<< オリエンタルなプリントの生地で。 春の訪れ >>

犬と猫の記事    

       こちらは、今日からずっと雨になるそうです。

          今朝、雨が止んだので、急いで散歩にでました。
          戻る頃に、霧雨が南方からやってきました。

          急いで戻り、家に着と大きな虹が出ていました。
f0179059_19511154.jpg







               ピップはいたって 元気なのですが、問題があります。

               犬の臭い袋はご存知ですか?
               いままで、気にもかけておらず、問題がなかったのですが、
               年をとり、自然に処理できなくなったからだと思いますが、
               ここ数ヶ月前からその臭い袋が詰まっているときの仕草
               をしきりにします。
               インターネットで調べて、匂い袋のある位置を絞ってみましたが、
               どうもうまくいきません。
               臭い袋が破裂すると大変だと知り、やむおえず獣医にやってもらう
               ことにしました。
               やれやれ、ほっとした。 と思ったのもつかの間、また一週間後くらいに
               同じ状況になりました。
            
               よし、もう一度、やってみよう。 しかし、どうもうまくできません。
               「違う、そこじゃないわよ。痛がっているじゃない。」などと言い合っている
               うちに険悪な不陰気に・・・。それにピップもお尻のほうに、近づくとすぐに
               逃げるのです。
               インターネットには毎週絞りだしなさい・・・という人もいるけど、その
               都度、遠い獣医に行き、安くない医療費を払うのもなんだし・・・
               困ったものです。  
               今日もう一度やってみよう。    


f0179059_19513618.jpg


        昨日のBBCニュースにこちらが。
        http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-43666657

        若い旅好きのカップルが、シェルターからもらってきた、犬と猫。 


                         写真はBBCニュースからお借りしました。

f0179059_19515771.jpg
               インスタグラムも素晴らしい写真がいっぱい。凄い人気です。

https://www.instagram.com/henrythecoloradodog/?utm_source=ig_embed&action=profilevisit


                   *******

              大分前に買った、ハギレを引っ張りだしました。
              カーテンサンプルだったらしい。

              そろそろ、インテリアを変えたいと思います。
              これでクッションを作ります。


              両方とも一目ぼれしたプリントです。

              Lotus Garden
f0179059_19523521.jpg
              Paradise Bird

f0179059_19522055.jpg
              急に文字の色とサイズが変わってしまいました。
              どうしたのでしょう?


            ******  ****** ******





[PR]
by maribabalondon | 2018-04-23 20:41 | 犬/その他の動物 | Comments(20)
Commented by おちゃ at 2018-04-23 23:04 x
臭いの袋は溜まる子と全然溜まらない子がいますね。あれ不思議です。我が家の代々のわんこのうち溜まる子のそれを絞るのは、絞るというより押してる感じかな? いつも割に簡単でした。個体によって多分やりやすい子とそうでない子があるのでしょう。あれ絞ると黒い液体が出て臭いですね。うまく自宅で処理できるようになるといいですね。
Commented by aomeumi at 2018-04-23 23:25
青目
匂い袋 ? 知りませんでした。動物を飼うと、そういう問題も起きるのですね。なんとか自分で出来るようになるといいですね。ドクターにレッスンを受けることは出来ないのかしら・・・。
旅する犬と猫の写真・・・感動しました。これは是非、写真集か、展覧会をしてもらいたいですね。この犬は、相当、知能指数高いですね、素晴らしい・・・そして、今どき、こんな素敵な旅をしている若者がいることにも感動しました。
Commented by kitaoni at 2018-04-23 23:41
我家も犬を飼っていたのですが匂い袋 知りませんでした。

カーテンサンプルなんですか⁈
オリエンタルな感じで色も柄も素敵です。
何が出来上がるのでしょう⁈
楽しみです。
Commented by marrone-marrone at 2018-04-23 23:47
犬と猫はシェルターに居たのですね。
感動しました!
彼らのこの表情を見てきっとたくさんの人が癒され感動して要るんだと思います。
動物に対する意識が高まるきっかえになったらいいですね、そう願います。

