<< ペイズリー柄のティーコジィーと... セピア色のクッション >>

今はもう秋、、、

        私の大好きな歌に、今はもう秋~ 誰もいない海 ♪ というのがありました。
        懐かしいな~。 
        もうすっかり秋です。今日から夏時間は終わり、これから暗い冬がやって
        きます。 その前にお庭で楽しまなくてはと、ついこの間完成したバスケット
        ライニング作品の出番です。 枯れ葉が、、、今はもう秋ですね。
f0179059_865462.jpg

        使用したこの生地はナチュラルなファブリックで有名な Ian MankinのTickingです。 
        このストライプ Thiking はもともと(今でも)マットレスに使われて
        いるものですが、現在では色も豊富でとてもファッショナブルなストライプと
        して人気があります。
f0179059_8141867.jpg

        もうひとつ枯れ葉とバスケットの風景です。
f0179059_8265696.jpg

[PR]
by maribabalondon | 2011-10-31 08:43 | バッグ&かご | Comments(13)
Commented at 2011-10-31 09:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aomeumi at 2011-10-31 18:45
ポルトガル・青目
そうそう・・・こんなもの作りたかったのです。買い物カートのカバーが縮んでしまい、お手本がないので途方に暮れていたのです。その他の籠のカバーも素敵です。壊れたところを隠すにも具合がいい・・・いろいろ出来るのですね、ありがとうございます。
Commented by snowdropcafe at 2011-11-01 00:13
イアンマーキンのストライプは本当に万能選手ですね。何を作っても、品が良く、スタイリッシュに決まりますね。

バスケットに簡単な惣菜とワインとバゲットを入れて公園でのんびり頂く…そんなイギリスの日常が心から懐かしいです。
Commented by karibu-chai at 2011-11-01 01:30
maribabaさん、こんにちは~♪

そうですね・・・イギリスは冬時間。東京も早く日が暮れて…
ちょっと淋しくなるこんな時期に、ステキなバスケットもって
出かけたらいいな~まだまだ昼間は陽がさせば暖かいので…

椅子カバーもバスケットカバーも(こういうネーミングでよかった?)
別物に変身するすぐれものですね!!
Commented by maribabalondon at 2011-11-01 03:38
鍵コメさま
まったくいつもおもろいな。思わず噴出して
しまいました。
あの方にはもう会ったのですね。きっと楽しかった
でしょうね。
この歌、知らない、やっぱりかー。世代がちゃうもんね。
Commented by maribabalondon at 2011-11-01 03:45
青目さま
カゴによっては、このようにカバーをしないほうが
良い場合もありますが、カゴのぼろ隠しや変身させ
たい時にはやはりこういうカバーが役立ちます。
お褒めいただきありがとうございます。
是非参考になさってくださいね。
Commented by maribabalondon at 2011-11-01 03:48
スノードロップさんがバスケットに簡単なお惣菜と
と言っただけで、思わずゴックンとしてしまいました。
そうでしょうね。イギリス大好きなスノードロップさん
ですから、さぞかし懐かしいでしょうね。
Commented by maribabalondon at 2011-11-01 03:50
カリブチャイさん
カバーで変身!私自身のカバーも作りたいです(笑)。
Commented at 2011-11-01 08:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by maribabalondon at 2011-11-01 09:09
-11-01 08:30 の鍵こめさま
笑えましたか。私も●●ちゃんの天才的な冗談?
に思わず吹いちゃいました。
会いたいな。
Commented by aamui at 2011-11-04 03:45
お早うございます ご心配頂きありがとうございます 不幸中の幸いを探す事が前向きになるこつかなぁと思っています 普段こんなバスケットを使って生活するそんな事がとても大切ですよね ありがとうございます
Commented by Lucchese at 2013-02-11 09:34 x
皆さんの素敵な作品のような「My Basket」のライニングを私も早く作れるようになりたいです(籠はずっと愛用している Sussex trug で、生地は Rachel Ashwell)! とうもろこし、サラダ菜、お豆、スイスチャード等 今秋の収穫時期にアロットメントから持参帰宅用に作れれば、大変嬉しいのですが ... !
Commented by maribaba at 2013-02-12 07:41 x
Lucchese

夢をふくらませて待っててね。
<< ペイズリー柄のティーコジィーと... セピア色のクッション >>