにちはー。
>セクシーだけどセクシー過ぎず、ロゼットが可愛いのに
 可愛くなり過ぎず、とても良いバランスですね。

 過ぎるといやらしくなるけど、それがないですよね。

 やはり、サンプル集めなどをして、イメージを膨らませて
 初めて納得のいくデザインができるんですよね。

>あの...しおりサンがすごく可愛い(笑)
 こちらは、ちょっと可愛いすぎたかも(笑)
Commented by maribaba at 2009-09-19 18:19 x
yukoさん、おはようごいざいす。

これはしおりさんの個性がよーくでていますよね。

>アニマルプリントの色とスツールの脚の色が、マッチしていると
 思います。

 そう、それと家の他の家具の色ともマッチさせることが大切
 ですよね。
 Yukoさんは実物を見ましたよね?
>自分の好きなものを自分のそばに置いておくとなんだか、嬉しい
 ものですよね。
 
 もう絶対にそうですよね!
Commented by flyrobin at 2009-09-20 01:10
しおりさんのお名前は何度かこちらで拝見したような。。
作品のスツールは言うまでもなくとても個性的でステキですが
さおりさんご自身もとってもかわいらしいステキな方ですね♪
アニマルプリントはなかなか見ないのでそういう意味でも
貴重な作品になりましたね。
Commented by Plod at 2009-09-20 22:24 x
うーん、これも習ってない、、、涙
素敵な生地ですね~♪ 写真のしおりさんにぴったりな感じ!
個人的に、この生地好きです!!
ただ、男性ってアニマルプリントってあまり好きじゃなかったりしません? どうしてだろう? セクシーで可愛いのにねー。
だから、うちの家具にはまだ使ったことないけど、使ってみたい生地です。Iona旅行記、とっても楽しませてもらいました。 本当に素敵な所ですね。 先生がお泊りになったホテルもすっごくおしゃれでした!
Commented by ヘッジホッグです at 2009-09-21 00:16 x
男性です。
足にロゼット。これだけでセクシーですねー、靴下止めを連想するからでしょうか。
アニマルプリントという定義の範囲がよくわからないのですが、肉球なんかだったら大好きですけど。ちょっとコンセプトが違うのかな、あはは。

チーターのプリントはセクシーの代名詞みないなものなんでしょ。だから、自分の彼女には着せたくない、とか。セクシー度が強すぎる?

しおりさんのは、まったくノーマルです(私にとっては)。

maribabaさん、いつか訊いてみようとおもっていたのですが、フットスツール自体(木の部分)も作るんですか?
Commented by あさころ at 2009-09-21 05:00 x
お久しぶりです。息子は1歳になりましたが、まだまだミシンを出す余裕がありません。。。こちらのブログを見て羨ましく思う日々です・・・。
このフットスツール!わ~、こんなのほしい~!と思って、思わず久しぶりにコメントさせていただきました。
とっても上品なアニマルプリント!素敵ですね。
Commented by maribaba at 2009-09-21 05:11 x
flyrobinちゃん

こんばんは。
しおりさんは独特なセンスを持っていて、いつも熱心に
作品を作っています。
アニマルプリントだけでも個性がありますが、このロゼット
を付けるというのがしおりさんらしいです。
しおりさんは可愛い過ぎかもしれませんが、このロゼット
かわい過ぎないというのがいいです。

Commented by maribaba at 2009-09-21 05:16 x
Plodちゃん、こんばんは~。

お宅やうち主人みたいなタイプって、やっぱりイギリス人という
感じのものが好みだと思いませんか?
だから一見派手に見えるこのようなアニマルプリントは馴染めな
んですよね。
Iona素敵なところでしょ~。
Commented by maribaba at 2009-09-21 05:26 x
ヘッジホッグさん

こんばんは。
>足にロゼット。これだけでセクシーですねー、靴下止めを連想
 するからでしょうか。
 そう言われてみれば、そうですね。
 でもやっぱりそういう発想は男性だからでしょうか?

 アニマルプリントは、ボディ部分ですよね。
 ゼブラ、チーター、タイガー、、、いろいろありますよね。
 肉球となるとかわいらしさの代名詞みたいなもんです。

>フットスツール自体(木の部分)も作るんですか?
 家には機械があって、毎日1セットづつ作っています。
 もう大変で、、、 な、訳ないでしょ!
 これは仕入れているんです(笑)。
Commented by ikehana88 at 2009-09-21 05:32
クールだけど、ロゼット(と、言うんですね〜メモメモ^^)
で甘さもあって、絶妙なバランスですね〜

お家に置いた感じは、どんな感じになるのかなぁ?
うまく、まとめるのは難しそう。。
でも案外、馴染むのかも!
Commented by maribaba at 2009-09-21 05:32 x
あさころちゃん、きゃーお久しぶり!!!
今度講習でVお針箱をやるので、前回いつやったかの印みたいのが
があさころちゃんなんです。いつもお教室に持ってきていたし。
先日ちょうどあさころちゃんの噂をしていたところです。

息子ちゃん1歳になったのね。
今度Yokoさんと合同で会いましょうよ。懐かしいな~。
コメントありがとう!
Commented by marimari at 2009-09-21 16:58 x
アニマルとは またイイですねっ☆
出来上がった時は さぞお喜びだったことでしょう
とっても素敵です☆
御本人様とよくお似合いの作品だなって思いました。
Commented at 2009-09-21 21:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karibu-chai at 2009-09-21 22:15
maribabaさん、こんばんは~

アニマルプリントも色々ありますが、こちらのプリントは随分大きなアニマルプリントですね!
とても個性的な方のようで…これを選んだ理由は何だったのでしょうか?
それにしても…足を伸ばした時に使うものですよね~?
Commented by maribabalondon at 2009-09-22 00:43
ikehanaちゃん

昔、(今でも、きっと)ロゼット洗顔パスタというのがあったけど、
ちょっと古過ぎてikehanaちゃんは知らないでしょうね。
ロゼット、多分Roseからきているのだと思うけど、、、今まで
何も考えずに使っていました。

このフットスツール彼女の家にはきっと合うんだと思いますよ。
私も見たいです。
Commented by maribabalondon at 2009-09-22 00:50
カリブチャイさん、こんにちは~。

このフットスツールは足を乗せるだけではなく、足は座る長さ
にしています。靴を履くときはもちろんですが、こちらでは
もっと大きなサイズのものを、コーヒーテーブル代わりに
使うんです。なぜって足も乗せられるからです。
日本人には理解できませんよね。
今年の秋は洋服もアニマルプリントをよく見かけます。
このプリントはサンプルに中でも小さいものだったんですよ。
Commented by maribabalondon at 2009-09-22 00:53
marimari さん

こんにちは。アニマルプリントは昔からありますが、
今年はよく見かけます。
アニマルプリントは、好き、嫌いがはっきり別れますよね。
<< アフタヌーンティーで再会 スコットランドの小さな島 Io... >>