生地の柄、
モチーフが東洋的で、シックな色も素敵ですねえ。
ちょっと伊藤若冲を思い浮かべました!
Commented by maribabalondon at 2018-04-24 03:52
おちゃさま

最初の絞り方が悪かったのだと思います。
何度も試しているうちに、「いいかげんにしてよ!」とは言わないれど、すごくいやがるようになってしまいました。
獣医は指でかきだしていました。
そうしようかとも思ったのですが、もし失敗すると
2度とやらしてくれない、それに正確な場所を知らないし。
呼吸を整え(もうそんな感じです)また明日やってみます。
Commented by maribabalondon at 2018-04-24 04:06
青目さま

ピップも16年近くなり、初めてこんな症状がでてきました。

★このにおい袋は「肛門のう」といって、 肛門臭腺から分泌される「においの元」をためておく袋です★
と出ています。

若いうちは、排便時に力むと一緒に臭い袋から出たのですが、きっと年のせいでしょう、自力では出せないのかもしれません。せめて食塩水で洗ってあげました。
明日またやってみます。

このカップル、この犬、この猫、素晴らしいです!
猫はこの犬のことをお母さんだと思っているようです。
何度見ても感動します。

Commented by maribabalondon at 2018-04-24 04:13
kitaoni さま

臭い袋、私も妹から聞くまでは、全く知りませんでした。
破裂すると、激痛らしいと聞き、驚きました。
以外と知らないのですよね。

このお気に入りの生地は、ハギレで購入しましたので、
あまり大きくありません。
少量のハギレ使用で、てっとり早くインテリアを変えられる
のは、やはりクッションですね。
Commented by maribabalondon at 2018-04-24 04:29
marrone-marrone さま
この犬は、ハスキー、ジャーマンシェパード、スタッフォードシャー・テリア、そしてボクサーの血が混ざっているそうです。引き取るときに、まるで、いままで一緒にいたかのように、自然になついていたそうです。
癒されますよね。

このプリント、オリエンタル調で、すごく好みです。
とても高いデザイナーブランドなのですが、
小さいカーテンの見本を、幸運にもうまく交渉でき、安価で買いました。ラッキー!



Commented by o-hikidashi at 2018-04-24 13:40
飼っているのは猫ですが、以前は犬。
でも匂い袋は知りませんでした。
ネット検索して匂い袋事情をはじめて知りました。
よい解決策があることを願っています。

布、クッション映え?しそうで素敵ですね。
あ、ピップちゃんの横顔も!
二匹の仲良しは以前写真で拝見したことがありましたが、ここでリンク先に行きたっぷり拝見してきました。
癒やされますねえ、ありがとう~。
Commented by yoshi at 2018-04-24 18:20 x
うちのVは影響がなかったです、それとも老犬になってから現れるのか。

コレがカーテンになったらさぞかし華やかなことでしょうが生地代も途方もない値段なのでしょうね。

Commented by maribabalondon at 2018-04-24 20:09
うららさま

前に犬を飼ってらしたのですね。
匂い袋ではなく、臭い袋でした(臭いので)。
正確には肛門線の臭い袋と一般的には言っています。
舐めるので炎症を起こしそうなので、ぬるま湯の食塩水
を作り、拭いてあげています。
生地は少ししかないので、クッションくらいですね。
Commented by maribabalondon at 2018-04-24 20:16
Yoshiさま
フルレングスのカーテンにしたら、高いでしょうね。

ピップはもうすぐ16才、いままで全く問題がありませんでした。排泄時に一緒に出ていたのだと思います。
もうそのりきむ力が弱くなったのでしょうね。
一生問題のない犬もいるし、そう年でもないのに、問題
が出る犬もいます。
出るとすごく臭いらしいですよ。
舐めると悪化するので、食塩をぬるま湯に入れてコットン
で拭いてあげています。もう一度やってみます。


