<< ロンドン  <セルフリッジのク... エレガントなピンクッション >>

オックスフォードクッション  <ちらっと見えるのがいい>

市販のオックスフォードスタイルのクッションのほとんどは、やはり略式で仕立ててあります。
それもまた生地の容量も少なくて済み、簡単に仕上げられる良さがあります。

でもお教室では、市販品では見ることのない伝統的な仕立て方で作ります。
どこが違うか。  ボーダー部分(縁のひらひらの)が2枚に別れています。市販のものは1枚です。

ここでご紹介しますのは、ボーダーが2枚に別れていて、しかも裏面の布がちらっと見えるものをご紹介
いたします。  このデザインは手作りならではです。

完成! Norikoさんの作品です。
紫陽花の微妙な色合いが素敵。ワインカラーの裏面布がちらっと見せて。
f0179059_6451731.jpg

Mikiさんの作品です。 裏面に使ったチェックがこのローズの色合いともぴったりです。
f0179059_7342731.jpg

f0179059_794289.jpg

Akikoさんの作品です。
このブルー系ストライプの裏面に使った濃いブルー。これがちらっと見えることでこのクッションをぴりっと
引き締めています。  リネンのさらっとした感触が気持ちよいクッションです。
f0179059_642474.jpg

f0179059_7413133.jpgErikoさんの作品です。


色会いがぴったりな花柄とストライプの組み合わせ。いいですね~。 

ちろん素材や雰囲気など色々あるけれど、柄と柄との組み合わせのコツは、
同じシェード(系統)の色合い同士を合わせると比較的楽にできます。







ボルスタークッションはストライプで。  タクトちゃんたら、手作りのクッションにもたれて、くつろいでいる様子。

              可愛い~。

f0179059_7513169.jpg


          前回にご紹介したこのクッションも素敵です。 
         こんな風にちっらと見せるというはなかなかお洒落です。

          是非作ってみてください。 
[PR]
by maribabalondon | 2009-11-21 08:07 | クッション | Comments(14)
Commented by apiami at 2009-11-21 09:02
Norikoさんの微妙な色合いの紫陽花、秋に見とれた紫陽花にそっくりです。チラッと見える色がまた素敵!引き締まって、有るのと無いのとじゃ、ぜんぜん違いますね。
ひらひらが2枚のクッションを始めてみました!伝統的なんですか?
クッションの裏側が、同じ布なのか、チラッっと覗いた布なのか気になりました?
Commented by maribabalondon at 2009-11-21 09:10
apiamiさん

こんにちは。

>有るのと無いのとじゃ、ぜんぜん違いますね。

 そうなんです。粋です。
Norikoさんの微妙な色合いの紫陽花、秋に見とれた紫陽花にそっくりです。チラッと見える色がまた素敵!引き締まって、有るのと無いのとじゃ、ぜんぜん違いますね。

>クッションの裏側が、同じ布なのか、チラッっと覗いた布なのか

 裏側は別布を使って。ほんの少し大きく仕立てています。
Commented at 2009-11-22 08:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くに☆ at 2009-11-22 10:11 x
形は直線が目立つ硬いイメージのクッションなのに、ほんの少しの幅広のボーダー(?)が有るだけで、やさしいイメージのクッションに変わるんですね。どのクッションも素敵!です。 お仕事の量を減らせたら、もっと自宅のインテリアに凝ってみたいと思わせてくれますね♪
Commented at 2009-11-22 12:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karibu-chai at 2009-11-22 22:45
なるほどね…と思いました。
クッションひとつとっても、作り手のセンスが光りますね~
生地選びは大切・・・かつ…楽しいものですね~

皆さんの作品を拝見していると、楽しそうなお教室の様子が見えるようです。
Commented by maribabalondon at 2009-11-23 02:50
くに☆ちゃん

そう こちらでもボーダーと呼びます。
リラリズムの魅力です(笑)。

お仕事お忙しいんですね。
Commented by maribabalondon at 2009-11-23 02:51
11-22 22:45 の鍵コメさま

これももうすぐ作れますね。

楽しみにしています。
Commented by maribabalondon at 2009-11-23 02:54
karibu-chaiさん

この場合はやはり表面裏面の生地の色合い、素材感
雰囲気なども考えてコンビネーッションをしなくてはなりません
その悩みもまた楽しいんです。
Commented by aamui at 2009-11-23 12:07
手作りの醍醐味ですね(^^♪私には無理だけど・・・・素敵です 一番下の薔薇と縞の取り合わせが思いがけなくて好きです
Commented by maribaba at 2009-11-24 05:08 x
aamuiさん

柄同士の組み合わせ、一度成功したら病み付きになります。

本当に手作りならではの醍醐味ですね。
Commented at 2009-11-24 21:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marimari at 2009-11-25 21:56 x
ほんとですねぇ~
ちらっと見せることで 引き締まり
またお洒落度もUPなんですね~
どれも 素敵です。
前回ご紹介されたモノトーンのクッション
我が家のソファーにピッタリかもっなんて
ワクワク拝見させていただきました♪
Commented by maribabalondon at 2009-11-27 07:43
marimariさんのところはシンプルモダンなインテリアなんですね。

きっとデザイナーズギルトの生地お好きですね。





<< ロンドン  <セルフリッジのク... エレガントなピンクッション >>