Commented by nono_ra at 2018-04-24 23:19
こちらも今日は1日中雨降りでした。
犬は実家でしか飼ったことがないので何もわかりませんが、犬も年を取って行くのは大変ですね。

仲の良い2匹に癒されてます。後ろの景色も素晴らしいですね。

大人っぽい生地、これでクッションが出来上がったら素敵でしょうねー。私もGW中に家にある生地でクッションを作る予定です。
Commented by maribabalondon at 2018-04-25 04:17
nono_ra さま

この犬と猫、素晴らしいですよね。
犬も決して、「止めてよ、頭、重たいわよ!」とは言わないのですね。
ブラインドに合う生地は・・・と探していたら、すっかり忘れていた、この生地が出てきました。嬉しい。
Commented by echalotelles at 2018-04-25 05:19
匂い袋なるものがあるのですね。
高齢になるといろいろ出てきますね。
カシューは足の付け根に小さな脂肪腫が少しできています。
獣医さんによると良性とのことですが、大きくなったりしないか
よく注意して見てあげようと思っています。
匂い袋、うまく対処できるといいですね。

この生地、とってもすてき!
着物の模様にも見えますね。
私も時間ができたら、何か作ろうと思います♪

↓の生地の最後の写真の緑の植物は
もしかしたらネコノメソウかな~と思いながら見ていました。どうかな。
Commented by maribabalondon at 2018-04-25 18:37
echalotellesさま

臭い袋、私も今まで知りませんでした。若かりし頃は排便時に一緒に出てしまうので、問題はなかったのですが・・・
カシューもポリープがあるのですね。

この生地のデザインはきっと着物の柄や、日本画などを参考にしたのだと思います。
ネコノメ草? そこに目がいくなんてさすがです。
私も調べてみます。
Commented by karibu-chai at 2018-04-26 10:52
私も犬の匂い袋の話…知りませんでした。
ワンちゃんも猫ちゃんも長生きになり、
ネットが発達し、情報量が増え…色々なことがこうして共有
出来ることは凄いな~と思います。
ピップちゃんも大分高齢になって、傍に元気なパパとママ
がいらっしゃってケアーしてもらえて、幸せですね。

インテリアの模様替え…いいですね。
出来上がるのを楽しみにしています。

母が縫ってくれた割烹着やエプロンを愛用していますが、
亡くなってみて、本当に私は幸せな娘だったと…改めて
思い感謝です。 悲しいかな~亡くならいとしみじみ
分からないことっていっぱいありますね。
Commented by fran9923 at 2018-04-26 14:20
ピップ君の肛門腺絞りですね。
私もうまくできませんが、今の所フランは自然に出しているようです。
年に一度ワクチン接種で病院に行くと絞ってくれます。大量に出ますよ。臭いですよね。
やはり獣医さんはプロなので、上手です。聞くと犬の個体それぞれに少しづつ違うのだそうです。
うまく出来るといいですね。本当に。

クッションの布がステキですね〜。完成が待ち遠しいです。
Commented by maribabalondon at 2018-04-28 07:41
karibu-chai さま
お母様はよく洋服も作っていましたよね。
それにティーコージィーも。
感謝する思い出が沢山ありますよね。

ピップはあと一ヶ月ほどで16才です。
健康の問題もかかえていますが、今はあまり考えず
一緒に楽しもうと思います。
臭い袋は正式な呼び方ではありません。
今まで問題がなかったのですが、ここにきて自力で出なくなったようです。
様子をみて、また獣医に行くことにします。

Commented by maribabalondon at 2018-04-28 07:46
fran9923さま

ピップは年のせいで、もう自力では出せないのだとおもいます。硬いドライフードや繊維食品が良いと聞きましたので、
さつまいもを蒸かして食べさせています。

獣医は指でかきだしていました。
でもそれはしろうとには難しいでしょうね。
また獣医に行ってみようと思います。

<< オリエンタルなプリントの生地で。 春の訪れ >>